2011年06月08日

【祝】「広島推理小説研究会」さんが30周年を迎え記念イベント実施とのこと

「広島推理小説研究会」さんが発足30周年を迎えるにあたり記念イベントを実施されるとのことです。

記念イベントは、2011年6月11日に「collect with Cafe」(広島県広島市中区中町)で開催。
内容は、光原百合先生を迎えたミステリー座談会の他に、「広島推理小説研究会」さんの機関紙「折れた剣」の展示も予定。

開催時間は14時〜16時。
会費は3000円。
会員以外の参加もOKとのこと。
詳細についてのお問い合わせは、会長の佐々部義人さん(TEL 082-228-6779)まで。

光原百合先生といえば、第55回日本推理作家協会賞を「十八の夏」で受賞されており、2010年2月には福山市で講演会を行うなど広島とは縁の深い作家さんです。

光原百合さん講演会!!

広島県在住のミステリファンにとっては見逃せないイベントとなりそうです。
同日は京都の同志社大学でも北山猛邦先生講演会が予定されており、6月11日はミステリファン全体にとって特別な日となるかも。

補足:「広島推理小説研究会」さんについて

「広島推理小説研究会」さんは通称「探偵小説おもしろクラブ」の名で活動しており、1980年に発足。
主な活動内容は月1回、カフェやサロンに集い1冊の本についてトークすること。

現在の会員数は約60人ほどで、会員は10代の学生から社会人、70代まで幅広い。
「入会の条件は、本が好きな人」とは会長の佐々部さんの言葉。

◆関連外部リンク(外部サイトにつながります)
・広島の「推理」サークルが30年−記念イベントにミステリー作家も(広島経済新聞さん)
http://hiroshima.keizai.biz/headline/1121/

光原百合先生「虹のまちの想い出」です!!
虹のまちの想い出





同じく「イオニアの風」です!!
イオニアの風





同じく「十八の夏 (双葉文庫)」です!!
十八の夏 (双葉文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック