2011年06月29日

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿22 ワイナリー相続を巡る隠し子騒動と飛び降り自殺?陰に大物政治家の欲と陰謀が!引き裂かれた母子の絆を取り戻せ」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「税務調査官 窓際太郎の事件簿22 ワイナリー相続を巡る隠し子騒動と飛び降り自殺?陰に大物政治家の欲と陰謀が!引き裂かれた母子の絆を取り戻せ」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

世田谷区南税務署の窓辺太郎(小林稔侍)は「窓際」と呼ばれている。もともとは国税局の査察課長という要職にあったのだが、ある事件の捜査中に部下を死なせてしまい、その責任を問われてヒラの税務署員に大左遷されたのだった。しかし、太郎にはもうひとつの顔があった。難事件があれば、国税局査察部長・森村(北村総一朗)の命を受けて悪を懲らす影の税務調査官なのだ。
ある日、太郎は森村に呼び出される。政府の事業仕分け担当者・細田(斎藤勉)が飛び降り自殺をしたという。かつて民自党の大物代議士・栗原陽一(津嘉山正種)がゴリ押しして通した山梨県甲府市の観光開発プロジェクトが、現在は事業仕分けの対象になっており、その担当が細田だったというのだ。森村は太郎にこの一件を調べることを命じるとともに、甲府でワイナリーを経営している知り合いを訪ねて欲しいと依頼する。
甲府にやってきた太郎は、甲府西税務署の税務官・首藤三穂(渋谷飛鳥)とともに成瀬ワイナリーを訪ねることにする。成瀬家では、ワイナリーの主人・智之(駿河太郎)が亡くなり、妻の久子(北原佐和子)が途方にくれていた。子供のいない成瀬家では、智之の遺産の4分の3を妻の久子に、4分の1を智之の兄・則之(木下ほうか)が相続することになる。兄・則之は自分の権利を主張し、ブドウ畑を売却することを前提に、強引に測量を始めてしまったのだ。県議会議員である則之と民自党代議士・栗原のつながりを知った太郎は、この一件の裏には何かがあると睨む。
一方、夫が大切にしてきたワイン造りを続けたいと願う久子だったが、実は智之には子供がいたことを知る。智之が久子と知り合う前に付き合っていた女性・北見亜希子(鈴木蘭々)との間に10歳になる息子・勇太(岡田蒼生)がおり、認知もしていたのだ。勇太の存在があれば則之に遺産を渡す必要はなくなる、と考えた太郎は亜希子と勇太を探し出す。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

勇太を自身の手元に引き取り智之の志を継がせようと考える久子。
窓辺は勇太と亜希子を引き離すことに難色を示すが……。

事件の背後に栗原の影がちらつく中、則之の指示で久子のブドウ畑がボーリング検査の対象になっていたことが判明。
ここから、窓辺は栗原と則之の狙いがブドウ畑の地下にあると推測。
調査の結果、ブドウ畑の地下にレアメタルが埋蔵されていることを突き止める。

レアメタルは電子機器などに使用される希少金属、手に入れれば莫大な富を生む。
栗原たちの狙いはその利権にあったのだ。

しかし、久子が健在である限り則之はブドウ畑を手に入れることは出来ない。
そこへ勇太の存在までもが明らかに。
相続権がますます遠退いたことで危機感を抱いた則之は強硬策に打って出る。

まず、勇太の祖母が借金を抱えていることを知ると借金を支払う代わりに勇太に相続放棄させる。
次に、久子の命を狙うべく轢き逃げしたのだ。

幸い久子は命を取り留めるが、この栗原と則之の悪辣な陰謀に窓辺は激怒。
森村の力添えで令状を入手した窓辺は強制捜査に踏み切る。

例の如く啖呵を切る窓辺。
当初こそ激しく抵抗した栗原だが、窓辺の勢いに押され罪を認める。

こうして事件は解決した。

勇太たちの抱えた借金は違法性の高いものだった為に窓辺が交渉に立ったことで無効となった。
久子は勇太を亜希子から奪うことの罪深さに気付き、家族ぐるみで親交を深めることにする。
その夢は勇太へと引き継がれることになるのだろうか?

そして通常の職場へと戻った窓辺はと言えば、普段通り島崎にいびられることになるのだった―――エンド。

<感想>

「税務調査官 窓際太郎の事件簿」シリー22作目。
前回は2010年11月1日の放送なので、ほぼ9ヶ月ぶりの新作です。
では、ドラマの感想から。

1日遅くなりましたが、批評(レビュー)です。

ネタバレあらすじについては、移動しながらの視聴となったのでかなり端折ってますがこんな感じだったと思います。

で、内容はいつも通りの窓辺さんだったと思います。
このドラマは厳密性よりもノリと勢いで楽しむものと分かっているので気楽に見られました。
なので、細かいことには触れません。
いつものメンバーがいつもの通りに活躍してくれればそれで十分でしょう。

ただ、ワイナリーを舞台にした2時間ドラマといえば、ちょうど2週間前に同じ月曜ゴールデン枠で次のようなドラマがありましたね。
まぁ、同じなのは舞台だけなんですが気にかかりました。

月曜ゴールデン「世直し公務員 ザ・公証人9 ワイナリーオーナーが不審の死!発酵室に転がる死体…相続を巡る兄と妹に泥沼の争いが!鍵はコンクール受賞ワイン?今復讐の時!」(6月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

窓辺 太郎(まどべたろう):小林稔侍

椿 薫(つばきかおる):麻生祐未

島崎 春男(しまざきはるお):渡辺いっけい
矢田 秋男(やだあきお):出川哲朗
北島 冬美(きたしまふゆみ):小林千晴
森村 真一郎(もりむらしんいちろう):北村総一朗

北見 亜希子(きたみあきこ):鈴木蘭々

北見 勇太(きたみゆうた):岡田蒼生(ジャニーズ.Jr)
北見 絹江(きたみきぬえ):福井裕子

首藤 三穂(しゅどうみほ):渋谷飛鳥
成瀬 久子(なるせひさこ):北原佐和子

成瀬 智之(なるせともゆき):駿河太郎
村越 初男(むらこしはつお):綾田俊樹

成瀬 則之(なるせのりゆき):木下ほうか

栗原 陽一(くりはらよういち):津嘉山正種 ほか
(公式HPより、敬称略)


『脱税秘録 カリスマ税務調査官、36年間の「現場摘発白書」』です!!
脱税秘録 カリスマ税務調査官、36年間の「現場摘発白書」





「元税務調査官が教える 税務署に睨まれない確定申告の書き方 2011年版 (YELL books)」です!!
元税務調査官が教える 税務署に睨まれない確定申告の書き方 2011年版 (YELL books)





「元税務調査官が教える 税務署に睨まれない確定申告の書き方 II 税務調査 円満解決から撃退作戦までの完全対応マニュアル (YELL books)」です!!
元税務調査官が教える 税務署に睨まれない確定申告の書き方 II 税務調査 円満解決から撃退作戦までの完全対応マニュアル (YELL books)





『国税庁長官殿 現役税理士が語る 「これが密室における税務調査官の実態だ」』です!!
国税庁長官殿 現役税理士が語る 「これが密室における税務調査官の実態だ」





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。