2011年05月27日

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

「気が小さいのさ」あたしが覚えている彼の最後の言葉だ。あたしの恋人が殺された。彼は最近「狙われている」と怯えていた。そして、彼の遺品の中から、大切な資料が盗まれた。女流推理作家のあたしは、編集者の冬子とともに真相を追う。しかし彼を接点に、次々と人が殺されて…。サスペンス溢れる本格推理力作。
(アマゾンドットコムさんより)


<感想>

フジテレビさんにて、東野圭吾先生「11文字の殺人」&「ブルータスの心臓」&「回廊亭殺人事件」の3作がドラマ化されるとの報を受けて読み返してみました。
再読です。

後味が悪かったこともあって、初読時はあまりいい印象を持っていませんでしたが、改めて読んでみるとなかなか考えられています。
あの結末も味があるように感じられました。

今回ドラマ化される3作のうちではもっとも面白く感じた作品です。
「ブルータスの心臓」が観念的過ぎ、「回廊亭殺人事件」がトリッキー過ぎとするならば、本作「11文字の殺人」は3作中で、もっとも良いバランスを誇るでしょう。
ドラマ向けの作品とも言えます。

ただし、東野圭吾先生の作品としては後の「加賀シリーズ」や「名探偵の掟」などの方が好きですね。
それらに比べるとストーリーテリングに物足りない部分が見受けられます。

結論として、東野先生ファンの方は読んでおくべきでしょう。
それ以外の方には、そこまでオススメの作品ではありません。

なお、ドラマ版「11文字の殺人」の放送枠は「金曜プレステージ」。

それぞれ―――
「11文字の殺人」が2011年6月10日。
「ブルータスの心臓」が2011年6月17日。
「回廊亭殺人事件」が2011年6月24日放送予定とのことです。

フジテレビにて、東野圭吾先生「11文字の殺人」&「ブルータスの心臓」&「回廊亭殺人事件」の3作がドラマ化!!

同じくドラマ化される「ブルータスの心臓」&「回廊亭殺人事件」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2011年6月10日追記
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<ネタバレあらすじ>

女性推理作家であるあたしの恋人が殺された。
彼は最近「狙われている」と怯えていたところだった。
さらに、彼の遺品の中から、大切な資料が盗まれてしまう。

「無人島より殺意を込めて」との11文字のメッセージを目にしたあたしは編集者の冬子とともに真相を追うことに。
しかし、あたしに出会った関係者は次々と殺害されていく。
どうも、1年前の無人島クルーズツアーでの水難事故に原因があるらしい。
資産家の山森が主催したクルーズだが、事故の結果、竹本という男性が死亡していたのだ。

やがて、冬子までが殺害されてしまう。
遂にあたしが突き止めた真実は驚くべきものだった……。

彼氏やその他の関係者を殺害した犯人は冬子だったのである。
そして、冬子を殺害した犯人はクルーズ参加者の1人・金井だった。

冬子は彼氏とあたしを引き合わせた恩人だった。
だが、それには目的があったのだ。
実は竹本と冬子は恋人同士だった。
冬子はクルーズで死亡した竹本の死の真相を突き止めるべくクルーズ参加者に近付いていた。
そのきっかけにあたしを利用したのだ。
偶々、あたしと彼との間で交際が始まったものの、それは副次的なものだったのである。

あたしを通じて彼に取り入ると竹本の死の真相を知った冬子。
復讐を決意した彼女はあたしが出会ったクルーズ参加者を順に殺害し始める。
だから、あたしが関わった人が真っ先に狙われたのだ。
そして、冬子は金井の恋人・志津子を殺害しようとしたものの、待ち伏せていた金井の返り討ちにあったのだ。

志津子もまたクルーズ参加者だった。
竹本の死の原因は志津子にあった。
クルーズで起こった事故で海に投げ出された参加者たち。
中でも志津子の恋人・金井は1人逃げ遅れて、溺れそうになっていた。
金井を助けるよう必死に他の参加者に懇願する志津子。
竹本は救助の条件として「一晩、志津子が竹本に付き合うこと」を提示。
藁にもすがる思いの志津子はそれを了承したのだった。

こうして、助け出された金井。
だが、事情を知り逆上。
報酬を要求する竹本を叩き伏せてしまう。
動かなくなった竹本を見た山森は、竹本を批難し金井の行動を支持する。
他の参加者をとりまとめると竹本を海へと捨てたのだった。

だが、海に捨てられる直前まで竹本は気絶していただけで生きていた。
この為に、復讐の対象が金井ではなく、クルーズの参加者全員に拡がったのだった。
「無人島より殺意を込めて」のメッセージも冬子が贈ったものだった。

真相に愕然としたあたしはさらに黒幕の存在に気付く。
すべての黒幕のもとへと赴くあたし。

黒幕は資産家・山森だった。
山森は竹本が気絶した際に生きていることを知りながら、彼が邪魔だったために故意に殺したのだ。
さらに、仇を狙ってきた冬子を金井に協力するふりをして利用し抹殺した。
あたしは山森本人にその事実を突きつける。
多少の動揺を見せる山森。
だが、それ以上はどうしようもない。

あたしは思う。
明日にでも山森の手があたしに伸びるかもしれない。
そう、冬子を排除したときと同様に。

帰宅したあたしはひたすらシャワーを浴びる。
それは、嫌なものすべてを洗い流そうとするかのようだった―――エンド。

◆東野圭吾先生関連過去記事
【「麒麟の翼」関連情報】
【「白夜行」&「幻夜」&「夜明けの街で」映像化ニュース】
東野圭吾先生「白夜行」映画化に続き、「幻夜」がWOWOWにてドラマ化決定!!

東野圭吾さん原作「白夜行」日本版映画化決定!!

東野圭吾先生原作「夜明けの街で」が2011年映画化、キャストは近日公開!?

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

「11文字の殺人 (光文社文庫)」です!!
11文字の殺人 (光文社文庫)





「ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)」です!!
ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)





「回廊亭殺人事件 (光文社文庫)」です!!
回廊亭殺人事件 (光文社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。