2011年10月14日

第2回山田風太郎賞候補作発表される!!

角川書店さんが主催する第2回山田風太郎賞候補作が発表されました。

候補作は次の通り。

【候補作】(著者、書名、出版社名の順)

有川浩『県庁おもてなし課』(角川書店)
曽根圭介『藁にもすがる獣たち』(講談社)
高野和明『ジェノサイド』(角川書店)
辻村深月『水底フェスタ』(文藝春秋)
樋口毅宏『民宿雪国』(祥伝社)
真山仁『コラプティオ』(文藝春秋)
(著者五十音順、敬称略)


結果発表は、2011年10月21日(金)!!
果たして第2回受賞作はどの作品か、注目です!!

ちなみに第1回山田風太郎賞受賞作は貴志祐介先生『悪の教典』でした。
『悪の教典』は、この年のミステリランキングを席巻。
第2回の受賞作についても、大活躍が見込めるかも……。

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・第1回山田風太郎賞公式HP
http://www.kadokawa.co.jp/award/yamada/

◆関連過去記事
第1回山田風太郎賞受賞作決まる!!栄冠は貴志祐介先生に

第1回山田風太郎賞候補作品決まる。選考会は10月29日!!

第1回受賞作「悪の教典 上」です!!
悪の教典 上





同じく「悪の教典 下」です!!
悪の教典 下





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。