2011年12月07日

大倉崇裕先生『白戸修の事件簿』シリーズ(双葉社刊)がドラマ化!!

『福家警部補』シリーズ(東京創元社刊)で知られる大倉崇裕先生が著した『白戸修の事件簿』シリーズ(双葉社刊)がドラマ化されるそうです。

・ドラマ原作『白戸修の事件簿』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『白戸修の事件簿』(大倉崇裕著、双葉社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・続編『白戸修の狼狽』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『白戸修の狼狽』(大倉崇裕著、双葉社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ドラマ化されるのは『白戸修の事件簿』『白戸修の狼狽』の2冊。

<あらすじ>

・『白戸修の事件簿』あらすじ

どこにでもいる善良な大学生・白戸修にとって東京の中野は鬼門である。殺人の容疑者が飛び込んで来たり、ピンチヒッターで行ったバイトが違法だったり、銀行で強盗に銃を突きつけられたり…。だが次々に事件を解決する彼を人は「巻き込まれ探偵」「お人好し探偵」と呼ぶようになる。小説推理新人賞受賞作を含む、ちょっと心が優しくなれる癒し系ミステリー。

・『白戸修の狼狽』あらすじ

社会人になったばかりの白戸修。アルバイト先や、落とし物を拾ったところで事件に巻き込まれる。人の頼みを断れない、困っている人を見過ごせない、そんなお人好し青年だけど、いつの間にか事件を解決。サクッと読めてクスッと笑える癒し系ミステリー。
(アマゾンドットコムさんより)


気になるキャストは、白戸修役に千葉雄大さん、黒崎仁志役に本郷奏多さんとのこと。
黒崎はドラマのオリジナルキャラですね。
原作で出て来た覚えが無いし。

大倉先生著作のドラマ化は、NHKさんで永作博美さん主演で2009年にドラマ化された『福家警部補シリーズ』の『オッカムの剃刀』以来のこと。
大倉先生の作品はどれもかなりのハイレベル。
これはドラマも期待して良いのではないでしょうか。

「白戸修の事件簿(双葉文庫)」です!!
白戸修の事件簿(双葉文庫)





「白戸修の狼狽」です!!
白戸修の狼狽



【関連する記事】
posted by 俺 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック