2011年06月05日

「第31回横溝正史ミステリ大賞」受賞の眼鏡もじゅ先生が読売新聞さんにてインタビューに応じられました。

「リストカット/グラデーション」にて「第31回横溝正史ミステリ大賞」を受賞された眼鏡もじゅ先生が読売新聞さんにてインタビューに応じられました。

インタビュー内容は眼鏡もじゅ先生のこれまでの経歴や、その特徴的なペンネームの理由に始まり、受賞作についても触れられています。

なんといっても、インタビュー記事を読んでみて印象に残ったのはペンネームの理由。
ご本人のトレードマークである眼鏡と下の名前「茂樹」から取ったそうです。

シンプルにして明解なペンネームが生まれた理由はここからだったんですね。
インパクトもありますし、いいペンネームだと思います。

さらに、インタビュー記事では受賞作「リストカット/グラデーション」のあらすじらしきものも。

それによれば、「リストカット/グラデーション」は「高校の敷地内に倒れていた女子バスケ部員がこつ然と消えた謎を、同級生がクラスメートと解明していくストーリー」とのこと。

なんでも、10年以上前から構想を温めてきたとのコメントもあり、これは期待できそうです。

なお、受賞作「リストカット/グラデーション」については、タイトルやペンネームともに変更後、9月に単行本化される予定だそうです。
折角、特徴的ないいペンネームだと思うのですが、変わってしまうんですね。
ちょっと、残念です……。

2011年10月3日追記

『消失グラデーション』(長沢樹著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)
追加しました。リンクよりどうぞ!!

◆関連外部リンク(外部サイトにつながります)
・8畳間から射止めた「横溝正史ミステリ大賞」(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110604-OYT1T00005.htm

・横溝正史ミステリ大賞公式HP
http://www.kadokawa.co.jp/contest/yokomizo/

◆関連過去記事

【横溝正史ミステリ大賞関連】
「第31回横溝正史ミステリ大賞」決定!!大賞は眼鏡もじゅ先生「リストカット/グラデーション」に!!

第30回横溝正史ミステリ大賞発表!!受賞作は「お台場アイランドベイビー」に!!

・第28回受賞作
第28回横溝正史ミステリ大賞 テレビ東京賞受賞作「テネシー・ワルツ」(望月武著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

・第29回受賞作
「雪冤」(大門剛明著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【横溝正史大賞テレビ東京賞受賞作ドラマ化関連】
水曜シアター9 横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞受賞作「テネシーワルツ〜甦る昭和の名曲に隠された愛と憎しみの殺意!二つの戦争に翻弄された母と子の驚愕真実」(2月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜シアター9 第29回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞 ダブル受賞作品 雪冤「あなたの息子は無実です〜死刑確定した息子の父に突然の告白電話 再審奔走する父の涙(ドラマスペシャル〜死刑囚の息子は無実だ冤罪を訴える父に届く密告電話!沈黙の15年に秘められた衝撃の真実!)」(9月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

2010年9月24日発売。
第30回横溝正史大賞受賞作「お台場アイランドベイビー」(伊与原新著、角川書店刊)です!!
お台場アイランドベイビー





第29回受賞作「雪冤(ディオニス死すべし改題)」です!!
雪冤





「雪冤」著者である大門剛明先生の「罪火」です!!
罪火





同じく「確信犯」です!!
確信犯







【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。