2011年11月18日

「シャーロッキアン!」第22話「アイリーン・アドラーの光と影」(双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「シャーロッキアン!」第22話「アイリーン・アドラーの光と影」(双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

シャーロッキアン!1


<22話あらすじ>

前話にて亡き妻との想い出に整理をつけた車。
愛理に自分の気持ちを伝えようとするが、なかなかタイミングが合わず上手くいかない。

一方、当の愛理。
街を歩いていた際に、高校時代の同級生・山本サキに声をかけられる。
そのまま、喫茶店へと入る2人。
そんな2人を影から監視する目があった……。

サキと会話する愛理だが、もともとサキとはそんなに親しくない。
教室で2人きりだった際に2言、3言、言葉を交わしたぐらいだった。
気まずい愛理も気に留めず、サキは高校時代と今の自分は変わったと主張。
煙草も嫌いだし、働いても居ないと近況を口にする。
ますます困惑する愛理を置いて、そのまま帰ってしまうサキ。

数日後、講義を終えた車教授。
参加していた学生の中に愛理を見つけた彼は声をかけようとするが、他の学生の質問と重なり失敗してしまう。

教室を出た愛理に近付く怪しい男。
男は愛理を引き留めようとする。
彼は愛理とサキを監視していた男だった。
身の危険を感じた愛理、そこへ駆け付けたのは―――是方だった。
騒ぎを聞きつけた車教授も現れ、とりあえず車の研究室で男の話を聞くことに。

男の名前は渡辺。
探偵社の人間だと言う。
サキの行方について教えてくれと言うのだ。
サキと親しくない愛理は「知らない」と正直に伝えるが渡辺は信用しない。

渡辺によれば、サキはとある旧家の息子と恋愛関係にあった。
結局、2人は上手くいかず別れたらしい。
その後、旧家の息子に縁談話が持ち上がり、息子の両親が過去を清算する為に渡辺を雇ったのだった。

渡辺によれば、サキと息子の交際の証拠となるのは1枚の写真、ただ1つ。
それさえ返してくれれば問題ないと語る。
先方によれば「100万円で買いたい」とすら言っているとのことだった。

これを聞いた車教授は『ボヘミアの醜聞』を思い出す。
ホームズが特別視するアイリーン・アドラーが登場するあのエピソードだ。

高貴な方から写真の奪取の依頼を受けたホームズ。
だが、アイリーンは最終的に身を守る為の用心として写真を持ったまま姿を消した。
ホームズが仕事を失敗した珍しいケースの1つである。

アイリーンをホームズが意識した女性として特別視する車教授。
一方、是方はどこか苦い顔だが……。

結局、渡辺には今後の構内への出入り禁止を言い渡して追い出す車。
さて……と愛理に向き直ろうとするが、是方が愛理を連れて帰ってしまう。
肩を落とす車。

逃げるように外へ出た是方に愛理は事情を尋ねる。
是方の返事は意外なものだった―――。
「アイリーン・アドラーは教授の言うように特別な人では無い」と告げたのだ―――23話に続く。

<感想>

激動の第3シーズン4話目です。

車教授、前回を受けて愛理に告白しようとするものの上手くいかない様子ですね。
そして、是方の先制パンチが炸裂です!!

サキとアイリーン・アドラーを重ねる車教授ですが、是方によれば「そんな女性では無い」と否定的。
どういうワケでしょうか?

原典では、アイリーン・アドラーは後に弁護士であるゴドフリー・ノートンと結婚しています。
『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』では、ホームズとアイリーンとの間に男児が生まれています。
一説によれば、アイリーン・アドラー=ハドスン夫人と同一人物との説もあるとか。

今回はどの説に基づくのでしょうか?
本作「シャーロッキアン!」では『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』からの引用も多いのでそこから用いられるかもしれませんね。
ひょっとすると、例の高貴な人物の子供をアイリーンが生んでいたとの説が展開されるのかも……。

実際、今回のサキは煙草を嫌い、仕事をしていません。
これは妊娠している為ではないでしょうか?

おそらく、サキは旧家の息子の子供を妊娠している可能性が高い。
となると、是方の考えでは「今姿を隠しているのは目先の100万円よりも、子供を産んで相続分や養育費を狙っているからだ」となるのでしょうか。

問題はこれが事実かどうか?
基本「シャーロッキアン!」はハートウォーミングな物語ですが、サキに関してはかなり軽い女性として描かれています。
急に愛理に声をかけて来たことも怪しいと言えば、怪しい。

是方の想像(現時点では管理人の推測ですが……)が当っている可能性もある。

ですがどうも物語のカラーに合わない。
車と愛理が向き合う為にも何か欲しいことも併せると、次の可能性も成り立つ。

是方、サキ妊娠による財産狙い説を提唱。
愛理、ショックを受ける。
車、是方とは別の説(サキは愛した人の子供を1人で育てる気だ、など)を提唱。
愛理、サキを捜し出す。
見つけた場所はサキとお腹の子供の父親の想い出の地。
やはり、サキは子供を愛していた。
決してお金だけでは無かったのだ―――エンド。

とのストーリー展開。
ありそうだなぁ……車教授の名誉挽回も必要なのでこっちの方がありそう。
お金目当てなら、煙草による子供の健康状況に気を使う筈もない。
やはり、こちらの方かなぁ……。

果たして、管理人の予測は当るのか?
気になる次回のエピソードとは……23話に注目です!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・WEB漫画アクション
http://webaction.jp/

◆関連過去記事
・各話(1話から18話)批評(レビュー)に繋がる過去記事リンクはこちらから。
「シャーロッキアン!」(池田邦彦著、漫画アクション連載)1から18話までまとめ

双葉社刊「漫画アクション」連載「シャーロッキアン!」第19話「ベイカー街の子犬」ネタバレ批評(レビュー)

「シャーロッキアン!」第20話「悲しい符合(前編)」(双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「シャーロッキアン!」第21話「悲しい符合(後編)」(双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

2011年2月28日発売。
「シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)」です!!
シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)





「シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)」です!!
シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)





3話&4話作中で引用された「シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)」です!!
シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)





「シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)」です!!
シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)





「シャーロッキアンへの道―登山口から5合目まで」です!!
シャーロッキアンへの道―登山口から5合目まで





エラリイ・クイーンが「ジェィムズ・フィリモア氏の失踪」に挑んだ「シャーロック・ホームズの災難 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐38))」です!!
シャーロック・ホームズの災難 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐38))





「シャーロック・ホームズの災難 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐39))」です!!
シャーロック・ホームズの災難 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 2‐39))





「日本版 シャーロック・ホームズの災難」です!!
日本版 シャーロック・ホームズの災難



【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック