2011年08月05日

【早くも真相発覚!?】探偵Xからの挑戦状!夏休み・島田荘司スペシャル「ゴーグル男の怪」推理ネタバレ批評(レビュー)

【早くも真相発覚!?】探偵Xからの挑戦状!夏休み・島田荘司スペシャル「ゴーグル男の怪」推理ネタバレ批評(レビュー)です!!

本日の推理は頂いたコメントを管理人がまとめたものです。
一部に管理人の推理もありますが、その大半がコメントにて推理を伺ううちに管理人が脱帽し、コレが解答に違いないと確信したものとなっております。
なお、この記事をまとめるにあたり、コメントを頂いた皆さんに感謝致します<(_ _)>。

本記事のもととなったコメントについては第10回ネタバレ批評(レビュー)記事にてコメントされたものです。
詳細をお知りになりたい方はそちらもご覧ください。

ちなみに、このまとめ記事については、管理人のように今すぐ解答が知りたい方、本放送を見る前に見るべきポイントを押さえたい方向けとなっております。
興味をお持ちの方は是非、続きをお読みください。
反面、解答は本放送まで取っておきたい方などにはオススメできかねますので注意!!


まず、犯人は榎木光子。
根拠は、光子がふみ子殺害犯と同じく左利きであることと鉢呂屋から消えた筈のピース缶を所持していること。
ここまでは、第10回ネタバレ批評(レビュー)と同じです。

【ほどほど推理完了!?】探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第10回配信分(8月3日配信)ネタバレ批評(レビュー)

違うのはここから。
まず、管理人は光子こそが「ゴーグル男」のオリジナルであるとしましたが、違います。
「ゴーグル男」はある理由により生まれたものであり、オリジナルは津田一郎その人です。

では、なぜ津田がゴーグル男となったのか?
つまり、公式の設問その3の解答から。
こちらは「ストレンジャー」さん、「チビ探偵」さんに教えて頂きました。
ありがとうございます(^O^)/。

注目すべきは次の6点。

@砂越が気付いた光子の家の赤色の扉。
A9日に光子が久谷に要求した新聞受けの修理。
B久谷が語ったコーポ・ヒサヤの造りは全て同じ。
C光子宅以外の扉の色はアイボリー。
D依田は9日に光子のストーカーを目撃。
Eストーカーは光子の部屋の中身に何故か詳しい。

まず@BC。
つまり、コーポ・ヒサヤの扉はすべてアイボリーの筈なのに光子の部屋だけ赤色に染まっているのです。
で、赤といえば本作で浮かぶのがゴーグル男の眼。
そして、ゴーグル男は光子のストーカー・津田でした。

ここで、Dに注目。
9日に津田が光子の部屋に現れたことになります。
ところが、この時点で依田はストーカーがゴーグル男だったかどうか知らないと述べています。
ゴーグル男はあんな目立つ格好だったのにも関わらずです。
そこで、依田に目撃された時点では津田はゴーグルをしていなかったのではとの疑問が生じます。

そしてA。
光子はストーカーを警戒していました。
その対策に新聞受けを修理するよう久谷に求めました。
つまり、ストーカーは新聞受けで何かしていたことになるのです。

で、E。
何故かストーカーは光子の部屋の内部に詳しかった。
一体、何処で中を覗き見たのでしょうか?
その答えがA。
つまり、津田は新聞受けから光子の部屋を覗いていたことが推理できます。

もう、お分かりでしょうか?
新聞受けから覗き込んだ津田、何故か赤色の光子の部屋の扉、そして、ゴーグル男の眼も赤い……。

そうです、光子は覗き込む津田に向かって赤い塗料をぶちまけたのでしょう。
塗料を浴びた津田はそれを隠す為にゴーグルを着用した。
これが9日の出来事。

だから、事件発生前の10日昼時点でゴーグル男が中華定食屋や風呂屋に出没したのです。
これこそが、設問3の解答でしょう。

そして、もう1つ。
こちらは「チビ探偵」さんに教えて頂きました。
ありがとうございます(^O^)/。

その内容は、須藤が光子を告発しようとしていた内容が「釣銭詐欺」ではないかというもの。
落語に「壺算」というものがあります。
これは壺のやりとりを通じて買い手が売り手を騙し不当に利益を得るお話です。
須藤は病室で落語を聞くほどの落語好き、「ツボ」と書くことでこの「釣銭詐欺」を伝えようとしたのではないでしょうか。
もしかすると、須藤が病室で聞いていた落語それ自体が「壺算」かもしれません。

さらに、美登里の発言もあります。
例の幽霊が現れたくだりですが、幽霊は「5千円札を使うか、1千円札を使うか悩んでいた」そうです。
これこそ、まさに「壺算」の内容に酷似しています。

おそらく、光子は釣銭詐欺の常習者でありあちこちで詐欺を繰り返していたと予想されます。
それをふみ子に気付かれた為に殺害したのでしょう。

光子が煙草屋を巡っていたことは、以前の幽霊=光子、ゴーグル男=津田ももちろんのこと。
美登里が語った「幽霊は煙草の買い方を知らないようだった」との発言と、光子が非喫煙者であることからも裏付けられるでしょう。

で、ここからが例の如く管理人の妄想になります。
マーカーつき5千円札の出処が光子だとして、そのマーカーは何処でついたのか?
光子には収入がありません、たった1箇所を除いては。

そう、棗田からの手当てです。
当然、マーカーの主は棗田なのでしょう。
だからこそ、第2の被害者となったのです。

棗田は自身の所持する現金にマーキングする癖があったのかもしれません。
あるいは光子へ渡した手当てにだけチェックをつけていたのか?

で、マーカーつき5千円札のことを知れば、光子が犯人であることも容易に知れます。
そこで、光子に殺害されたのでしょう。

つまり、第2のゴーグル男こそ津田の模倣である光子だと考えられます。
この2人目のゴーグル男については「名無し」さんや「nobody」さんも指摘されています。
ありがとうございます(^O^)/。

おそらく、これらの事実が砂越を通じて明かされていくことになるのかなと思います。
どうも、探偵役は砂越らしい感じがするので。

いよいよ、本放送まで24時間を切りました。
如何なる解答が出るか?
真相解明はもうすぐです!!

参考までに「ゴーグル男の怪」の公式HP上のあらすじとその作者・島田先生のデータをまとめてみたので推理の手掛かりにどうぞ!!

<あらすじ>

夜霧が立ち込める郊外の町。

霧の中から、顔にゴーグルをはめた不気味な男が現れる。レンズからは、爛れたような真っ赤な肌が覗いていた。そして、時代に取り残されたような煙草屋で、老女の死体が発見される。

犯人であるゴーグル男は霧の彼方に消えた。その正体は謎に包まれたまま…。
(公式HPより)


<島田先生データ>

言わずと知れた新本格の祖にして巨匠です。
「御手洗潔シリーズ」や「吉敷シリーズ」で有名。
その作品には衒学的なものが多い。

現在では自身の著作を多数発表される中で、後進育成に励まれており、「福山ミステリー文学賞」や講談社さんの「ベテラン新人プロジェクト」など多くの賞に携わっていらっしゃいます。
興味のある方は御大のお名前で当ブログ内を検索して頂ければ如何に広く活躍していらっしゃるか分かるでしょう。

そんな島田先生の代表作は「占星術殺人事件」。
そう、「金田一少年の事件簿」でトリックが用いられたアレです。
それほどの影響力を持つ方でいらっしゃいます。

作品傾向としては、基本、叙述トリックは使われない方だと思われます。
どちらかといえば、舞台設定を活かしたトリックを得意とされているようなので、今回でいえば「夜霧立ち込める郊外の街」にヒントがあるかも。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「探偵Xからの挑戦状!」公式HP(NHKさん)
http://www.nhk.or.jp/tanteix/

◆関連過去記事
【「ゴーグル男の怪」これまでのあらすじ】
探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第1回配信分(7月25日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第2回配信分(7月26日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第3回配信分(7月27日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第4回配信分(7月28日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第5回配信分(7月29日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第6回配信分(7月30日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第7回配信分(7月31日配信)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第8回配信分(8月1日配信)ネタバレ批評(レビュー)

【とりあえず犯人断定!?】探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第9回配信分(8月2日配信)ネタバレ批評(レビュー)

【ほどほど推理完了!?】探偵Xからの挑戦状!夏休みスペシャル「ゴーグル男の怪」第10回配信分(8月3日配信)ネタバレ批評(レビュー)

【「探偵Xからの挑戦状 夏休みスペシャル〜ゴーグル男の怪〜」関連過去記事】
「探偵Xからの挑戦状 夏休みスペシャル〜ゴーグル男の怪〜」あらすじ判明!!

2011年8月5日、「探偵Xからの挑戦状!」がスペシャルで帰って来る!!その名も「探偵Xからの挑戦状 夏休みスペシャル〜ゴーグル男の怪〜」!!

「探偵Xからの挑戦状!シーズン4」制作か!?島田荘司先生ツイッターから情報が明らかに!!

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3ネタバレ批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状!「殺人は難しい」(貫井徳郎著)本放送(4月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「ビスケット」(北村薫著)本放送(4月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン2ネタバレ批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状! メゾン・カサブランカ(解決編) ネタバレ

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」本放送(11月5日)感想

探偵X「殺人トーナメント」最終解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」解決編ネタバレ感想(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」(11月18日)本放送ネタバレ批評(レビュー)

探偵X!「記憶のアリバイ」完全解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」解決篇(11月25日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

・シーズン1より「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)

「探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX」です!!
探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX





「綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]」です!!
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]





「安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]」です!!
安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 探偵Xからの挑戦状! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
追加の推理です。
光子は殺すつもりはなく時計で気絶させたと思っていたのではないでしょうか?
そして老女は殴られたときに買おうとしていたピース缶とマーカー付の5000円を持っていた。殴られた拍子に缶のふたがあいて現場にタバコが散らばった。5000円札は体の下に敷かれてしまった。光子としては自分の詐欺の証拠が残ることを心配して札を探したけれども見つからず、缶だけ持ち帰った。
という推理はいかがでしょうか?
あと、時計の指紋はあとから現場に入った津田があわてて触ってしまったのでしょうね。
Posted by えふまつ at 2011年08月05日 11:24
管理人さん、完全推理おめでとうございます。壷算の話と神戸であったつり銭詐欺のことはまったく知らなかったので、私はこの推理には至りませんでした。でも、携帯配信の小説では、源が光子に贈った壷が光子の部屋の描写では出てこなかったりと、ちょっと意地悪でしたね。
あと、ゴーグル男の理由については「新聞受けからペンキをぶちまけられたのでは」とも考えたのですが、
・最近の玄関ドアは、犯罪防止のために新聞受けから部屋の中が覗けないようになっている
・津田も美大生なら、シンナーとか使えば顔に付いた塗料は落とせることは知っているだろう
・9日の夜に「新聞受けの建付けが悪い」と光子は大家を呼んでいるが、もし津田の覗き行為がきっかけで大家を呼んだのであれば、その時点でドアの内側は赤く塗られているはず。しかし大家は「まったく他の部屋と変わりなかった」と言っている
・最初の現場で、巡査は「目の周りの皮膚が赤かった」と証言しているのに対し、実相寺は「レンズが赤かった」と証言していることや、巡査の自転車を先回りして津田がタバコ屋に到着し、光子の殺人の証拠隠滅を行うだけの時間があるとは考えにくい。そうすると、両者は別人だと考えざるを得ないが、そうすると巡査が見たのは津田とは別人だということになる(※解答編でも両者は同一人物ということのようだった)
などからこの結論は否定し「源が舞台のために作ったマスクを光子と津田が両方持っていた」という結論にしてしまいました。ここはちょっと不満が残ります。あと、残り2軒のタバコ屋のオカルト的な証言も迷った理由なのですが、テレビ版ではあっさり省略されていたのも不満が残ります。あと、ピースの缶のフタは、すぐにパカッと開けられるものではなく、付属している缶切りのようなものでキコキコしなくてはならないらしく、ここもタバコの中身のみ残して缶を持ち帰ってさらにそれをペン立てに使う、という行為に対する納得がなかなか出来ませんでした。
ただ、小説では大家の利き手の描写がなかったのでモヤモヤしていたのですが、テレビ版ではなかったのでこれはスッキリしました。
今回の放送は72分版(CMなし)だったにも関わらず、映像だとかなりハイペースだった感じでした。放送のみ見てすべて見抜いた人はいなかったのではないでしょうか?
Posted by なかの at 2011年08月06日 00:19
コメントありがとうございます(^O^)/。
管理人の“俺”です!!

Re:えふまつさん

作中で詳細には語られていませんが、描写を見る限りその推理で正解のようです。

確かに、証拠となりかねないライン入りの5千円札を現場に放置したままなのは謎ですね。
持ち去らなかったのは気になります。

他にも、証拠となりかねない(実際、証拠になった)ピースを現場にばら撒いたりと光子は意外と大胆な人物のようです。
缶が必要だったとはいえ、ピースをばら撒いたのならばピース缶も残しておくべきでしたね。

ここらにもっと説明があればよかったかもしれません。
詳細知りたいですね。

Re:なかのさん

ありがとうございます……って、残念ながら完全解答ではありませんでした(泣)。
コメントを確認したときには既に解答期間が過ぎていたので間に合わなかったのです……。

疑問についてですが、幾つかは管理人でも解答できそうな気がします。

・9日の夜の件は、久家への修繕依頼が先で、その後に津田が覗きを行い塗料を吹き付けられたようです。
おそらく、光子は以前から新聞受けを疑っていたのではないでしょうか?

・10日の事件は、こんな順番だったと思われます。

光子がふみ子殺害。
光子をストーカーしていた津田が工作を行う。
そこを実相寺に目撃される、津田逃走。
逃走途中を田中巡査に目撃される。
擦れ違った巡査はそのまま実相寺を発見する。
事件発覚の流れかなぁ……。

煙草屋の証言、カットされていましたね。
おそらく、ドラマ版の現代テイストの作風に合わないと判断された為かと思われますが、携帯小説を読んでいると混乱しますね。

確かに、最近の新聞受けは防犯上の理由で返しや受けが覆うように設置されており、作中のタイプは珍しいものでしたね。

それと、ドラマ版を初見でクリア出来る人は少なそうです。

ただ、久谷の利き手の描写はドラマ版の方が優れていたように感じました。

この利き手のように。
ドラマ版は、結構、ヒント自体をきちんと盛り込んでいました。
造り自体が丁寧だったので好感が持てました。

ただ、今回いくつか推理を外しちゃっているので、リベンジの為にも、是非、次回を企画して早く放送して欲しいなぁ……。


Posted by 俺 at 2011年08月06日 02:36
ドラマ版で、光子が棗田をビンタする時、右手でビンタしてましたねー。
Posted by 通りすがり at 2011年08月10日 04:20
Re:通りすがりさん

コメントありがとうございます(^O^)/。
管理人の“俺”です!!

なんと、光子が右手でビンタしてたんですか。
棗田が相手ということは、解決編の心中を持ちかけられたシーンですよね。
全然気付きませんでした……。

しかしそうすると、光子の利き手がブレることになりますね。
咄嗟の場合にこそ利き手が出る筈なので。

これは大いなる矛盾となりそうです。
解決編パートだったことが影響したのでしょうか。
Posted by 俺 at 2011年08月12日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。