2011年08月16日

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第18話「卑劣な男」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第18話「卑劣な男」ネタバレ批評(レビュー)です!!

シャーロッキアン!1


<18話あらすじ>

亡き妻・美佐子の面影を追い続ける車教授。
苦しむ彼に、シャーロッキアン仲間であるドクターから連絡が入る。

なんでも遂に披露宴の日程が決まったらしい(第14話「青い紅玉は語る」参照)。
そこで自分たちの仲を取り持った恩人でもある愛理にも話がしたいというのだ。
そんなドクターに車はそれは出来ないと打ち明ける。
車の様子にただならぬものを感じたドクターは、直接車と会うことに。

ドクターと食事の機会を得た車は自身の抱えた想いを打ち明ける。
亡き妻・美佐子を慕っていること。
だが、愛理から想いを告げられたこと。
しかし、愛理とは教え子と教師の関係である以上、気持ちに応えるわけにはいかないこと。

すべてを聞いたドクターは車教授を「卑劣な男」だと罵る。
まるで「花婿の正体」に出て来る花婿のようだと言うのだ。

思ってもみなかった指摘を受け驚く車教授。
そんな彼にドクターは、車は教師と教え子の関係を理由にして愛理の気持ちから逃げていると告げる。
ショックを受ける車教授。

帰り道、車教授は是方と連れだって歩く愛理を見かける。
黙って見送る車。

橋の上、下を流れる川面を見詰める車教授の眼に亡き妻の姿が映る。
やがて、それは愛理へと姿を変えた。

俯き苦しむ車―――第3シーズンの19話に続く。

<感想>

第2シーズン最終話です。
第3シーズンは10月再開とのこと。

で、今回のタイトルは「卑劣な男」。
テーマは『シャーロックホームズの冒険』収録「花婿の正体」でした。
この「花婿の正体」、花嫁と養父の関係を描いた作品ですが意外な結末が待っています。
興味のある方は本記事下部にあるアマゾンさんのリンクをどうぞ!!

それと重ね合わせて車教授のことを卑劣な男としたのでしょうか?
とはいえ、あまり「花婿の正体」と今回のお話は接点は無さそうですね。
今回はちょっと厳しかったか……。

今回で良かったのは、14話に出て来たドクターの結婚話がきちんとまとまっていたこと。
2人は上手くいっていたんですね。
詳しくは過去記事をどうぞ!!

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第14話「青い紅玉は語る」ネタバレ批評(レビュー)

で、これまでにも描写があった通り、車教授も愛理のことが好きなようです。
ただし、亡き妻への想いもあり複雑な感情となっている様子。
第3シーズンでは車、愛理、是方の三角関係が描かれそうです。
最終的には車と愛理が結ばれるのでしょうが、果たしてどうなるのでしょうか?

気になる次回のエピソードとは……10月に再開される予定の19話に注目です!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・WEB漫画アクション
http://webaction.jp/

◆関連過去記事
・各話批評(レビュー)に繋がる過去記事リンクはこちらから。
「シャーロッキアン!」(池田邦彦著、漫画アクション連載)1から9話までまとめ&遂にコミックス1巻発売さる!!

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第10話「ハドスン夫人とターナー夫人」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第11話「マイクロフト・ホームズの想い」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第12話「儀式は再び(前篇)」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第13話「儀式は再び(後篇)」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第14話「青い紅玉は語る」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第15話「バリツの謎」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第16話「コナン・ドイルの挨拶(前篇)」ネタバレ批評(レビュー)

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第17話「コナン・ドイルの挨拶(後篇)」ネタバレ批評(レビュー)

2011年2月28日発売。
「シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)」です!!
シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)





「シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)」です!!
シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)





3話&4話作中で引用された「シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)」です!!
シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)





「シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)」です!!
シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)





「シャーロッキアンへの道―登山口から5合目まで」です!!
シャーロッキアンへの道―登山口から5合目まで





エラリイ・クイーンが「ジェィムズ・フィリモア氏の失踪」に挑んだ「シャーロック・ホームズの災難 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐38))」です!!
シャーロック・ホームズの災難 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐38))





「シャーロック・ホームズの災難 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐39))」です!!
シャーロック・ホームズの災難 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐39))





「日本版 シャーロック・ホームズの災難」です!!
日本版 シャーロック・ホームズの災難





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。