2011年09月22日

第2回「島田荘司推理小説賞」決定!!

国の枠を越えたミステリを発掘するために創設された「島田荘司推理小説賞」。
その第2回の結果が発表されました。

受賞作は、陳浩基先生「遺忘・刑警(邦訳:忘れた刑事)」に決まったそうです!!

受賞、おめでとうございます!!

受賞作は台湾、中国、日本、タイ、イタリア、マレーシアにて翻訳出版される予定とのこと。

「島田荘司推理小説賞」については、第1回受賞作『虚擬街頭漂流記』(寵物先生、ミスターベッツ著、玉田誠訳、文藝春秋社刊)をネタバレ書評(レビュー)にて取り上げていますね。

虚擬街頭漂流記1
「『虚擬街頭漂流記』表紙」


「虚擬街頭漂流記」(寵物先生、ミスターベッツ著、玉田誠訳、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚擬街頭漂流記』はかなり面白かったので、本作『遺忘・刑警』にも期待です!!

第1回受賞作『虚擬街頭漂流記』です!!
虚擬街頭漂流記





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。