2012年02月28日

貴志祐介先生『新世界より』(講談社刊)アニメ化決定!!

『鍵のかかった部屋』ドラマ化、『悪の教典』映画化と勢いが凄い貴志祐介先生。

『鍵のかかった部屋』(貴志祐介著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

貴志祐介先生『鍵のかかった部屋』(角川書店刊)ドラマ化決定!?

貴志祐介先生『悪の教典』(文藝春秋社刊)が映画化!!

そんな貴志先生に関連して更なるニュースが!!
先生の代表作の1つ『新世界より』(講談社刊)がアニメ化されることが判明しました。

『新世界より』(講談社刊)とは―――

<あらすじ>

上巻:第29回日本SF大賞受賞 第1位

ここは病的に美しい日本(ユートピア)。
子どもたちは思考の自由を奪われ、家畜のように管理されていた。

手を触れず、意のままにものを動かせる夢のような力。その力があまりにも強力だったため、人間はある枷を嵌められた。社会を統べる装置として。

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。

中巻:プラチナ本 OF THE YEAR 2008『ダ・ヴィンチ』第1位

恐怖とは内から芽ぐむ。
人間の心から出た膿が、社会を、自らを異形化させる。

心に埋め込まれた暗示が、都合の悪い記憶が蘇るのを妨害しているのだろうか。知らない方が安全――でも。警告は繰り返される。

町の外に出てはならない――禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。外界で繁栄するグロテスクな生物の正体と、空恐ろしい伝説の真意が明らかにされるとき、「神の力」が孕(はら)む底なしの暗黒が暴れ狂いだそうとしていた。

下巻:PLAYBOYミステリー大賞2008年 第1位

希望――阿鼻叫喚の果てに。
本当の敵は誰なのか。人間は舵を切り直せるのか。

大森望氏大絶賛!!
「傑作揃いの貴志作品の中でも、私見ではこれがきわめつきの最高傑作じゃないかと思う」――<文庫解説より>

夏祭りの夜に起きた大殺戮。悲鳴と嗚咽に包まれた町を後にして、選ばれし者は目的の地へと急ぐ。それが何よりも残酷であろうとも、真実に近付くために。流血で塗り固められた大地の上でもなお、人類は生き抜かなければならない。構想30年、想像力の限りを尽くして描かれた五感と魂を揺さぶる記念碑的傑作!
(講談社公式HPより)


『新世界より』は、「第29回日本SF大賞」を受賞「このミステリーがすごい!2009」の第5位、「2009年本屋大賞」の第6位など数々の結果を残した作品。
これは期待も大きいでしょう、注目ですね!!

「新世界より(上) (講談社文庫)」です!!
新世界より(上) (講談社文庫)





「新世界より(中) (講談社文庫)」です!!
新世界より(中) (講談社文庫)





「新世界より(下) (講談社文庫)」です!!
新世界より(下) (講談社文庫)





「悪の教典」です!!
悪の教典





「悪の教典 上」です!!
悪の教典 上





同じく「悪の教典 下」です!!
悪の教典 下





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。