2011年10月08日

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

明子は急にまとまった休みが取れることになったため、婚約者の春彦と温泉旅行に行くことになった。明子が知人のフリーライターの親王寺由加子(中山忍)と相談したところ、旅館のモニターになり、アンケート用紙に書き込めば雑誌社が宿泊費を半額負担してくれるというのだ。
ロビーで明子が由加子と久しぶりに顔を合わせ、旧交を温めていると、由加子がその場に居合わせた仲居の存在に気付く。由加子は「美知子?」と声をかけるが、美知子(安達祐実)は「お客様は私をご存じなんですか?」といぶかる。実は、美知子は由加子の妹だが、どうやら記憶喪失のようだ。由加子は、美知子が記憶喪失だとうそをついて、半年前のことをごまかそうとしているのだと決めつけ、憤然と立ち去る。
由加子と仕事をしている出版社の野上(池田努)によると、半年前、美知子が姉の由加子の婚約者の桐村祐太(菊池健一郎)を奪い、その後、桐村は自殺をしてしまった。美知子も桐村が自殺した日に行方不明になってしまった。
旅行の後、野上から明子に由加子の婚約者だった桐村について相談したいことがあると石原葬儀社に電話が入る。翌日、待ち合わせの神社に明子が行くと、野上が腹部から血を流して死んでいた。京都府警警部の狩矢(若林豪)が現場に到着する。鑑識課の野村(山口竜央)が狩矢に野上のズボンの裾に松の葉が付着していることを報告する。
野上の葬式が行われている葬祭場で、明子は京洛繊維の加津山(田中幸太朗)と華道家の麻里子(持田真樹)と出会う。由加子が加津山に美知子が見つかったことを伝えると、加津山は驚く。狩矢警部も葬式に立ち会っており。明子は野上のズボンの裾に付着していた松の葉が天然記念物に指定されている善峰寺の遊龍松のDNAと一致したことを聞く。また、野上は京洛繊維の社員である桐村の飛び降り自殺について調べていたようだ。由加子によると、野上に桐村から自殺する前日に由加子に渡す結婚指輪を買いたいのだが、良い店を知らないかと電話がかかってきたという。
野上が明子に相談したかった由加子の婚約者・桐村のこととは何だったのか。明子と晴彦は、野上が亡くなる前にやってきた、遊龍松がある善峰寺を訪れる。
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

美知子が何者かに襲われた為に記憶を無くしていたことが分かる。
どうも、桐山も同じ犯人に襲われて命を落としたらしい。

野上に続き、加津山も殺害される。
実は美知子は失踪前から加津山と交際していた。
それが何故、桐山と交際していたことになったのか?

加津山が死の直前まである写真を調べていたことが判明。
その写真には美知子と思しき女性の後ろ姿と桐村が撮影されていたが……。
この写真が由加子のもとに届いたために桐村と美知子が交際していたと由加子は思っていた。

明子は由加子に改めてその写真を見せる。
すると、意外な言葉が由加子の口から発せられることに。

写真の女性は美知子ではないと言うのだ。
美知子は金属アレルギー、にも関わらず写真の女性はアクセサリーを身に着けていた。
つまり、服装こそ美知子の物だが中身は別人となるが……これは一体!?

事件を通じ、美知子の記憶が回復していたことが判明。
しかも、美知子の勤めるホテルのロビーに飾られていた花が「花江マリア」の手によるものと分かる。
マリアは山城麻里子の別名。
ホテルのオーナーによると、半年ほど前に記憶を無くしていた美知子を保護したのと同じ頃、麻里子が飛び込みで現れ、花を生けさせてくれと頼み込んだらしい。
以来、週一回のペースでやって来ているとのことだった。

麻里子は美知子を知っていた。
だが、麻里子は美知子の存在を他の誰にも明かしていなかった。
麻里子には何か秘密がある……明子の推理が冴える。

麻里子の父は山城誠一。
過去に保険金目的の殺人事件を起こしたと疑われ病死していた。
父の疑惑により、麻里子と妹のエミは世間から白眼視されることに。
それに耐え切れなくなったエミは自殺していた。

麻里子を訪ねる明子。
そこで剣山直しを目撃した明子は驚く。
なぜなら、それは記憶を無くした美知子が所持していた唯一の品とそっくりだったからだ。
麻里子によれば、美知子は華道教室の生徒だったので当然だと言う。

ここで、由加子と美知子の父がジャーナリストだったことを思い出す明子。
もしや、麻里子の父の事件にも2人の父が関わっていたのでは……。

由加子に確認すると、2人の父が記事にしたことが麻里子の父の疑惑の発端となっていた。

明子は記事が原因で父と妹を失った麻里子の復讐だと推理するが、由加子は麻里子を信じると言い切る。
由加子によればあんな綺麗な花を生ける人が犯人のワケがないと言うのだ。

そこで、ハッと何かに気付く明子。
ホテルのロビーや、由加子宅に飾られた麻里子の生け花。
そこには白薔薇、鬼百合、アザミが飾られていた。
その花言葉は“復讐”。
やはり、犯人は麻里子だったのだ。

野上や加津山は花や写真から麻里子の犯行に気付いた為に殺害されたのだ。
例の写真の美知子になりすました女性も麻里子。
つまり、桐山を殺し美知子を襲い記憶喪失に追い込んだのも麻里子となる。

明子は美知子が記憶を取り戻し、麻里子と対決するつもりだと気付く。
美知子が危ない!!
明子たちは美知子のもとへと急ぐ。

その頃、麻里子と美知子は2人で話し合っていた。

責め立てる美知子に逆上する麻里子。

由加子の父が記事にした麻里子の父の疑惑は冤罪だった。
後に真犯人が捕まり、無実は証明されていたのだ。
だが、そのときには父も妹も麻里子は失っていた。

しかも、麻里子は過去に結婚まで漕ぎつけていたが、相手の男性に父親のことを持ち出され破談になっていた。
結婚式場のキャンセルをすべく足を運んだところ、そこで幸せそうな桐山と由加子を見かけ復讐する気になったらしい。
すべてはそこから始まったのだ。

だが、「証拠がない限り自分を裁けはしない」と嘲笑う麻里子。

美知子は麻里子の前で刃物を持ち出す。
これまで麻里子に苦しめられてきた人たちの仇を討つと述べる美知子。
そのまま、麻里子の懐へと飛び込むが……倒れ込んだのは美知子。
麻里子の手にはいつの間にか美知子のナイフが握られていた。

そこへ駆け付けた明子たち。
こうして、美知子を刺した罪で麻里子は拘束される。
美知子は自身を麻里子に傷つけさせることで、麻里子の逃げ道を塞いだのだ。

麻里子の罪は立証されるのだろうか?

美知子は入院したものの命に別条はない。
由加子とも和解したようだ。

そして、明子は日常へ戻ることに―――エンド。

<感想>

片平なぎささん主演による赤い霊柩車シリーズ第28弾。
シリーズ前作はこちら。

・赤い霊柩車シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

第28弾となった今回の原作は、山村美紗先生「京都・金沢殺人事件」。

「京都・金沢殺人事件」とは―――

<あらすじ>

雑誌記者の中山由加子は大学時代に親友の松原美加子に恋人の桐村を奪われ、その数カ月後、桐村は不慮の事故死を遂げた。果たして事故は偶然だったのか。美知子への疑脇が渦巻くなか事件の鍵を握る野上が金沢で失踪、嵯峨野の竹林で遺体で発見された。二つの古都を舞台に愛と殺意が交錯する傑作長篇ミステリー。
(アマゾンドットコムさんより)


原作だと由加子が主人公だったようですね。
果たして、ドラマ版の出来は如何に!?

では、ドラマ版感想。

麻里子にも同情すべき点はあるのですが、桐山と野上と加津山を殺害しちゃってるから罪深いなぁ……。
復讐と言うならこの3人は殺しちゃ駄目でしょ。
この時点で大義は失われてるし……。

何より、まず父が冤罪だったことを由加子と美知子に伝えるべきではないでしょうか?
でないと、何故、復讐されるのか相手に伝わらないし謝罪を求められないでしょうに。
こうなると、麻里子は父と妹の復讐よりは個人的な恨みが中心だったことになるのかなぁ……。

それと、「花言葉」で相手に「復讐」を伝えているのに、それに気付かれたからって野上を殺すのは酷い。
だったら、花言葉で伝えない方がいいでしょ。
ここらへんが麻里子の微妙な心理を表現していた……ようには感じられず、矛盾点に思えてなりませんでした。

やっぱり、復讐と言うならば大義を見失ってはいけないような気がする。
その為にも、まずは由加子と美知子の父の誤報を暴いた方が良かったのでは?
どうにも、麻里子の犯行には納得いかないなぁ……。

う〜〜〜ん、そればかりが気になってしまいました……。

◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
・狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・その他
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

<キャスト>

片平なぎさ
神田正輝
若林 豪
大村 崑
山村紅葉
安達祐実
中山 忍
持田真樹
田中幸太朗
松永博史
池田 努 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


ドラマ原作「京都・金沢殺人事件 (文春文庫)」です!!
京都・金沢殺人事件 (文春文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。