2011年12月02日

【2011速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2011」発表!!

「週刊文春ミステリーベスト10 2011」が発表されました!!

◆「週刊文春ミステリーベスト10 2011

各タイトルのリンクは「ネタバレ書評(レビュー)」に繋がっています。

順位国内海外
ジェノサイド二流小説家
折れた竜骨犯罪
開かせていただき光栄ですエージェント6
マスカレード・ホテル007 白紙委任状
絆回廊 新宿鮫Xブラッド・ブラザー
ユリゴコロ背後の足音
麒麟の翼サトリ
メルカトルかく語りき忘れられた花園
真夏の方程式探偵術マニュアル
10転迷 隠蔽捜査4アンダー・ザ・ドーム


国内編1位は高野和明先生『ジェノサイド』に。
ネット上では『このミス 2012』でも1位との噂。
ちなみに『ジェノサイド』、『早ミス(ミステリが読みたいのこと、以下「早ミス」と表記)』では4位です。
そして、去年の『悪の教典』同様に「山田風太郎賞」受賞作。
そういえば、去年の「週刊文春ミステリーベスト10」の1位も『悪の教典』でした。
そのうち、「山田風太郎賞」受賞作が1位とのジンクスが出来そう。

第2回山田風太郎賞受賞作決まる!!高野和明先生『ジェノサイド』に!!

第1回山田風太郎賞受賞作決まる!!栄冠は貴志祐介先生に

2位は「古典部シリーズ」アニメ化で勢いに乗る米澤穂信先生『折れた竜骨』。
こちらは『早ミス』1位。
『このミス』でも上位確定との専らの噂。
まずは『本格ミステリ ベスト10』で1位をとるか?

【緊急速報】「古典部シリーズ」アニメ化か?京アニさんが『氷菓』をアニメ化すると発表!!

3位には『早ミス』でも3位だった皆川博子先生『開かせていただき光栄です』がランクイン。
『ジェノサイド』、『折れた竜骨』同様にこちらも上位は確定との噂。

4位は東野圭吾先生『マスカレード・ホテル』。
2011年が作家生活25周年となった東野先生。
他の2作、映画化される「加賀シリーズ」最新作『麒麟の翼』、「ガリレオシリーズ」最新作『真夏の方程式』はそれぞれ7位と9位に。
10位以内に3作ランクインの快挙を達成。
管理人的にもこの3作の順序は妥当との印象。
ただ『真夏の方程式』はもう少し低くても不思議では無かった。
ちなみに「人気作品ランキング」中間結果が発表されています。

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

5位は大沢在昌先生『絆回廊 新宿鮫X』。
「新宿鮫シリーズ」の最新刊です。

6位は沼田まほかる先生『ユリゴコロ』。
沼田先生は出版社側からではなく、書店側からプッシュしている作家さん。
2012年にブレイクあるかも……。

8位は麻耶雄嵩先生『メルカトルかく語りき』。
驚愕のテーマで統一された短編集がランクインしました。
『早ミス』2位でしたが、こちらでは8位に。
『本格ミステリ ベスト10』では『折れた竜骨』との一騎討ちが予想されますが果たして!?

どうも『ジェノサイド』、『折れた竜骨』、『開かせていただき光栄です』、『メルカトルかく語りき』が4強と呼べそうです。

10位には「ハンチョウシリーズ」で知られる今野敏先生「隠蔽捜査シリーズ」最新刊『転迷 隠蔽捜査4』。

ここからは11位から20位までで気になった作品を。

11位には長沢樹先生『消失グラデーション』。
「第31回横溝正史大賞」受賞の新鋭がランクインです。
管理人的にも2011年作品ではイチオシ。
今後の飛躍に期待できる作家さんとの印象ですが、次回作が試金石となりそう。

「第31回横溝正史ミステリ大賞」決定!!大賞は眼鏡もじゅ先生「リストカット/グラデーション」に!!

13位には奥泉光先生『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』。
「桑潟幸一シリーズ」の最新作です。
2010年度に高く評価された『シューマンの指』に比べると幾分小ぶりに感じられますが、この順位は流石の貫録。

奥泉光先生「朝日新聞」にて取り上げられる!!

「このミス!2011」5位の「シューマンの指」が音楽CDに!!さらに著者である奥泉先生がコンサートを!?

14位には第3回「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」受賞作である深木章子先生『鬼畜の家』。
『早ミス』でも13位でした。
確実に20位以内を押さえていますね。
管理人的には同時受賞の『檻の中の少女』を評価しているのですが……。

15位は『本日は大安なり』のドラマ化も決まった辻村深月先生『オーダーメイド殺人クラブ』。
『早ミス』では7位。
気になったので読んでみましたが、本当に「ボーイ・ミーツ・ガール」でした。

16位には深水黎一郎先生『人間の尊厳と八〇〇メートル』。
「第64回日本推理作家協会賞」受賞作である表題作を含む短編集。
表題作は間違いなく傑作。個人的にはもっと評価されてもよい作品。

第64回日本推理作家協会賞発表!!

『蜜月旅行 LUNE DE MIEL』(深水黎一郎著、東京創元社刊『人間の尊厳と八〇〇メートル』収録)ネタバレ書評(レビュー)

17位は歌野晶午先生『春から夏、やがて冬』がランクイン。
『密室殺人ゲーム・マニアックス』は……ランクインせず。

「密室殺人ゲーム・マニアックス(前編)」(歌野晶午著、メフィスト2010 vol3収録)ネタバレ書評(レビュー)

「密室殺人ゲーム・マニアックス(後編)」(歌野晶午著、講談社刊、メフィスト2011 vol1収録)ネタバレ書評(レビュー)

18位は三上延先生『ビブリア古書堂の事件手帳』。
唯一のメディアワークス文庫作品です。
ネット上でも物凄く評価が高く、雑誌でも特集が組まれたほどの作品。
本作はシリーズ1作目で、シリーズ2作目が既に刊行されています。

19位には2010年を『悪の教典』で席巻した貴志祐介先生『鍵のかかった部屋』。
物理トリックとしてなかなかの作品が並びます。

そして、海外。

驚くべきことに1位、2位が『早ミス』と同じ作品。
それだけ完成度が高いということか。

1位は『二流小説家』。
これで『早ミス』に続き2冠達成。
3冠達成なるか?

2位は『犯罪』。
こちらも『早ミス』と同じ評価。

一方、『IN★POCKET』で1位だった『背後の足音』はこちらでは6位。
『早ミス』の4位からさらに順位を下げた。
そして、『早ミス』3位の『サトリ』は7位に。

逆に『早ミス』で順位を下げていた『エージェント6』は3位へと浮上(『IN★POCKET』2位→『早ミス』5位→『文春』3位)。
『エージェント6』と同じく『早ミス』で順位を下げた『ブラッド・ブラザー』も5位に(『IN★POCKET』4位→『早ミス』6位→『文春』5位)。

海外は比較的10位以内は固定された感じか。
注目は『二流小説家』。
果たして3冠なるか!?

以上、速報でした。

◆関連過去記事
【2011年のランキングはこちら】
【2011速報】「ミステリが読みたい2012年版」発表!!

【2011速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2011」発表!!

【それ以前のものはこちら】
2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

【速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2010」発表!!

「週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊」です!!
週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。