2011年07月05日

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都府警の狩矢警部(船越英一郎)と妻の澄江(山村紅葉)、娘の和美(前田亜季)は狩矢の部下、橋口健太(載寧龍二)を伴って、映画の撮影現場を訪れた。
現場では千利休自害の謎に迫る大作、「利休謀殺」の映画制作が進んでおり、茶道の監修をした師範の花村麻耶(床嶋佳子)の説明を聞きながら、狩矢たちはスタジオを見学する。
見学中に会った女優、野村朱美(宮本真希)のもの言いたげな表情が狩矢は印象に残った。
リハーサルを繰り返し、いよいよ本番。家康役の俳優、安土雅也(冨家規政)が利休役の緒方登(津田寛治)から茶碗を受け取り口へ運ぶシーンだ。現場が緊張に包まれたその時、安土は吐血して倒れ、絶命する。
安土は茶道家元、安土英良(西田健)の後継者で、俳優の仕事もしていたが、素行が悪く、評判は最悪だ。
事件現場からは、自殺を窺わせる証拠が発見されるが、疑問も残る。
狩矢と部下の皆川悠子(雛形あきこ)は、かつて安土の恋人だった女優、細川梨花(中原果南)が、「大物俳優の大橋明(天宮良)が安土を殺した」と疑っていることを知る。
その梨花が、安土が死んだ茶室のセットで首を吊った姿で発見され、続いて、大橋も安土を追悼する会の最中に毒を盛られて死んだ。大橋は、死に際に謎のメッセージを残していた。
連続する俳優三人の死。不思議なことに事件に前後して、撮影所では千利休の亡霊が関係者に目撃されていた。
狩矢はやがて、20年前に天才茶人と絶賛されていた若者が謎の服毒自殺をしていたことを突き止めた。その死が俳優三人の連続殺人に大きな影を落としていると狩矢は気付き、当時を知る家元の英良と麻耶に事情を聞くのだが…。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

千利休は豊臣秀吉の命令で徳川家康の命を狙っていた―――そんな、センセーショナルなテーマを扱った大作映画「利休謀殺」。
その後、利休は茶室にて毒薬を使い家康の命を狙うが、その器の大きさに感服し暗殺を諦める。
結果、秀吉の勘気を買い石田三成に利休の暗殺命令が下る。
三成は利休の心意気を買っており暗殺出来ず、山門の木像を口実に切腹させるとのストーリーである。

その利休が家康を暗殺しようと狙うシーン。
利休役が緒方登、家康役が安土雅也だった。

いよいよ本番。
撮影現場に来ていた狩矢が野村朱美に相談を持ちかけられ席を外した隙に安土雅也が服毒死してしまう。
遺書らしきものがあったことから自殺と思われた。
結局、野村からの相談の内容も分からなかった狩矢は困惑しつつも、安土の死を他殺と疑う。

数日後、今度は細川梨花が首吊り死体で発見される。
高所に吊り上げられていたことから他者の介在する余地はなく、梨花の自殺と思われたが……。

狩矢は梨花が吊り上げられたのではなく、高所から吊り下げられたと推理。
何者かがセットの天井にある足場から首に縄をかけ突き落としたと考えたのだ。
安土に続く連続殺人である。

さらに数日後、大橋明も茶室にて服毒死体で発見される。
傍らには「りき」と書かれた謎のメッセージが残されていた。

狩矢はこれらを連続殺人と推理し、20年前に自殺したとされる天才茶人・坂井利樹の死と関係していると考えるが……。

大橋殺害に関して、緒方登と野村朱美に動機があることが判明。
緒方は大橋と主役争いを繰り広げており、野村は妹を大橋に弄ばれ捨てられ自殺した過去があったのだ。

皆川らが2人に注目する中、狩矢は坂井利樹がその名前から「りき」と呼ばれていたことに注目。
坂井利樹と面識のあったと思われる花村麻耶に接触する……。

一方、皆川らの捜査の結果、野村朱美が青酸カリを購入していたことが分かる。

問い詰める皆川らに、野村朱美は青酸カリを購入していたことは認めるが殺害自体は否定。
安土雅也殺害時に野村朱美が狩矢に相談しようとしていたことは、妹の死についてだった。
麻耶に奨められての行動だったが、ギリギリで考えを変えたらしい。

さらに緒方と大橋、安土とで芥川龍之介役を争っていたことも判明。
安土の遺書はこの一節であることも明らかになる。
どうやらあの遺書と思われた文言は役作りの一環だったらしい。

狩矢は安土雅也殺害時の茶碗の管理が麻耶によるものだったことを突き止めると、再度、麻耶に接触する。
麻耶がこれまで左手に嵌めていた薬指の指輪が無くなっていることを指摘する狩矢。
狩矢によればそれは麻耶の復讐完了の合図らしい。

狩矢は坂井利樹が麻耶の恋人だったと推理。
安土殺害は麻耶が茶筅に仕込んだ毒薬によるものだったのだ。

麻耶は狩矢の推理を認める。
坂井利樹と恋愛関係にあった麻耶。
だが、利樹は突然自殺してしまう。
麻耶には利樹の自殺が信じられなかった……それから20年が経過した。

ちょうど今から半年前、大橋と安土の口論を聞いた麻耶。
そこには恐ろしい真相が隠されていた。

安土は坂井利樹が自身の父親に見込まれていることへの嫉妬から大橋と梨花に命じて利樹を殺害させていたのだ。

これを知った麻耶は映画「利休謀殺」に参加出来ることを利用し復讐を企てる。
まず、安土に芥川龍之介役が決まりそうだと唆し遺書を書かせた上で殺害。
次に梨花を呼び出し首吊りに見せかけ絞殺。
最後に大橋を呼び出し、坂井利樹と同じ方法で殺害したのだった。

すべてを明かした麻耶は利樹の死の真相を見抜けなかった当時の捜査陣にも恨みがあると語る。
そこで狩矢の目の前で服毒死すると云う。
そのまま、目の前の茶碗をぐっと飲み干す麻耶。

だが、何も起こらなかった……事前に察した狩矢が工作していたのだ。
狩矢は利樹の愛した茶を利用し復讐したことは間違っていると指摘、麻耶に贖罪を迫る。

この狩矢の言葉に麻耶は利樹との想い出を思い浮かべ涙するのだった。

事件は解決。
狩矢は愛する妻子とともに今日も京都の街を歩く―――エンド。

<感想>

船越英一郎さんによる狩矢警部シリーズ第10弾。
シリーズ前作はこちら。

・船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

第10弾となった今回の原作は、山村美紗先生「千利休・謎の殺人事件」。

「千利休・謎の殺人事件」とは―――

<あらすじ>

没後10年 ミステリーの女王が描く 京都・太秦の殺人絵巻!

切腹を命じられた茶道の祖師のたたりか。利休の旧跡巡りをしていた大学生が、京都・太秦に作られた茶室で毒殺された。翌日には小道具係が死んでいるのが発見され、撮影現場は大混乱に陥ってしまう。金持ちの学生グループにテレビ・スタッフ……全員が動機を持つ難事件にキャサリンの鮮やかな推理が炸裂する。
(講談社公式HPより)


もともとはキャサリンシリーズの一篇だったんですね。
初出は1990年のカッパノベルス版。
1993年には光文社版も出版されており、今回のドラマ版は2006年の講談社版が原作となっています。

果たして、ドラマ版の出来は如何に!?

では、ドラマ版感想。

豪華キャストでしたね。
スペシャルでも無い筈なのにこのキャストは本当に豪華だと思います、良かった。

内容的には、いつもよりもスッキリしていたので見易かったと思います。
このシリーズに関しては下手に伏線を盛り込み過ぎると、ちょっと煩わし過ぎたりするので。

トリックはいつもの通りでした。
ただ、梨花のトリックは発想の逆転ぽくて良かった。

結論として、今回はバランス良かったと思います。
「りき」あたりは御愛嬌でしょう。
分かり易かったけど、その分だけ物語に集中できました。
うん、良かった!!

ちなみに梨花殺害時のトリック見てこの本を思い出しました。
2時間ドラマでも、こういう逆転の発想トリックはもっと重要視されてもいいと思う。

「連続殺人鬼カエル男」(中山七里著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
・狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・赤い霊柩車シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・その他
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

<キャスト>

狩矢 荘助:船越 英一郎

狩矢 澄江:山村紅葉
狩矢 和美:前田亜季

皆川 悠子:雛形あきこ
橋口 健太:載寧龍二
鶴見 佑次郎:河西 健司

小岩井 博光:浅野和之
佐久間 朗:渋谷天外

花村 麻耶:床嶋 佳子

野村 朱美:宮本 真希
大橋 明:天宮 良
細川 梨花:中原果南
緒方 登:津田 寛治
安土 雅也:冨家 規政

後藤 俊二:中西良太
安土 英良:西田 健 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「千利休・謎の殺人事件 (講談社文庫)」です!!
千利休・謎の殺人事件 (講談社文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。