2011年11月11日

Xbox360に注目作登場か!?その名は「インスタントブレイン」!!

これまで、管理人は「ミステリゲームは携帯機にこそ名作が出る」との自説を展開し続けて来ました。
事実、携帯ゲーム機からは多くのミステリゲームが発売されています。

では、固定機には名作が一切ないのでしょうか?

これまで注目してこなかった固定機のミステリゲーム……。
そこに「これは面白いかも!?」と思わせるゲームが現れました。

その名は「インスタントブレイン」!!

<あらすじ>

主人公『原滝ゼンヤ(ばらたきぜんや)』は、東京の下町の雑居ビルに住む万年金欠病のしがない芸能カメラマン。
『並みの人間には撮れないスクープをモノにする伝説のルポライター』と呼ばれるパパラッチだ。
彼は、6年より以前の記憶を全て失くしており、6年前に目覚めたとき手にしていたインスタントカメラ
通称『エクスポージャー』と呼ばれるカメラの持つ『秘密の能力』を使い、数々のスクープをものにしてきた。

――その秘密とは、人や物が持つ『過去の記憶』を撮影することができるというものだった……

ひょんなきっかけで依頼された『トップアイドルの黒いウワサ』を調べていくうち、
彼は自分の失った記憶と、芸能界の闇に葬られた過去の事件に纏わる
巨大な陰謀に巻き込まれていく……
(アマゾンドットコムさんより)


過去の記憶を撮影できるとのがキモのようですね。
となると、時系列トリックが盛り込まれていそう。
時系列のシャッフルは記憶関係とも相性がいいですからね。

結構、本格っぽい!?

ちなみに、本作にはおまけがついています。
あのシューティングの名作『怒首領蜂』と『NIN2JUMP』を遊べるとのこと。

果たして「インスタントブレイン」は名作の仲間入りを果たすのか?
注目です!!

「インスタントブレイン (初回限定版)」です!!
インスタントブレイン (初回限定版)





「インスタントブレイン (通常版)」です!!
インスタントブレイン (通常版)





【関連する記事】
posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。