2012年01月26日

新装版『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』が2012年3月7日発売決定!!

現在、講談社『メフィスト』にて『メルカトル鮎 悪人狩り』シリーズを連載中の麻耶雄嵩先生。
そんな麻耶先生のデビュー作にして、メルカトルシリーズの第一作(そして、主人公にとっては最期?)となった『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』が新装版にて発売されることが判明しました。

発売予定日は2012年3月7日です!!
メルカトルが如何にして登場し、如何にして退場したか……ご存知ない方は是非!!

といっても、実際に退場したのが本物だったのかどうかも分からないし、厳密に云えばこれをシリーズに加えるのも抵抗がある。
ある意味、作中に登場するあの人を主人公とする別シリーズにカテゴライズするべきかもしれない……。

しかし、今気付いたのですがシリーズ別にカテゴライズすること自体がネタバレを含むことになるとは……流石は麻耶先生と云うべきか、デビュー作から違うとしか表現できません。

そんな『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』、繰り返しますが2012年3月7日発売予定です!!

◆関連過去記事

【メルカトルと美袋シリーズ】
「メルカトルかく語りき」(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「メフィスト 2010 VOL.1」より「メルカトルかく語りき 第二篇 九州旅行」(講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「メフィスト 2010 VOL.3」より「メルカトルかく語りき 最終篇 収束」(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『メルカトル鮎 悪人狩り「第1話 囁くもの(メフィスト2011 vol.3掲載)」』(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
「貴族探偵」(集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「隻眼の少女」(麻耶雄嵩著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

話題の新作「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」収録シナリオが明らかに!!

オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

「新装版 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)」です!!
新装版 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)





こちらは旧版「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)」です!!
翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)





『囁くもの』掲載「メフィスト2011 vol.3」です!!
メフィスト2011 vol.3





2011年5月10日発売「メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)」です!!
メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)





「メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)」です!!
メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)





コミック版メルカトル鮎はこちら。
「化粧した男の冒険-メルカトル鮎の事件簿- (秋田コミックスサスペリア)」です!!
化粧した男の冒険-メルカトル鮎の事件簿- (秋田コミックスサスペリア)





メルカトルは出ませんが凄いです!!
「木製の王子 (講談社文庫)」です!!
木製の王子 (講談社文庫)



【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック