2012年04月17日

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

レジャー産業の大手会社会長・金次正之(若林豪)の孫娘が誘拐された。捜査に駆けつけた西本刑事(堤大二郎)たちに内緒で金次が身代金を払ったため、孫娘は無事解放された。警察は防犯カメラに映っていた不審者・元ジャーナリストの小早川隆二(加藤雅也)を取り調べるが、証拠がなく釈放する。小早川は6年前に熱海で妻・あい(仁藤優子)を殺した罪で服役し、出所したばかりだ。
その1ヶ月後、亀井刑事(伊東四朗)が同窓会のために訪れた熱海で殺人事件が起こる。亀井が友人の今田春美(水野久美)と挨拶を交わす目前で、会計士の古木正道(福田裕也)が倒れ、絶命したのである。背中に深い刺し傷があった。その騒ぎを取り巻く人々の中に小早川の姿が…。捜査に当たる静岡県警の藤間警部(矢柴俊博)は、6年前の小早川の殺害事件も担当した人物だ。十津川警部(渡瀬恒彦)も熱海に向かう。
6年前の事件では、旅館女将や市会議員など熱海の有力者4人の証言が決め手となり、小早川は有罪となった。その有力者が次々と殺される。藤間警部は小早川が復讐を企てていると決め付けるが、十津川には「小早川は冤罪ではなかったか」と疑問が浮かぶ。フリーライターの立花亜矢(小沢真珠)も事件の真相を追っている。やがて、6年前に金次が企てた熱海の再開発が頓挫していたことが判明する。十津川は、その計画と殺人事件との関わりを推理する…。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

金次の孫娘が誘拐された。
金次は誘拐犯と取引し、孫娘を取り戻す。
容疑者として浮上したのは、6年前に妻を殺害したとされる小早川だった……。

1ヶ月後、同窓会に参加した亀井とその同窓生・春美の目の前で古木が死亡した。
容疑者はこの現場にも居た小早川と思われたが……。
亀井が出会った女性記者は自身を「三崎望」と名乗り、6年前の事件について小早川の無実を訴える。

一方、小早川がバーに残したメモから次の4人の名前が浮上する。

赤城豊、スーパーオーナー。
高橋君子、旅館経営者。
そして岡崎政明、ホテル経営者。
最後に辰巳栄一郎、市議会議員。

いずれも地元の名士である。
十津川は小早川の目的がこの4人にあると考える。

小早川が戻って以来、車上荒らしが横行していることが判明。
殺害された古木も被害に遭っており、ノートPCを盗まれていた。

その日の夜、小早川のメモにあった4人が密かに会合を開いていた。
彼らは小早川への対応に頭を悩ませているようだが……。

金次が湯河原へ出向いたと知った十津川は事件に関連性があると考える。
さらに、メモの4人が小早川に不利な証言をした面々であると判明する。

矢先、辰巳栄一郎が何者かの襲撃を受ける。
辰巳は小早川の仲間が犯人だと主張するが……。
十津川は辰巳から小早川が主催する「小早川あいを偲ぶ会」のハガキを受け取る。
それは当日の日付だった。

「偲ぶ会」の会場に辰巳を訪ねた十津川は其処で小早川と出会う。
小早川の目的を探る十津川だが、小早川は真意を明かさない。

「あい殺人事件の真相」という記事が週刊誌に掲載される。
そこには小早川を告発した4人が、急に金回りが良くなったことから偽証の疑いがあると記されていた。
記者の名前は三崎望。
亀井は例の女性を思い浮かべるが……出版社を訪ねたところ、彼女は三崎望ではないことが分かる。
本物の三崎によれば、匿名で送られた記事をまとめたに過ぎないらしい。

その頃、メモの4人のもとに「偽証の罪」と書かれた手紙が届けられていた……。

春美と旧交を温める亀井。
6年前の熱海について尋ねると、春美は家族について語り出す。
春美の夫は不動産会社を経営しているが、なかなか上手くいっていないそうだ。
そして、ホテル経営していると言う彼女の息子も、資金繰りに苦しんでいるらしいが……。
最後に、春美は6年前に一時期だけ景気が良くなったことがあったと洩らす。

亀井は、そこから金次が再生計画として50億を超える再開発計画に投資していたことを突き止める。
しかも、あいと金次が顔見知りであり、金次があいに入れ込んでいたとの情報も。
ところが、この投資計画はあいの死後、急に中止されていた。

同じ頃、小早川は若い男と会っていた。
どうやら、小早川の協力者のようだが……。
男は小早川にある女性が嗅ぎまわっているようだと報告する。
その女性は、例の三崎望を名乗った女性だった。
小早川は手を出さないよう指示する。

旅館の女将・高橋君子が姿を消す。
君子の行方を追い岡崎を訪ねた十津川は金次との関係を尋ねるが、簡単にあしらわれてしまう。

その頃、小早川は妻から貰った指輪を手に、妻との想い出を思い返していた。
改めて何事かを誓う小早川の前に、あの三崎を名乗る女性が現れる。
どうやら、週刊誌に匿名記事を送り付けたのは彼女らしい。
「もうやめろ、君も古木と同じ目に遭うぞ!!」警告する小早川。
「私は真実が知りたいだけなの」と訴える女性。

そんな2人を物陰から狙う男の姿があった。
その手には鈍く光る黒い棒……ライフルだ。
男は引き金に指をかけると、そのまま発射する。
狙いは小早川である。

ところが、偶然にも小早川が身を屈めたことで銃弾は小早川を掠め、三崎を名乗る女性に当たってしまう。

女性は緊急入院することに。
此処で女性の身元が判明。
女性は立花亜矢という名前だった。

その夜、岡崎が何者かに殺害されてしまう。
藤間刑事は小早川を犯人として検挙するが……。

小早川の取り調べを行う十津川。
小早川は岡崎がライフルを所持していたことから、襲撃犯ではないかと疑い問い詰めようとしたらしい。
ところが、既に岡崎は殺害された後だったと言う。
こうして、小早川は釈放されることに。
十津川にはどうしても小早川が犯人だとは思えなかったのだ。

翌朝、海岸で君子が死体となって発見される。
死因は絞殺。
遺体の傍には煙草の吸殻があった……。
そこから小早川の指紋が検出される。
藤間は嬉々として小早川逮捕に動く。
だが、小早川は姿を消していた。

小早川の協力者の身元が判明。
彼の名は永友進。
永友は小早川に救われた経緯があり、そこから彼に協力しているようだ。
新宿のバー・ホワイトハウスで、2人が何度となく飲み交わす姿を見た者の証言である。

永友の身柄を抑える十津川。
車上荒らしの正体が永友ではないかと疑う十津川だが、永友はそれを否定する。

立花亜矢について、新事実が判明。
殺された小早川の妻・あいの妹だったのだ。

亜矢は姉を殺したのは小早川ではないと主張。
小早川を保護するよう依頼する。

赤城の死体が発見される。
死因は刺殺。
凶器の形状から古木殺害に使用したものと同一と思われた。

藤間は小早川を逃がした所為だと苛立つ。
そんな藤間に6年前の事件について小早川は冤罪だったと告げる十津川。
6年前、小早川を逮捕したのは藤間である。
藤間は十津川に猛烈に反発、「あんたたちは間違っている」と吐き捨てる。

十津川は、6年前の4人の証言者のうち、辰巳だけが軽い怪我で終わっていることを疑問視。
岡崎死後、そのホテルが伊崎開発のものになると知り、調べるよう指示を出す。
さらに、君子の旅館も東和パートナーズの手に渡るらしい。
赤城のスーパーも、帝日興業のものとなっていた。

伊崎開発、東和パートナーズ、帝日興業……この3つが金次の傘下であることを突き止めた十津川は、犯人の狙いが不動産であり、辰巳は不動産を持っていなかった為に助かったと推測する。

しかも、6年前の事件直後に金次興業の経理部長・二階堂英俊が退職していたことも判明。
何か理由があると睨んだ十津川は、二階堂に事情を尋ねる。

その頃、小早川は妻・あいの墓前に居た。
そこへ亜矢がやって来る。
小早川は妻の想い出を義理の妹に語る。
小早川は妻・あいにずっと支えられていたのだそうだ。

声紋分析の結果、金次の孫娘誘拐犯の中に今回の事件関係者が居ることが判明。

一方、金次の秘書・相川孝雄が重要参考人として連行される。
さらに、君子の旅館の支配人・久保田も拘束される。

ほぼ同じ頃、辰巳の名前を使い金次を呼び出した小早川は彼に銃を突き付けていた。
そこへ駆け付ける十津川たち。

6年前、辰巳たちから再開発計画への投資を依頼された金次は困り果てた。
当時の金次には50億もの大金が用意できなかったからである。
金次は粉飾決算を行っていたのだ。
これは当時の経理責任者である二階堂の証言により確かであった。

あいは金次の挙動が不審であることに気付き、そこから粉飾決算を突き止めてしまった。
そこで、金次は相川に殺害を命じた。
こうして、あいは殺害されてしまう。
その後、4人を買収し、小早川に罪を着せた。
これも、支配人である久保田が君子が買収されたことを認めたことで明らかだ。

そして、6年後。
古木は粉飾決算を調べ上げ、金次を脅迫した。
2000万円を要求された金次だが、右から左には動かせない。
其処で、誘拐事件の形をとり、金を受け渡した。
だが、古木を危険視した金次は相川に命じこれを殺害。
これも、古木の声紋と誘拐犯の声紋が合致したことにより証明された。
しかも、相川の自宅から古木のPCが見つかっており、これも証拠となった。

辰巳、小早川の襲撃も相川の犯行だった。
さらに、相川は岡崎、君子、赤城の殺害も認めたと言う。

小早川はそれでも金次から銃口を外さない。
結局、そこへ現れた藤間により小早川は射殺されてしまう。

小早川は「十津川に会えて良かった」と言い残すのだった……。

「私が居ないと危なかったでしょ」嘲笑う藤間。
これを聞いた十津川は怒りのあまり藤間を殴りつけてしまう。
そのまま、小早川の真意を明かす。

すべては小早川の復讐だった。
復讐相手は……藤間。
敢えて、藤間に自身を撃たせるように進めたのだ。
小早川の手にした銃には弾が込められていなかったのである。

金次はすべてを自白した。
辰巳も偽証を認めたそうだ。
藤間も相応の処分を受けるそうだ。

何故、十津川は小早川に撃つ気がないと分かったのか?
それは小早川の写真集に笑顔が溢れている姿を目にしたからだった。

小早川は愛する妻と同じ場所に眠ることとなった。
春美と亀井の交流は未だ続いている―――エンド。

<感想>

西村京太郎先生原作のTBS版「十津川警部シリーズ」第47弾です。
前作は2012年1月9日に放送されており、実に3ヶ月ほどと短いスパンでの新作となりました。
前作については過去記事がありますね。

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

さて、ドラマ原作は『熱海・湯河原殺人事件』(中央公論新社刊)。

あらすじはこちら。

<あらすじ>

殺人罪で六年の刑期を終え、小早川が熱海に帰ってきた。彼の出現により平穏な温泉町に緊張が走る。そして二週間後、熱海のホテルで殺人が起こり!?
(中央公論新社より)


では、ドラマの感想をば。

普段に比べるとツッコミ箇所が少なかった。
良かった反面、少し寂しい……何故だろう。

気になったのは次の点かな。

亜矢の存在意義があまりなかった気がするなぁ……。

十津川は小早川を事件が解決するまで拘留した方が、小早川自身の為にもなったと思うんだけどなぁ。
真犯人も小早川に罪を着せることも出来なくなるだろうし。

無駄にミスリード要員が多い……のはいつものことか。
ラスト付近の怒涛の連行ラッシュはご愛嬌。

それにしても……6年前に粉飾決算を迫られるほどだった金次が買収する余裕はあったというのが不思議な話だ。

こんなところか、今回はインパクトがあまり無かった……のかな。

ちなみに西村京太郎先生と言えば「十津川シリーズ」最終作について語られています。
興味のある方はどうぞ!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事

【土曜ワイド劇場版の十津川シリーズはこちら】
土曜ワイド劇場「35周年特別企画 西村京太郎の、スーパービュー踊り子連続殺人!新宿下田2時間47分の盲点グリーン個室の遺書が名指す4人の容疑者VS謎の女相続人」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル(西村京太郎トラベルミステリー) 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?天竜浜名湖鉄道〜青いコートの女の罠…」(7月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス(西村京太郎トラベルミステリー55) 寝台特急カシオペア殺人事件・函館駅6分停車の罠!走る密室で妻が誘拐され消えた…十津川警部に謎の挑戦状!!」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【警部補・佐々木丈太郎シリーズ】
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第二弾!警部補・佐々木丈太郎(3) 密告〜惨殺体は刑事姿無き愛人の完全犯罪ネコの毛と白骨死体が語る涙の絆とは?女達の愛憎劇、いま開幕」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎4 黒い家〜その一族、全員他人!嘘で繋がる家族に眠る怨念の過去・善意の救命劇は地獄の幕開け…動画サイトの映像と消えた戸籍が語る禁断の絆」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【原作者・西村京太郎先生関連記事】
・関連するドラマはこちら。
土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進15 軍艦島に消えた殺意〜長崎で史子の恋人が殺された!左文字がオランダ坂で見た隠し絵に驚愕な謎が炙り出た」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・関連するその他の事柄はこちら。
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

<キャスト>

十津川省三(とつがわしょうぞう):渡瀬恒彦

小早川隆二(こばやかわりゅうじ):加藤雅也

立花亜矢(たちばなあや):小沢真珠

西本刑事(にしもとけいじ):堤大二郎

安原刑事(やすはらけいじ):山村紅葉

小西刑事(こにしけいじ):中西良太
山下刑事(やましたけいじ):山田アキラ

小早川あい(こばやかわあい):仁藤優子
藤間泰明(ふじまやすあき):矢柴俊博
浦部刑事(うらべけいじ):長谷川純

岡崎政明(おかざきまさあき):誠直也
辰巳英一郎(たつみえいいちろう):藤田宗久
高橋君子(たかはしきみこ):久世星佳

今田春美(いまだはるみ):水野久美

金次正之(かねつぐまさゆき):若林豪

亀井定雄(かめいさだお):伊東四朗 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「熱海・湯河原殺人事件 (中公文庫)」です!!
熱海・湯河原殺人事件 (中公文庫)





「Nゲージ 車両セット 251系 スーパービュー踊り子新塗色基本 (6両) #10-474」です!!
Nゲージ 車両セット 251系 スーパービュー踊り子新塗色基本 (6両) #10-474





「プラレール スーパービュー 踊り子 S-14」です!!
プラレール スーパービュー 踊り子 S-14





「西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]」です!!
西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
今、西村京太郎サスペンス十津川警部 熱海,湯河原殺人事件の録画を見ていたら

旅館ふきやに 十津川警部ら三人が小早川を訪ねに行き、おかみに質問する前、
ロビーでお茶してる一般客が少し映るんですが
…西村京太郎先生ですよね?

私は嬉しくなってしまい、思わずメールしてしまいました。
Posted by けろたん at 2012年04月18日 14:24
Re:けろたんさん

コメントありがとうございます(^O^)/。
管理人の“俺”です!!

ええっ!!西村先生カメオ出演されていたんですか、気が付きませんでした。
流石、遊び心のある西村先生らしいサプライズですね。
リアルタイムで見つけた人は羨ましいなぁ。
けろたんさん、凄いです!!

関連して調べてみたところ、西村先生は以前にも自作のドラマ化に際してカメオ出演されたこともあるようですね。
それと、今回のドラマだと2回登場しているらしいとのことです。
気付かなかった……。

今後は其処も楽しみつつドラマを視るようにしなければ!!
教えて頂きありがとうございました〜〜〜(^O^)/。
Posted by 俺 at 2012年04月18日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。