2011年08月12日

「第8回ミステリーズ!新人賞」最終選考結果が発表、意外な結末に……一方、第9回の募集も開始される

2011年7月31日、「第8回ミステリーズ!新人賞」の最終選考結果が発表されましたが、意外な結末となりました。

残念ながら「受賞作なし」とのことです。

「第8回ミステリーズ!新人賞」の応募総数は496作。
2011年5月18日におこなわれた第一次選考の結果、60編が通過。
その後、2011年6月21日におこなわれた第二次選考の結果、7編が最終候補に挙げられていました。

なお、「第9回ミステリーズ!新人賞」の募集が既に行われてります。
選考委員は、例年通りの桜庭一樹先生に加え、辻真先先生、貫井徳郎先生に代わり、新たに新保博久先生、法月綸太郎先生のお3方という顔ぶれとなりました。
この変更により、選考方針が大幅に変わりそうな予感がします。
さらに、2年連続「受賞作なし」との結果は考えにくいのでコレは大チャンスかも!?
特に本格系の作品が注目されそうな気がします。

興味のある方は東京創元社さん公式HPより募集要項をどうぞ!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・ミステリーズ!新人賞公式HP
http://www.tsogen.co.jp/tanpensho/index.html

◆関連過去記事
【「第8回ミステリーズ!新人賞」選考経過】
「第8回ミステリーズ!新人賞」第一次選考結果発表!!

「第8回ミステリーズ!新人賞」第二次選考結果発表!!

【「第7回ミステリーズ!新人賞」受賞作品ネタバレ書評(レビュー)】
「オーブランの少女」(深緑野分著、東京創元社刊「ミステリーズ vol.44」掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「商人の空誓文」(明神しじま著、東京創元社刊「ミステリーズ vol.44」掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「強欲な羊」(美輪和音著、東京創元社刊)

【第7回以前のものはこちら】
「第7回 ミステリーズ!新人賞」締切まで3ヶ月!!&「砂漠を渡る船の道」ネタバレ批評(レビュー)

・2008年度受賞作「砂漠を走る船の道」を収録した「叫びと祈り」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「叫びと祈り」(梓崎優著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)」です!!
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)






【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。