2011年06月23日

「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」まとめです。

各話のリンクがそれぞれの批評(レビュー)に繋がっています。

「ゲームの館殺人事件」あらすじ

登場人物一覧:

金田一一:言わずと知れた主人公、最終回まで犯人ではありえません。
美雪:言わずと知れたヒロイン、こちらも最終回まで(以下略)。

宝樹滋:ゲームプログラマー、自称有名人
真津本潤:美佳が経営する店のウェイター
菊川梢:美佳が経営する店のホステス
麦林美佳:バーのママ。潤と梢の雇用主。
霜村志保:婦人服の会社社長、生馬の母。
霜村生馬:志保の息子。
ゲームマスター:覆面の人物

友人と遊園地にやって来た金田一と美雪。
金田一はこれを機に美雪との仲をさらに進展させようと図っていた。

友人たちの気遣いで美雪と2人きりとなった金田一は思う存分楽しむことに。
ところが、帰り道に美雪が足を挫いた上、雨に降られ立ち往生した2人は、行きがかったあるバスに乗り込む。
「地獄に仏」と喜ぶ金田一だが……甘かった。
ふと気付けば、車内に溢れたガスによって眠り込んでしまう。

次に気付いた時には、黒ひげ危機一髪風のマスクを着けられ、他の人々と共に部屋の中に閉じ込められていた。
その中には美雪もいるらしい。

慌てふためく金田一。
その目の前でテレビに明かりが灯り、「ゲームマスター」なる人物からゲーム開始の合図が!!
どうも、ゲームマスターの提示するゲームをクリアしなければ命を落とすらしい。
こうして、金田一は意に沿わぬ命懸けのゲームに挑むことになる……。

第1ステージは早抜けクイズ。
クイズに答えて脱出出来なければ爆死すると言う。
次々と脱出していく他の黒ひげたち。
焦る金田一は美雪を逃すと自身も脱出。
しかし、最後に残った女性―――霜村志保が脱出に失敗し爆死してしまう。

志保の息子・生馬は金田一が母を見捨てたと非難する。

第2ステージは知恵の輪。
ここでは、知恵の輪を得意とする梢が手こずり、麦林がフォローを入れるなど思わぬ場面があった他に、知恵の輪を苦手とする生馬が苦戦。
しかし、生馬を金田一が手助けしたことで全員脱出に成功する。

第3ステージはカップめんを食べること。
毒入りを疑う金田一は身分を明かし、水槽の金魚を使って毒見することを実行。
生馬が毒見した後に、梢に譲ったカップめんから毒が検出されるというアクシデントが発生。
麦林は箸に毒が入っていたのでは……と箸を配った美雪を疑う。
脱出用の鍵は各自のカップめんの底部に貼り付けられていた。
しかし、毒入りカップめんのみ鍵が貼られていないことに金田一は疑問を抱く。

第4ステージはエチケットに注意しトイレを使うこと。
トイレは、小じんまりとした部屋でインテリアとしてワインのラベルが額に飾られていた。
潤が必要以上に気を遣いつつトイレを使用した後、生馬が入室。
ところが、生馬は「この部屋の攻略法」に気付いた直後に死亡してしまう。
額の裏に仕込まれた毒針に触れたらしいが……。
生馬の犠牲で額の裏に隠された鍵を手に入れた一行は次へと進む。

第5ステージは何もない部屋……と思いきや、いきなりガスが噴き出す。
「毒ガスか?」と金田一たちが死を覚悟する中、麦林は「催眠ガスよ」と叫ぶ。
その声を聞きながら意識を失う金田一。

次に金田一が気付いた時には明智や剣持たちに保護されていた。
何者かから通報があったらしい。

各人に事情聴取し、ある相続のルールについて聞いた金田一は真犯人「ゲームマスター」はプレイヤーたちの中にいると断言する!!
果たして真犯人は誰か?

詳細は各話批評(レビュー)からどうぞ!!

◆各話批評(レビュー)

・エピソード導入部分(ゲームマスター登場から第1ステージ開始)。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第1話ネタバレ批評(レビュー)

・第1ステージ終了、志保が爆殺される。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第2話ネタバレ批評(レビュー)

・第2ステージ終了、第3ステージ開始。梢のカップめんから毒物が……。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第3話ネタバレ批評(レビュー)

・第3ステージ終了、第4ステージ開始。生馬が死亡する。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第4話ネタバレ批評(レビュー)

・第5ステージ終了、ゲームも終わりを告げる。残りのプレイヤーは生還。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第5話ネタバレ批評(レビュー)

・真犯人「ゲームマスター」を断言する金田一。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第6話ネタバレ批評(レビュー)

・「ゲームマスター」のトリックを解明していく金田一。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第7話ネタバレ批評(レビュー)

・「ゲームマスター」の過去が明らかに。「ゲームの館殺人事件」エピローグ。
「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」(講談社発行週刊少年マガジン連載)第8話(エピソード最終話)ネタバレ批評(レビュー)

・こちらは2014年7月26日に放送されたドラマ版。
「金田一少年の事件簿N」第2話「ゲームの館殺人事件 最凶の脱出クイズ!」(7月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

シリーズ前作「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。