2012年02月05日

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

男は優秀な科学者だった。連続殺人犯のDNAが、自分と一致するまでは――。信じられるのは、科学か、自分自身か? 確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。
(幻冬舎公式HPより)


<感想>

映画化決定との報を受けて、読んでみました。
ちなみに映画版のキャストは、神楽役に二宮和也さん、浅間役に豊川悦司さんとのこと。

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

そんな本作ですが、なんとなく洋画の「マイノリティ・リポート」っぽい。
読みながら、ずっとそんな感想を抱いた。
あちらは「DNA」ではなく「未来予知」だけど、絶対的な捜査手法という点で同じだと思うし。
それと「逃亡者」のミックスかな。

テーマを考えていて、どんな高機能なハードでも利用する人間次第との至言を思い出した。
結局は人間なんだよなぁ……。
紅茶好きの提督がイゼルローン要塞を陥落せしめたのも、むべなるかな。

結論として、本作は名作ではないが、読んでみるのも面白いと思う。
明らかにエンタメ寄りの作品です。
映画化すれば、映える筈。

そして著者の東野圭吾先生と言えば、『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!
他にも、韓国版「白夜行」が現在公開中。
さらに、「人気作品ランキング」も中間結果が発表されています。
こちらも注目!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

<ネタバレあらすじ>

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決された世界。
国民のDNAをデータバンクに登録することで、犯罪現場の遺留物から犯人を選定することが出来るようになったのである。
この捜査法により検挙率は飛躍的に上昇し、誰もが完璧を信じて疑わなかったが……。
特にこのシステムを操る警察庁特殊解析研究所の神楽龍平は絶対的な信頼を置いていた。

だが、この科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生してしまう。
被害者は銃で頭部を撃ち抜かれていた。
ところが、遺留物のDNAを調べても「NOT FOUND」、適合する人物が浮上しないのだ。
こうなると、データバンクに登録していない人物が犯人となるのだが、一向にそれらしき人物が見つからない。
犯人はこの世に存在しないのか?

矢先、システムの開発者である蓼科早樹までが殺害される。
現場に残された毛髪から解析された結果は「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。
つまり、犯人が神楽自身であることを示していた。
こうして、神楽は追われる立場になってしまう。

神楽を追うは、捜査一課の浅間警部補。
ここに追う者と追われる者との戦いが始まった。

神楽には犯行の記憶がない。
だが、神楽には“リュウ”という別人格が存在していた。
今回の犯行は“リュウ”の手によるものなのか?

神楽の担当医であり、システム作成を蓼科早樹に指示して管理していた水上から“リュウ”の存在を聞いた浅間だったが、直後から捜査の様子がおかしくなり始める。
不審な圧力がかかるようになったのだ。

“リュウ”の恋人・スズランの助けを借りて逃亡生活を続ける神楽。
一方で、神楽の犯行に疑念を抱いていたアメリカのDNAプロファイリング研究者・白鳥里沙も殺害されてしまう。
謎の言葉「プラチナデータ」、そして「モーグル」。
やがて、神楽が辿り着いた真相とは―――。

「プラチナデータ」とは、登録されれば捜査対象外になるように設定されたデータだった。
特権階級の人々が登録することにより捜査の対象外となることが出来るのだ。
DNA捜査法には、初めから穴が開いていた……。

そして、今回の犯人が捕まらなかったのはその「プラチナデータ」に属していたから。
犯人はシステム作成を蓼科早樹に指示していた水上だったのである。
水上は内容を教えずに「プラチナデータ」の作成を指示した際に、自身もそこに紛れ込ませることに成功していた。
だから、特定されなかったのだ。

水上は脳に電流を流すことで快楽中枢を刺激し快楽物質を生成する電子麻薬・ハイデンの実験を行っていた。
その過程で被験者となった者たちを殺害し、ハイデンの痕跡を消すべく頭部に弾丸を撃ち込んでいたのだ。
これが連続殺人の真相だった。

そして、「モーグル」とは「プラチナデータ」の穴に気付いた蓼科早樹が作成した検索システム。
「プラチナデータ」内だとしても該当のデータがあれば引っ張り出すことが出来るのだ。
だが、蓼科早樹はこれを作成した為に水上に殺害された。

白鳥里沙もまた「プラチナデータ」の存在に気付き、水上の犯行を疑った為に殺害されたのだった。

水上と対峙する神楽と浅間だったが、浅間は水上が犯人と知らなかった為に隙を突かれ意識を失う。
神楽も捕まり、致死量のハイデンの実験材料にされてしまう。
神楽を殺害したと思った水上は浅間に止めを刺そうとする。

だが、神楽は生きていた。
何時の間にやらリュウに交代すると、水上を「スズランの仇」として射殺する。
浅間は朦朧とした意識の中で、この顛末を確認していた……。

結局、事件は水上の暴走として処理された。
「プラチナデータ」については表沙汰にされることもなく、「モーグル」も没収された。
神楽と浅間は事件について知り得た情報を漏らさないことを条件に解放される。

浅間は水上殺害直後のリュウの言葉を神楽に伝える。
「スズランの仇」との意味が分からない神楽。
スズランと共に逃亡生活を送ったと思っていた神楽だが、それは脳が見せた幻だった。
神楽は1人で逃避行を続けていたのである。
本物の「スズラン」は既に死亡していた。
神楽の別人格がリュウであったように、蓼科早樹の別人格こそがスズランだったのだ。
水上は早樹=スズランを殺害した、ゆえに仇だったのだ。

リュウは復讐を果たしたものの、スズランを失ったことで存在意義を失った。
こうして、リュウもまた消えてしまう。
後には神楽だけが残るのだった。

一方、浅間。
あのとき、水上は致死量のハイデンを神楽に施した筈だった、にも関わらず神楽は助かった。
これには理由があった。
以前、水上の研究室を訪ねた浅間はそこで水上が隠していたハイデンを見た。
ハイデンの設定が致死量になっていることに気付いた浅間は、事故があってはならないと効果を弱めるよう設定を変更したのだ。
設定を変更されたことに気付かぬまま水上は使用し、神楽は助かったのである―――エンド。

◆関連過去記事

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「犯人のいない殺人の夜」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

映画化される「プラチナデータ」です!!
プラチナデータ





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。