2011年09月14日

東野圭吾先生『使命と魂のリミット』がNHKさんでドラマ化!!

2011年9月9日に発売された新作『マスカレード・ホテル』(集英社刊)の評判も好調な東野圭吾先生。
その著作『使命と魂のリミット』(単行本は新潮社刊、文庫版は角川書店刊)がNHKさんでドラマ化されることが判明しました!!

放送日は2011年11月5日(土)、11月12日(土)の21時00分から22時13分までとのこと。

ドラマ化される『使命と魂のリミット』とは―――

<あらすじ>

十数年前のあの日、手術室で何があったのか? そして今日、手術室で何が起こるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。

笑顔で手術室に入った父は、冷たい骸となって戻って来た。誰も予想していなかった、術中死。さっきまで、あんなに元気だったのに――。それをきっかけに心臓外科医を目指した夕紀は、実は誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う!
(新潮社公式HPより)


いろいろ気になるあらすじですね。
調べたところ、手術室を襲う前代未聞の危機とは爆破予告のことのようです。

2011年9月23日追記:

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)
追加しました。リンクよりどうぞ!!

これがドラマ化されるとは目が離せない!?

そんな『使命と魂のリミット』ドラマ版。
気になるキャストは次の通り。

石原さとみさん、速水もこみちさん、吹越満さん、倉科カナさん、中尾彬さん、永島敏行さん、高島礼子さん、舘ひろしさん
(ドラマ公式ブログより)
 

キャストが豪華だ。
これは視るしかないか!!

2011年11月5日追記

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)
追加しました。リンクよりどうぞ!!

2011年11月12日追記

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)
追加しました。リンクよりどうぞ!!

キャストの際にも記載してある通り、既に公式ではドラマブログが開設されております。
興味のある方はそちらもチェック!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)

・土曜ドラマスペシャル 使命と魂のリミット 魂のスタッフブログ(その2の記事へのリンクです)
http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1320/95106.html

◆東野圭吾先生関連過去記事

【「白夜行」&「幻夜」&「夜明けの街で」映像化ニュース】
東野圭吾先生「白夜行」映画化に続き、「幻夜」がWOWOWにてドラマ化決定!!

東野圭吾さん原作「白夜行」日本版映画化決定!!

東野圭吾先生原作「夜明けの街で」が2011年映画化、キャストは近日公開!?

遂に加賀恭一郎が映画に!!「麒麟の翼」映画化発表!!

フジテレビにて、東野圭吾先生「11文字の殺人」&「ブルータスの心臓」&「回廊亭殺人事件」の3作がドラマ化!!

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「犯人のいない殺人の夜」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

ドラマ化される「使命と魂のリミット (角川文庫)」です!!
使命と魂のリミット (角川文庫)





2011年9月9日発売「マスカレード・ホテル」です!!
マスカレード・ホテル





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^^
私は今日知ってビックリしました〜
まだ原作を読んだことがないので
楽しみです。
それでは〜
Posted by そう at 2011年09月19日 20:28
Re:そうさん

こんばんわ、管理人の“俺”です(^O^)/。

管理人は上記のあらすじが気になったので、早速読んでみました。
これが中々イイ!!

作品としてはちょっと小さくまとまった感がありますが、面白かった。
是非、ドラマの前に一読されることをオススメ致します。

『使命と魂のリミット』のドラマ化。
原作通りだとしたら、かなり楽しみですね。
Posted by 俺 at 2011年09月19日 23:04
アマゾンで買った本が届いたので
これから読むところです(^^

結構いい感じなんですね〜

楽しみです。
Posted by そう at 2011年09月21日 14:04
Re:そうさん

管理人の“俺”です(^O^)/。

『使命と魂のリミット』は、書評(レビュー)にも書いてある通りなかなかオススメな作品です。

ぜひ、読んだ感想を聞かせて下さいね〜〜〜(^O^)/。
Posted by 俺 at 2011年09月23日 00:36
俺さん お久しぶりです^^

小説読んだ感想遅くなりました(汗

かなり面白かったです!
ラストの真相が感動的で泣いてしまいました。。。

先日の夜明けの街ではかなりガッカリでしたが
NHKのドラマ楽しみです!

それでは。
Posted by そう@東野圭吾ファン at 2011年11月03日 19:20
Re:そう@東野圭吾ファンさん

こちらこそお久しぶりです。
管理人の“俺”です(^O^)/。

ラストの真相、良かったですよね。
この物語は、西園と夕紀の関係性がメインだと思います。
その点、ドラマもかなり良かった!!
後編も期待大!!
Posted by 俺 at 2011年11月05日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。