2011年11月13日

宮部みゆき先生『ステップファザー・ステップ』(講談社刊)がTBSにてドラマ化か!?

宮部みゆき先生『ステップファザー・ステップ』(講談社刊)がTBSにてドラマ化されるとの情報がネット上を駆け回っています。

『ステップファザー・ステップ』とは―――

<あらすじ>

中学1年生の双子、直と哲の兄弟が住む家に落っこちてきたのは、なんとプロの泥棒だった。双子に助けられた泥棒は、なぜか一緒に暮らし始めることになった。困惑する泥棒をよそに、まるで父子のような(!?)家庭生活がスタートする。その3人のまわりで次々と起こる6つの事件。宮部みゆきがお贈りする、大傑作!
(講談社公式HPより)


2011年11月18日追記

『ステップファザー・ステップ』(宮部みゆき著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)
追加しました。リンクよりどうぞ!!

2012年1月9日追記

ステップファザー・ステップ「宮部みゆき原作ステップファザー・ステップ 大ベストセラー解禁!!泥棒が双子のパパに!?笑える!泣ける!ニセモノ親子の本物の絆…!!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)追加しました。

お分かりの通り、ハートウォーミングな作品です。
2008年に発売された新装版ではカバーイラストを「鋼の錬金術士」で知られる荒川弘先生が担当されています。

情報によれば、泥棒役を上川隆也さんが演じるとのこと。
そして、放送枠はTBS系列月曜20時とのこと。

そうです、月曜ゴールデンの前……つまり、「ハンチョウ」や「水戸黄門」の枠ですね。
これは思い切った改革になるか?

今後の情報に要注目!!

◆宮部みゆき先生関連過去記事

【書評】
「魔術はささやく」(宮部みゆき著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「パーフェクト・ブルー」(宮部みゆき著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「燔祭(鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまでより)」&「クロスファイア(上・下巻)」(宮部みゆき著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『火車』(宮部みゆき著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ批評(レビュー)】
金曜プレステージ「3週連続・罪と女とミステリー最終夜!宮部みゆきスペシャル 魔術はささやく〜大ヒット原作が今蘇る!大罪を犯した女を襲う復讐地獄…死の着信が私を今日殺す!姿なき悪魔は誰?」(9月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「火車 宮部みゆき作 東京〜伊勢〜大阪…死体なき連続殺人の謎に挑む!名前も顔も捨て1000キロを逃げる美女!!“このミステリーがすごい!”過去20年間のNo.1小説完全映像化!借金地獄に堕ちたOL衝撃の結末」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
宮部みゆきさんの「パーフェクト・ブルー」ドラマ化!!

宮部みゆきさん「パーフェクト・ブルー」ドラマ化・続報!!

宮部みゆき原作「パーフェクト・ブルー」ドラマ版が劇場公開決定!!

映画「パーフェクト・ブルー」2010年11月24日DVD発売決定!!

柳家花緑さん、宮部みゆき先生「我らが隣人の犯罪」を演ずる!!

宮部みゆき先生新作「ペテロの葬列」が岐阜新聞で6月21日より連載開始!!

宮部みゆき先生「火車」が韓国で映画化!!

「ステップファザー・ステップ (講談社文庫)」です!!
ステップファザー・ステップ (講談社文庫)





「ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)」です!!
ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。