2011年05月06日

探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

果たして、管理人の推理は正解だったのでしょうか?
泣いても笑っても、シーズン3はこれで最後!!
最後まで楽しみましょう。

あ、そろそろ番組がスタートします。
確認することにしましょう。

◆オープニング

探偵Xの事務所に勤めることになった江戸川蘭子。
ところが、初日にやって来た蘭子はどこかおかしい……。
普段のおとぼけキャラは何処へやら、探偵Xは怪盗Xが蘭子に変装していることを見抜く。

対峙する探偵と怪盗。
そこへ遅れてやって来たのは本物の蘭子。

蘭子の目の前で探偵Xは怪盗Xについて説明する。
怪盗Xは怪盗界の大スター、超大物らしい。

そんな怪盗Xだが、探偵Xにある事件を解き明かして欲しいと依頼する。
その事件の名は2年前の天弓館殺人事件。
怪盗Xはその容疑者となっていると言う。

視聴者からおとぼけ探偵と思われている探偵Xは名誉挽回の為にこの謎に挑む!!

◆「怪盗Xからの挑戦状」ドラマパート(前編)

登場人物一覧:
探偵X:探偵
助手(江戸川蘭子):探偵Xの助手
怪盗X:天下の大泥棒

指貫良人:天弓館の支配人
椎平実:天弓館の宿泊客
石川次郎:天弓館の宿泊客
園田其一:天弓館の宿泊客
高市ともる:天弓館の宿泊客
外山映彦:天弓館の宿泊客
登呂錦之助:天弓館の宿泊客
皆藤久寿:天弓館の宿泊客、実は怪盗X

<「怪盗Xからの挑戦状」あらすじ>

毎回ミステリー問題の出題者として、OL江戸川蘭子(長澤まさみ)をからかってきた探偵X(竹中直人)。今回、その探偵Xのもとに、よりによって世紀の大泥棒・怪盗Xが「挑戦状」を携えてやってきた。自分が、秘宝を盗もうと潜入した山中のホテルで宿泊客の一人が殺されたのだという。ホテルは雪に閉ざされ、容疑者は、数人の宿泊客に絞られた。
怪盗Xがひそかに撮影していた映像記録をもとに、はたして探偵Xは、犯人を指摘することが出来るのか?そして、「探偵」としての面目を保つことが出来るのか?…
人工的な設定の中でアクロバティックな推理が華麗に展開する、奇才・米澤穂信らしい傑作が登場する。MCドラマと推理ドラマが渾然一体となった、仰天の仕掛けもお楽しみいただきたい。
(NHKさん公式HPより)


詳細なあらすじについては各配信回ネタバレ批評(レビュー)を参照のこと。

・探偵Xの前に現れた怪盗X、彼は探偵Xに自身の無実を訴える。それはある殺人事件だった。
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)第1&2回配信分(4月28日&29日配信)ネタバレ批評(レビュー)

・怪盗Xの記録映像を確認する探偵X、いよいよ殺人事件発生。
【推理完了宣言!?】探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)第3回配信分(4月30日配信)ネタバレ批評(レビュー)

・被害者は石川こと怪盗Zだった。
【振り出しに戻る!?】探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)第4回配信分(5月1日配信)ネタバレ批評(レビュー)

・第4回の追記です。
【今度こそ推理完了!?】探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)第4回配信(5月1日配信)ネタバレ批評(レビュー)追記

・手掛かりを集める怪盗X、しかし、その場から撤退を余儀なくされる。
【またもご破算!?】探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)第5回配信分(5月2日配信)ネタバレ批評(レビュー)

幾つか携帯配信とドラマで差異あり。

・携帯配信版ではテレビでDVDを鑑賞していた探偵Xだが、ドラマ版ではカット。
・携帯配信版で触れていた怪盗Xがたびたび口にしていた時間についてはカット。
・毛足の長い絨毯もカット。

◆米澤穂信先生のコメント

久しぶりの挑戦状に浮き立つ探偵X。
そこへ、何処からともなく矢文が撃ち込まれる。
そこには―――

(米澤先生の声で)「シャーロック・ホームズの『ブルースパティントン設計書』に次の一節があります。『どんなに信じられない事実でも、残ったものが真実なのだ』と。用いるべきは消去法。いかに手強い視聴者の方々といえど半分ぐらいは罠にかかるかな?」

◆探偵Xと蘭子の推理

蘭子「支配人の語った雪の影響でキャンセルした人物が犯人」

探偵X「ありえない」

蘭子「発見者のカップルは?」

探偵X「それもありえない」

◆今回の投票率その1

今回は2回に分けられた推移投票。
1回目は第5回配信直後に行われました。

上級者コースに挑んだのは1081人、そのうち6人が完全正解。

◆ドラマパート後編

再び探偵Xのもとを訪れた怪盗X。
いよいよ、探偵Xは推理を披露する。

ここからは、携帯配信版の第6回配信ネタバレ批評(レビュー)と同じロジックが展開されます。
詳しくはそちらをどうぞ!!

・推理を始める探偵X。ところが、意外な結末に……。
【三度目の正直!?】探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)第6回配信分(5月3日配信)ネタバレ批評(レビュー)

以下はドラマ版の要約。

犯人は怪盗Zの足止めが目的、最終的な狙いは田端の女王を奪うこと。
煙草の煙で怪盗Zを天弓館の外へと誘導。

ここまで計画していた犯人が何故、ボイラー室のレバーを間違えたのか?
それはよくレバーが見えなかったから。
その為に特徴的な天弓館のレバーの並びを読み間違え、下ろすレバーを間違えた。

そこで、犯人は眼鏡をかけた近視の人物と推測できる。
なぜなら、結露のせいで眼鏡が曇ってしまい使い物にならなかったから。
石川殺害を登呂と高市に目撃された為に時間制限が発生したことが命取りだった。

つまり、犯人は視力によって導き出せる。

登呂と高市はレーシック手術を受けていた。
園田は会話で否定される。
椎平はワインラベルを読めた。
石川は被害者。
支配人と怪盗Xにはアリバイがある。

なんてことだろう!!
容疑者が居なくなってしまった!!

果たして犯人は誰なのだろう?

◆今回の投票率その2

第6回配信直後に行われた第2回推理投票の結果発表。

投票者は7070人。
そのうち、47.8パーセントがある人物に投票。

◆再び探偵Xと蘭子パート(解決編)

犯人は「外山映彦(とやま・あきひこ)」。
食堂で登呂の隣に座っていた人物らしい。
だが、探偵Xは頑なにそんな人物は知らないと主張。

ここで、はたと再生環境の違いに気付く怪盗X。
現在のテレビの主流は16:9と4:3。
このうち、探偵Xは4:3で使用していた。
この環境ではワイドサイズの両端が切れてしまう。
外山はその為に画面外に切れてしまったのだ。

しかし、「このミスがあったとしても探偵Xは気付くことが出来た」と怪盗Xは言う。

「天弓館」というその名前は「虹」を指し示している。
つまり、部屋数は7つ。
この部屋数に登場人物をあてはめれば、見えない1人の存在が見えて来ると言うのだ。
それに、オープニングの「登場人物一覧」をきちんと視ていれば犯人名も判明していた。
充分、犯人を絞り込めたのだ!!

怪盗Xのこの言葉に項垂れる探偵X。
そんな探偵Xにこう声をかける蘭子。

「アナログ放送は間もなく終了、地デジの準備はお早めに!!」―――ドラマ版エンド。

◆携帯配信版解決編

展開はドラマ版と同じ。
異なる点は次の2つ。

・怪盗Xが探偵Xのテレビに骨董品としての価値を見出す。
・外山の件で怪盗Xにやりこめられた探偵Xだがそれもまた部分的敗北として満更でもない様子。

なお、上級の完全解答条件は次の3つを満たしていることだそうです。

@視力についての消去法で外山を導き出している。
A「天弓館」から「虹」を導き、ここからも外山を導き出す。
B探偵Xが何故、外山を見逃してしまったのかについても解答。

一般の完全解答条件はこのBを解答していること。

◆感想

変則的な見せ方をする回でしたね。
探偵Xの視点を通じて、怪盗Xの撮影した映像を眺めるとの趣向です。
画面にはブラウン管の枠が表示され続けました。

あの「NHK」ならぬ「KTX」のロゴも忠実でした。
ドラマパートは原作に忠実かつ丁寧に作られていたのでかなり高評価です。

しかし、このロゴは問題。
「外山」が画面外に切れていたのは右端に居た為ですが、そうすると、この右下隅に表示された「KTX」のロゴが切れていないのは不自然な気がします。
そういう位置にあったという設定なのでしょうか?

それと、前回(第6回配信ネタバレ批評)で宿題となっていた疑問についてはドラマも携帯配信でも触れられていませんね。
あくまでミスリードだったということでしょうか。
管理人が疑問にしている点は次の3点。
上記のロゴも入れると4点になるかな。

@時間経過。
皆藤が支配人と共に石川の死体を発見したのが21時ちょうど(第3幕)。
そして、石川の部屋で時間を確認したのが21時06分(第4幕)。
この間、たった6分。
ところが、皆藤はこの間に石川殺害犯を追い、結露対策で1分経過した後、ボイラー室で悩み、支配人に石川の部屋を尋ね、その部屋に侵入している。
これは時間的に不可能だと思うのだが……。

A音がしない筈の毛足が長い絨毯で登呂が音をたててやって来たのは何故か?

B皆藤には支配人と会話していたアリバイがあるにも関わらず、姿を消しただけで何故容疑者とされたのか?

Aは、描写に過ぎない。
Bについても、「まぁ、偽の身許の人物が姿を消したから……」で納得できない面もないのですが、@とロゴの件は気にかかるなぁ……。

まぁ、そこらがあったとしても「怪盗Xからの挑戦状」は面白かったですね。
かなり、工夫されていました。
管理人は好きです。
ラストの「地デジ化はお早めに!!」も良かった。
これは、2011年7月までに放送しないといけないワケだ、納得。

それにしても、上級の時点で完全解答が6人も出ていたとは驚きです。
凄い人が居るものです……脱帽。

この場を借りてお祝いの言葉を!!
「完全解答の6名の方々、おめでとうございます!!」

ちなみに、管理人も一般解答の方で正解しました。
やったよ!!
これで、シーズン3は全問正解だ!!

「怪盗Xからの挑戦状」は危なかったですが、なんとかクリア。
それもこれも、ペロリさんに「天弓」が「虹」であると教えて頂いたおかげです。
ペロリさん、ありがとうございました(^o^)/。

さて、これで「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3も終了。
毎日、携帯配信を読んで推理を楽しむ日々とも終わりを告げねばなりません。
寂しいですね。
シーズン3全体としては管理人が正解出来たこともありますが、だいぶ良問だったように思います。
少なくとも解けない問題ではなく、論理に飛躍が無かった点は評価が高いです。
これは、シーズン4も期待して……いいんですよね、NHKさん!!
待ってますよ〜〜〜!!

「怪盗Xからの挑戦状」で作者の米澤穂信先生に興味を持たれた方はこちらをどうぞ!!
当ブログにて書評(レビュー)した米澤先生の著作です。
米澤先生のお写真もあります。

【米澤穂信先生関連過去記事】
書評(レビュー)対象著作一覧

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「探偵Xからの挑戦状!」公式HP(NHKさん)
http://www.nhk.or.jp/tanteix/

◆関連過去記事
【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、これまでの批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状!「殺人は難しい」(貫井徳郎著)本放送(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「ビスケット」(北村薫著)本放送(4月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3情報】
「探偵Xからの挑戦状!」が3度帰って来る!!シーズン3放送決定!!出題者には北村薫先生、貫井徳郎先生、米澤穂信先生と豪華作家陣の名が

「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3続報!!

【続報】「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、担当回&シナリオタイトル&出演者判明!!

【最終報】「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、シナリオ内容が明らかに!!そこにはサプライズが……。

「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、放送延期!!

【速報】延期されていた「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3が2011年4月21日より放送決定か!?

【続報】「探偵Xからの挑戦状!創刊準備スペシャル」が「NHKワールド プレミアム」にて2011年4月14日(木)に放送決定!!

【確定報】「探偵Xからの挑戦状!シーズン3」放送は2011年4月21日から。14日にはスペシャル版がスタート!!

【貫井徳郎先生関連過去記事】
「乱反射」(貫井徳郎著、朝日新聞出版刊)ネタバレ書評(レビュー)

「慟哭」(貫井徳郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「光と影の誘惑」(貫井徳郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【北村薫先生関連過去記事】
「冬のオペラ」(北村薫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【米澤穂信先生関連過去記事】
書評(レビュー)対象著作一覧
当ブログにてネタバレ書評(レビュー)した作品のまとめです。

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン2ネタバレ批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状! メゾン・カサブランカ(解決編) ネタバレ

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」本放送(11月5日)感想

探偵X「殺人トーナメント」最終解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」解決編ネタバレ感想(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」(11月18日)本放送ネタバレ批評(レビュー)

探偵X!「記憶のアリバイ」完全解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」解決篇(11月25日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

・シーズン1より「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)

「探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX」です!!
探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX





「綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]」です!!
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]





「安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]」です!!
安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 探偵Xからの挑戦状! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーも、ここの記事を見て完全正解した6人のうちの1人です
今回の事件はとてもよかったですね。
Posted by わたし at 2011年05月06日 04:19
Re:わたしさん

コメントありがとうございます(^o^)/。
管理人の“俺”です!!

上級編、完全解答おめでとうございます。
テレビで紹介されてたんですよね、凄いです!!

「怪盗Xからの挑戦状」は映像化されることを逆手にとった良作だと思います。
このレベルの作品を味わうと、早くもシーズン4への期待が高まりますね。
朗報を待ちたいですね!!
Posted by 俺 at 2011年05月06日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

探偵Xからの挑戦状!
Excerpt: 探偵Xからの挑戦状! Season3 木曜 22:00 NHK総合 2011年4月21日〜 (全3回) 【キャスト】 ナビゲーター :竹中直人 長澤まさみ 第1回:永岡佑..
Weblog: ドラマQ
Tracked: 2011-05-13 13:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。