2011年07月26日

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第1回配信分(7月25日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第1回配信分(7月25日配信)ネタバレ批評(レビュー)です!!

登場人物一覧:
鉢呂ふみ子:鉢呂屋の店主、店内で遺体が発見された。
円地敏子:玉地屋の主人
実相寺秀雄:作詞家
田無:福鬼署の刑事
砂越:福鬼署の刑事
田中修:福鬼署の巡査
(公式HPより)


推理投票は2011年8月3日から!!

下記のあらすじについては「携帯で配信する」との「番組の意義」を考えて、あくまで管理人版のあらすじに留めています。
正確な内容をお知りになりたい方は携帯サイトかミステリーメールよりご確認されることをオススメします。


<第1回配信分あらすじ>

福鬼市のはずれにある野之上町。
珍しく夜霧が町を覆ったその日の午後9時ごろ、巡査の田中はパトロール中に真っ赤な目をした「ゴーグル男」と出会う。
ギョッとする田中を尻目にゴーグル男は霧の中に消えて行った。

その直後、町にある3つの煙草屋のうちのひとつ鉢呂屋の前を通った田中は店の中から「人が殺されている!!」との叫び声を聞く。
声の主は煙草を買いに寄ったという作詞家・実相寺。
中を覗き込んだところ、76歳の店主・鉢呂ふみ子が死んでいたという。

店のタンスから物が消えていたことからモノ盗りの犯行と思われた。
現場には他にも特徴が残されていた。

@タンスの前の廊下に、50本ものピース煙草(両切り煙草)が散乱していたこと。
これはフィルターがつかない煙草で、落ちていたものはすべて新品だった。

A凶器は置時計。
大ぶりの大理石で作った型に円形の時計を嵌め込んだもの。
時計は8時41分で止まっていた。

B死因は打撲による心臓麻痺。
凶器の底部で頭部の左側面を殴られた被害者がショック死したものと思われる。
通常ならば死に至るまでのモノではない傷だったらしい。

C死体の位置から、被害者は襲われた際に通報しようとしていたらしい。
被害者は座布団から離れていたが、電話機には触られた形跡は無かった。

D被害者の死体の下に5千円札が隠されていた。
この札の上端には黄色のマーカーでハイライトが引かれていた。
ハイライトは右端から左端までで幅は5ミリ程度。
ちなみに新札。

なお、店は六畳間と土間、奥座敷、キッチンからなり、出入り口は表のガラス戸と奥の勝手口の2つ。
勝手口には鍵がかかっていなかった。

この事件に対し、田無と砂越が捜査に乗り出した。

第一発見者・実相寺によれば―――食事の後、煙草を買いに寄ったところ、黒い服を着た男が全力で逃げ去ったと云う。
男の髪はぼさぼさで、やせ形、20代、赤いゴーグルをしていたと語った。
ゴーグル男については、実相寺はレンズが、田中は中の肌が赤かったと意見が相違したことを追記しておく。

翌々日の12日、今度は町内にあるもう一軒の煙草屋・玉地屋でも例の5千円札とゴーグル男を見たとの証言が得られた。

玉地屋の店主は81歳の円地敏子。
敏子によれば5千円札は一昨日ぐらいに手に入れたもので、その日の午後9時ごろにゴーグル男を見たと云うが―――第1回了。

……だいたいこんな感じでした。

さて、さっそく分析を。

といっても、現状では掴みかねますね……。
ゴーグル男が鉢呂ふみ子を殺害したかどうかも不明瞭ですし。

ただ、このままでは何も分からないままなので、現時点では出題意図が「フーダニット」、「鉢呂ふみ子殺害犯がゴーグル男である」と仮定して進めることとします。

この仮定に従えば「ゴーグル男の正体を突き止めることが鉢呂ふみ子殺害犯を突き止める」ことになります。
で、ゴーグル男の正体を突き止めるに当たっては次の2点が不可解。

@目撃者である田中と実相寺の証言がゴーグルについて食い違っている。
Aゴーグル男は3人に目撃されているが、そのどれもが10日の午後9時ごろ。

ここらへんがヒントになるのでしょうか?
町にあるという残りもう一軒の煙草屋もキーになりそうですね。

では、現在の登場人物の中からゴーグル男に該当する人物が居るかどうか。

鉢呂ふみ子:被害者なのであり得ない。
円地敏子:田中や実相寺はゴーグル男の全力疾走を見ているので年齢的に無理。
実相寺秀雄:田中の件があるのでゴーグル男になるのは困難。霧の助けを借りれば先回りして自演も可能か?
田無:可能。
砂越:可能。
田中修:地の文でゴーグル男との邂逅について記載されており、第3者の協力が無ければゴーグル男ではない。

今のところ、ゴーグル男になりうるのは実相寺から田無、砂越の3人か。
絞り切れそうにはありませんねぇ。

それにしても、ゴーグル男はほぼ同時刻に3人に目撃されていることからも複数いるのか気になります。
あるいは、実相寺や町ぐるみの狂言か?
この可能性もありそうだが……。

で、それ以外にも第1回から気になる点を抜粋します。
ポイントになりそうなのは被害者・鉢呂ふみ子の死亡状況。
上のあらすじでも既に述べていますが、中でも注目は次の3つ。

@タンスの前の廊下に、50本ものピース煙草(両切り煙草)が散乱していたこと。
A被害者の死体の下にハイライトの入った5千円札が隠されていたこと。
B死因は打撲による心臓麻痺。

Bは状況から犯人に殺意は無く、偶発的な犯行だったことを示しているように思えます。
残り@とAにも深い意図が隠されていそうです。

って、結局何も分かっていないなぁ……。
果たしてこの謎は配信第2回で多少は解かれるのでしょうか?

参考までに「ゴーグル男の怪」の公式HP上のあらすじとその作者・島田先生のデータをまとめてみたので推理の手掛かりにどうぞ!!

<あらすじ>

夜霧が立ち込める郊外の町。

霧の中から、顔にゴーグルをはめた不気味な男が現れる。レンズからは、爛れたような真っ赤な肌が覗いていた。そして、時代に取り残されたような煙草屋で、老女の死体が発見される。

犯人であるゴーグル男は霧の彼方に消えた。その正体は謎に包まれたまま…。
(公式HPより)


<島田先生データ>

言わずと知れた新本格の祖にして巨匠です。
「御手洗潔シリーズ」や「吉敷シリーズ」で有名。
その作品には衒学的なものが多い。

現在では自身の著作を多数発表される中で、後進育成に励まれており、「福山ミステリー文学賞」や講談社さんの「ベテラン新人プロジェクト」など多くの賞に携わっていらっしゃいます。
興味のある方は御大のお名前で当ブログ内を検索して頂ければ如何に広く活躍していらっしゃるか分かるでしょう。

そんな島田先生の代表作は「占星術殺人事件」。
そう、「金田一少年の事件簿」でトリックが用いられたアレです。
それほどの影響力を持つ方でいらっしゃいます。

作品傾向としては、基本、叙述トリックは使われない方だと思われます。
どちらかといえば、舞台設定を活かしたトリックを得意とされているようなので、今回でいえば「夜霧立ち込める郊外の街」にヒントがあるかも。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「探偵Xからの挑戦状!」公式HP(NHKさん)
http://www.nhk.or.jp/tanteix/

◆関連過去記事
【「探偵Xからの挑戦状 夏休みスペシャル〜ゴーグル男の怪〜」関連過去記事】
「探偵Xからの挑戦状 夏休みスペシャル〜ゴーグル男の怪〜」あらすじ判明!!

2011年8月5日、「探偵Xからの挑戦状!」がスペシャルで帰って来る!!その名も「探偵Xからの挑戦状 夏休みスペシャル〜ゴーグル男の怪〜」!!

「探偵Xからの挑戦状!シーズン4」制作か!?島田荘司先生ツイッターから情報が明らかに!!

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3ネタバレ批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状!「殺人は難しい」(貫井徳郎著)本放送(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「ビスケット」(北村薫著)本放送(4月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン2ネタバレ批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状! メゾン・カサブランカ(解決編) ネタバレ

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」本放送(11月5日)感想

探偵X「殺人トーナメント」最終解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」解決編ネタバレ感想(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」(11月18日)本放送ネタバレ批評(レビュー)

探偵X!「記憶のアリバイ」完全解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」解決篇(11月25日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

・シーズン1より「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)

「探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX」です!!
探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX





「綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]」です!!
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]





「安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]」です!!
安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵Xからの挑戦状! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。