2011年12月05日

メルカトル鮎シリーズ新章突入!?タイトルは『メルカトル鮎 悪人狩り』に!!

2011年に新作『メルカトルかく語りき』(麻耶雄嵩著、講談社刊)が出た「メルカトル鮎シリーズ」に早くも新展開があるそうです。

今冬発売予定のメフィストにて新シリーズが開始されるとのこと。
そのタイトルこそが『メルカトル鮎 悪人狩り』!!

え……悪人狩り、だと……!?

このタイトルだと当のメルカトル鮎こそがもっとも危険な男のような気がしますが「毒をもって毒を制す」となるのでしょうか。

一体、メルカトル鮎がどんな活躍を示すのか?
メルカトルマニアは注視せよ!!

◆関連過去記事

【メルカトルと美袋シリーズ】
「メルカトルかく語りき」(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「メフィスト 2010 VOL.1」より「メルカトルかく語りき 第二篇 九州旅行」(講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「メフィスト 2010 VOL.3」より「メルカトルかく語りき 最終篇 収束」(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
「貴族探偵」(集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「隻眼の少女」(麻耶雄嵩著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

話題の新作「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」収録シナリオが明らかに!!

オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

2011年5月10日発売「メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)」です!!
メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)





「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)」です!!
翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)





「メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)」です!!
メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)





コミック版メルカトル鮎はこちら。
「化粧した男の冒険-メルカトル鮎の事件簿- (秋田コミックスサスペリア)」です!!
化粧した男の冒険-メルカトル鮎の事件簿- (秋田コミックスサスペリア)





メルカトルは出ませんが凄いです!!
「木製の王子 (講談社文庫)」です!!
木製の王子 (講談社文庫)



【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック