2011年06月05日

土曜ワイド劇場「おかしな刑事〜居眠り刑事とエリート警視の父娘捜査 サクラソウは見ていた!死体に付いた花弁と、女流画家の美しい罠」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「おかしな刑事〜居眠り刑事とエリート警視の父娘捜査 サクラソウは見ていた!死体に付いた花弁と、女流画家の美しい罠」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

<あらすじ>

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

ある朝、荒川の土手で画商の石堂浩(市川勇)の死体が発見され、遺体の上着のポケットからサクラソウの花びらが見つかった。サクラソウが咲いている場所で殺害された後、土手まで運ばれたのだろうか…!? 
だが、一口にサクラソウといっても、300以上の種類がある。鴨志田は遺留品と同じ品種を捜そうと、さいたま市にある田島ケ原のサクラソウの自生地へ向かった。刑事局長から捜査協力するよう指示された真実も、すぐに合流する。
2人はその田島ケ原で、新進日本画家の松田春子(小沢真珠)がスケッチに励んでいるところに遭遇する。春子は“花と死”をテーマに掲げた美しく幻想的な絵画で、今、最も注目を集めている美貌の女流画家だった。直後、春子のもとに、ひとりの男が駆けつけ、石堂が殺されたことを告げる。強い衝撃を受ける、春子…。
実は、春子は、美術界の重鎮でもある石堂の支援を受けて開花した画家で、石堂は親代わりのような存在だったという。そして、春子に石堂の死を知らせたのは、画商の菅野隆博(寺田農)で、ライバルである石堂の亡き後、早くも春子の後見役を狙っているらしかった。

そんな中、鑑識課が、被害者のポケットに入っていたサクラソウの種類を割り出した。同じ品種のサクラソウを捜して春子のアトリエを直撃した鴨志田と真実は、彼女を訪ねてきた男女と出会う。
男は、美術関係の記者・中村光太郎(浜田学)、女のほうは、春子の芸大時代の同期で洋画家の高森静香(小橋めぐみ)だった。2人の様子を見た真実は、中村が春子の交際相手ではないかと直感する。

真実の“女の勘”は的中し、春子と中村は交際中だとわかるが、なんと春子は以前、石堂ともウワサがあったことが浮上する。事件には三角関係のもつれが、かかわっているのか…!?
その矢先、事件の直前、中村と石堂が田島ケ原でつかみ合いのケンカをしていた事実が発覚した。中村は石堂を殴ったことは認めたものの、殺害は否定。その様子を見た鴨志田は、容疑者と断定するには決め手がない、泳がせてみようと主張する。
ところが、釈放した翌朝、中村が他殺体で見つかった。しかも、中村の遺体からもサクラソウの花びらが発見される…! 中村を釈放した責任を感じた鴨志田は、自ら謹慎を申し出るのだが…!? はたして、連続殺人現場に残されたサクラソウは何を意味しているのか…!? そして、一連の事件の真相は…!?
(あらすじ・写真共に公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

石堂の死体からサクラソウが発見。
井筒という品種らしい。 

石堂殺害の捜査を続ける中で、中村に嫌疑がかかる。
鴨志田は中村を泳がせることを提案し了承されるが、直後に中村が殺害されてしまう。
鴨志田は責任をとり自宅謹慎することになったが、これ幸いと独自の捜査を開始。

中村の死体からもサクラソウが発見。
今度は十六夜という品種の物だった。

十六夜は春子宅に飾られており、容疑は春子に集中。
真美と鴨志田は春子の犯行に否定的だが……。

サクラソウには「プリミン」という物質が含まれており、体質によってかぶれることに気付いた鴨志田は高森静香の手にかぶれがあったことに思い至る。
こうして、鴨志田は静香への疑惑を深めていくことに。
ところが、静香は中村殺害時に菅野隆博と会っていたとアリバイを主張する。

一方、菅野を疑っていた真美は代議士・清川の収賄に菅野が関わっているらしいことを掴む。
現金の代わりに絵を通じて贈収賄が行われていたのだ。
ジャーナリストの千秋に協力を求めた真美は、清川の事務所に風景画が飾られていることを知る。

情報を突き合わせた鴨志田と真美は、とある推論に行き当たる。
それは、菅野と静香が共犯というものだった。
だが、具体的な証拠がない。

こうして、静香のアトリエに打開策を求めた鴨志田たちは箱根まで移動することに。
真美はそこで井筒を発見する。

菅野と清川が箱根湯本で接触しているとの情報を仕入れた真美は鴨志田とともに2人が密会していたとされるホテルを訪ねる。
そのまま宿泊し、親娘の時間を過ごす2人。

同じ頃、菅野と静香が姿を消してしまう。
伝え聞いた鴨志田は、春子の絵に描かれていた地獄谷に興味を持ち現地へ向かう。

矢先、清川が収賄で逮捕されることに。
さらに、菅野が静香の絵を賄賂代りにしていたことも確認される。

静香のアトリエから石堂のルミノール反応が検出。

清川が飾っていた静香の絵の話を真美から聞いた鴨志田は、スケッチされたと思われる場所を捜す。地元のタクシー運転手から情報を聞いた鴨志田は本栖湖へと向かう。
そこには菅野と静香が居た。

静香に毒入り紅茶を飲むよう奨める菅野。
菅野は静香に贈賄の責任を押し付け、自身は逃げ切るつもりだった。

だが、真美と鴨志田が駆け付けたことで、菅野の目論みは潰える。

静香はすべてを語り始める。

春子の絵に嫉妬していた静香は、菅野の力を借り自身の絵の価値を高めた。
しかし、石堂に清川、菅野、静香の関係を突き止められたので石堂を殺害。
静香は中村を愛していたが振り向いてくれなかった為に春子の犯行に見せかけ殺害したのだった。

その頃、春子はとある絵を完成させた。
その絵には若い男女が倒れ伏す光景が描かれていた。
中村と静香の姿を重ねたものだろうか―――?

こうして、事件は解決した。
だが、姉小路宅に居候する2人に危機が迫る。
その正体は2人を追い出そうとする姉小路の叔母だった。
慌てふためきながら姉小路宅を逃げ回る2人―――エンド。

<感想>

「おかしな刑事」シリーズ7作目。
前作が2010年4月3日放送なので1年2か月ぶりの放送となります。

では、ドラマ版の感想を。

サクラソウのワンアイデアでしたね。
ところが、別にサクラソウにまつわる悲しい過去があるわけでもなく、微妙な結果に。
結局、すべては「かぶれ」の為だったような……。
ふと、このドラマを思い出しました。

月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜3 古都伝説殺人事件!!日光・金沢で起こる不可解な悲劇の連鎖…東照宮の猿が四百年見続けた涙の真実!?失われた指が誘う死のルート!」(5月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

内容的には殆ど中身がありませんでしたね。
鴨志田&真美の親娘パートもとってつけた感が拭えないものでした。
親娘の仲も進展しようがないし仕方ないのかもしれませんが不満です。
いつものハートフルな感じも上手く表現できていなかったように思います。

「おかしな刑事」ってこんな感じでしたっけ……。

他にもなんじゃそりゃ……な箇所が多すぎました。
かなり、がっかりです。

良かったのは、姉小路一族とのコメディパートぐらいかな。
特に石井さんは良かった。
そこは高評価。
そうそう、4姉妹、残りの1人は誰になるのでしょうか?
気になりますね。

結果として、本シリーズに石井さんは欠かせないキャストだと再確認した回でした。

<キャスト>

鴨志田新一:伊東四朗
岡崎真実:羽田美智子
姉小路行人:石井正則
三浦由紀子:田島令子
松田春子:小沢真珠
高森静香:小橋めぐみ
中村光太郎:浜田 学
菅野隆博:寺田 農
石堂 浩:市川 勇
坂下純次:小倉久寛 ほか
(公式HPより、敬称略)


「サクラソウの目―繁殖と保全の生態学」です!!
サクラソウの目―繁殖と保全の生態学





「サクラソウの分子遺伝生態学―エコゲノム・プロジェクトの黎明」です!!
サクラソウの分子遺伝生態学―エコゲノム・プロジェクトの黎明





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。