2011年05月17日

月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜3 古都伝説殺人事件!!日光・金沢で起こる不可解な悲劇の連鎖…東照宮の猿が四百年見続けた涙の真実!?失われた指が誘う死のルート!」(5月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜3 古都伝説殺人事件!!日光・金沢で起こる不可解な悲劇の連鎖…東照宮の猿が四百年見続けた涙の真実!?失われた指が誘う死のルート!」(5月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

警視庁南平班1
「写真は前作より」


ある日、南部平蔵(村上弘明)の自宅に不審な封筒が届く。中には切断された人の指が入っており、南部と妻の敦子(岡田奈々)は驚愕する。その時南部の携帯電話に殺人事件発生の連絡が入る。
事件の被害者は浅草の老舗和菓子店の専務、藤沢尚樹(ヒロシ)だ。鋭利な刃物で刺された後、首を吊られ、指が切断されていた。さらに南部に届いた指が尚樹のものだったことが判明する。
尚樹の和菓子店は、尚樹の異母弟、光司(河相我聞)が社長を務めていた。南部とその部下、高村六郎(鈴木一真)は、店長の神部剛敬(斎藤洋介)から話を聞くなど、捜査をはじめる。
そんな中、事件当日の夜、尚樹が殺される前に立ち寄った六本木クラブのママ、北川茜(寺田千穂)は尚樹が画家の中風明世(安藤彰則)と一緒に店を出たと証言する。その茜が尚樹と同じ手口で殺害される。またも南部のもとに被害者の指が届く。首吊りと指の切断…
南部にある記憶が甦る。二年前に日光で起きた軽自動車と大型乗用車の衝突事故である。軽自動車に乗っていた母子が即死し、事故は母親の過失として処理された。事故の目撃者だった大学生、三上佐織(伴杏里)が巻き添えになり、指を切断する大怪我を負った。
ピアニスト志望だった佐織は、失意のために首吊り自殺した。南部は佐織の父、三上勝也(本田博太郎)の絶望した表情を思い出した。南部は事故当時の調書に当たり、大型車の運転手が光司だったことと、尚樹と中風が同乗していたこと、事故を通報したのが茜だったことを突き止める。
連続殺人は事故に関係する者の仕業なのか。南部の疑惑を裏付けるように同じ手口で中風も殺害されるのだが…。
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複あり)……

中風も殺害された。
直後、神部の電話により藤沢光司の消息が途絶えたことを知らされる。

これを受けて、溝口は2年前の事故に関連し生き残った最後の1人・藤沢光司こそが真犯人ではないかと疑う。
事故の件で自身に非があることを隠し脅迫された光司が茜や中風などの脅迫者を殺害したと考えたのだ。
南部はこの推測を支持する。

東海道を走行する光司の車が発見される。
早速、後を追った南部は瀕死の光司を発見することに。
傍には、茜たち3人を殺害したことを告白した遺書も残されていた。
しかもその遺書には、三上佐織も殺害したと記されていたのである。

発見が早かったこともあり、光司は命を取り留める。
意識が回復するには数日かかるとのことだった。
こうして、事件は解決したかに思えたが―――南部は「光司が助かった」と聞いた際の神部の態度に不信を抱く。
神部の手は漆にかぶれていた。

佐織の死について真相を伝えるべく三上を訪ねる南部。
そこで、三上の手を目にした南部は三上も漆にかぶれていることに気付く。

違和感を抱きながらも、それが何を意味するか決定打に欠ける南部。
切断された指が送られてきた理由も不明だ。
だが、すべての鍵は知らず知らずのうちに既に揃っていた。

数日後、南部は妻から自身の手が漆でかぶれていることを指摘される。
そういえば―――光司を発見した湖の近くには漆の木があった!!
ついに南部は違和感の正体に気付く。

光司の事件時、三上のアリバイがないことも確認される。
南部は真相を突き止めたのだ。

深夜、光司の病室。
そこへ近付く不審な影があった。
扉の前で止まる人影。
その後ろに南部の姿が。
「やはり、あなただったんですね……」
南部の声が影を撃つ。

影の正体は神部だった!!
神部は廊下に潜んでいた三上に「逃げろ!!」と叫ぶ。

逃げ出す三上だったが、南部の部下にまわり込まれ拘束される。

南部が気付いた鍵の正体は「漆かぶれ」だった。
神部と三上の手のかぶれこそが2人が共犯であることを示していたのだ。
神部は2年前の事故で死亡した若い母の父親だった。
事故に関わった被害者遺族同士が復讐の為に行動していたのだ。

事故現場で出会った三上と神部。
三上は佐織が包帯の上から指を失ったことに気付けたかどうか―――すなわち、それを知り自殺を思い詰めたかどうか疑問に思っていた。
神部も娘が家を出た時間が5時で事故発生が6時と1時間もかかっていたことに疑惑を抱いていた。
こうして、2人は事故を調べることに。

神部はたまたま出ていた求人に応募すると光司に接近。
尚樹が光司を脅迫する現場に遭遇し、事故の真相を知った。
光司は事故を起こした後、自身の非を隠す為に偽の目撃者として茜を呼び出しており、これに1時間もかかってしまったのだ。
さらにそれがバレ無いように佐織を殺害していた。

真相を知った神部と三上は激怒。
復讐計画を実行に移す。

味方のフリをして光司に近付いた神部は「このまま脅迫され続けるよりは3人の口を封じた方が良い」と唆した。
その上で「三上の犯行に見せかける」よう奨める。
「殺害の実行前に三上を拉致監禁しアリバイを奪った上で、計画実行後に三上に罪を着せ殺害するシナリオ」を提案したのだ。

光司は一も二もなく、このプランに飛びついた。
そして、次々と殺害を実行。
いよいよ、プラン通りに三上を殺害しようとしたところで、当初から裏切るつもりだった神部と三上に罠を仕掛けられ自殺に見せかけ殺害されそうになったのである。
本来なら成功していたこの三上たちのプランも南部の介入により失敗。
光司が助かってしまった為に止めを刺すべく病室へとやって来たのだった。

2人が出会ったのは復讐する為の運命だった……と語る神部と三上に「私と会ったのも運命だったんです」と語る南部。
それを聞いた三上は涙を流す。

こうして事件は解決した。

光司は意識を取り戻したが、犯行が露見したことで苦しい立場に。
南部は光司を捕まえるまで追い続けるつもりである。

神部と三上が指を送り続けたのはどこかで止めて欲しがっていたのかもしれない……。
そう今回の事件を総括する南平班の面々は今日も元気である―――エンド。

<感想>

原作は鳥羽亮先生の「指哭 強行犯刑事部屋」。
「警視庁捜査一課南平班」シリーズではありません。
あらすじはこちら。

<「指哭 強行犯刑事部屋」あらすじ>

西浅草署の刑事・高杉順平の自宅に送られてきた身元不明の人差し指。数日後、人差し指の欠けた遺体が発見され、ズボンのポケットには猿の絵が描かれた紙が。その後も続く殺人。そして、「容疑者」は次々に殺されてしまう。真犯人は誰か。そして、「指が語る」もうひとつの事件とはいったい――。当代屈指の人気時代作家の名作警察小説シリーズ第一弾、待望の文庫化!
(光文社公式HPより)


「強行犯刑事部屋」という新しいシリーズなんですね。
シリーズには第二弾として「赤の連鎖」もあるようです。
興味のある方は下記にアマゾンさんへのリンクを用意してありますのでどうぞ!!

そのドラマ版。
前作(2010年8月23日)からはほぼ半年過ぎぶりの登場です。
このシリーズは第1弾から批評(レビュー)してますね。
過去記事がありますので興味のある方はそちらをどうぞ!!

月曜ゴールデン 警視庁南平班〜七人の刑事〜(2009年8月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 警視庁南平班〜七人の刑事2〜「伝説再び蘇る!!謎の渓谷殺人事件!死者は何を語る…遺体に残る三本の傷跡と裂けた家族写真の驚愕の真実とは!?復讐に燃えた不滅の愛…」(8月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、早速、感想を。

まず前作をご覧の方はお気づきかと思いますが、南平班のメンバーが1人交代していますね。
前作で菅原雄一郎を演じた小沢和義さんに代わり、浅田裕久役で永倉大輔さんが加わりました。
このメンバーチェンジの理由が気になりますね。

ドラマ自体は微妙。

シンプルなのはいいんだけど、そのシンプルさがクドイかなぁ……。
思わせぶりなワードが頻出する割にはあまり意味が無いのもなんとも……。
それと小説が原作の筈なんだけど、原作でも決め手は漆かぶれなのでしょうか?
あれは活字だと面白くないような……映像でも首を傾げたけど。

ふと思ったのは、漆かぶれになっていたから三上たちが犯人とは限らないんだよね。
別に漆に触れる機会があればいいのだし。
何処の漆か科学捜査で確認したワケでもないからね。
つまり、決定打にはならない筈なんだけどなぁ……。
だからこそ、真の決め手は病院での現行犯逮捕になるのだろうけど……不満。

さらに、なんといっても問題は、前作レビューでも述べたとおり、これが「ハンチョウ」の後に続けて放送されたこと。
構成的に似通っているのでどうしても比較してしまう。

熱いリーダー:南部VS安積
冷静なサブリーダー:高村VS村雨
チームの紅一点:細谷VS水野
ユニークキャラ:富井VS須田

これらの主要メンバーに加えてその他の面々という点も近い。

だから即ダメというわけではないが、連続して放送されると些か食傷気味。
今季は「ハンチョウ」が捻って来ているとはいえ、チーム物だとどうしても比較してしまう。
20時台が「水戸黄門」などの時代劇だったならば……新鮮に思えてもう少し評価が高くなっただろう。

<キャスト>

南部平蔵(なんぶ へいぞう):村上 弘明

高村六郎(たかむら ろくろう):鈴木 一真

細谷玲子(ほそや れいこ):伊藤 かずえ

溝口史郎(みぞぐち しろう):火野 正平

南部敦子(なんぶ あつこ):岡田 奈々

浅田裕久(あさだ ひろひさ):永倉 大輔
富井健次(とみい けんじ):前田 健
友木哲也(ともき てつや):藤沢 大悟

三上勝也(みかみ かつや):本田 博太郎

神部剛敬(かんべ よしたか):斎藤 洋介

藤沢光司(ふじさわ こうじ):河相 我聞

北川茜(きたがわ あかね):寺田 千穂
藤沢尚樹(ふじさわ なおき):ヒロシ
中風明世(なかかぜ あきよ):安藤 彰則 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


ドラマ原作「指哭―強行犯刑事部屋 (光文社文庫)」です!!
指哭―強行犯刑事部屋 (光文社文庫)





シリーズ続編「赤の連鎖―強行犯刑事部屋 (光文社文庫)」です!!
赤の連鎖―強行犯刑事部屋 (光文社文庫)





こちらが南平班シリーズ。
「切り裂き魔―警視庁捜査一課南平班 (講談社ノベルス)」です!!
切り裂き魔―警視庁捜査一課南平班 (講談社ノベルス)





主人公・南部平蔵にちなんで南部繋がりで「南部鉄瓶 チャコケトル23376」です!!
南部鉄瓶 チャコケトル23376





同じく「南部鉄瓶 お茶道楽セット」です!!
南部鉄瓶 お茶道楽セット





◆その他の鳥羽亮先生「警視庁捜査一課南平班」シリーズはこちら。



【関連する記事】
この記事へのコメント
ハンチョウより遥かに出演陣の実力はあると思いますけどね。
村上弘明と火野正平が出ているだけでもなかなか見ごたえありました。ハンチョウの面子はあまり……。すいません。
Posted by 桜木淳代 at 2014年05月06日 10:20
Re:桜木淳代さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

管理人も「南平班」好きです!!
ただ、それだけに些かハードルが高くなってしまうのかもしれません。

そして、「ハンチョウ」について。
あくまで主観なのでご容赦願いたいのですが、キャラクターの構成的に近い作品が連続して放送されることに抵抗があったのが大きな理由ですね。
それでさらにハードルが上がってしまったのだと思います。

とはいえ、この問題も「南平班」の続編で既に解決済み。
そう言えば、「南平班シリーズ」は2013年4月8日の第6弾が最後になっています。
早くシリーズ最新作が視たいですね(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2014年05月08日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。