2012年04月14日

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都にある石原葬儀社の社長、石原明子(片平なぎさ)は夕方、高校の同窓会に出席するため会社を後にする。宴会場で旧交を温めていると、担任の先生だった水尾マユ(若尾文子)が車椅子で現われた。心臓の発作で倒れ、足腰が弱ってしまったそうだ。三年前に再婚した夫は病気で亡くなったという。香織(雛形あきこ)という娘が連れ添っており、夫の連れ子だという。
マユにフィアンセと自宅に遊びに来るよう誘われた明子は、医師の黒沢春彦(神田正輝)と水尾邸を訪れる。香織に案内されてリビングに入ると玲子(杵鞭麻衣)と桜(大村彩子)がいた。二人も亡くなった夫の娘で、香織が長女、玲子が次女、桜が三女だ。マユの実の娘・リサ(原田夏希)は一年前の母の日に交通事故で亡くなったが、香織たちの存在が救いになったという。マユの部屋で、明子とマユは昔話に花を咲かせる。本棚には何体もの小さな仏像が置いてあった。リサが亡くなった後、夫に勧められ、彫ったという。リビングでは、水尾家の顧問弁護士の笠原(金児憲史)が春彦と話している。笠原は香織の婚約者だ。亡くなった水尾(久保田武志)はアパレル関係の会社を経営しており相当な資産家で、笠原は法律のことから財務関係まで全部引き受けているという。香織と玲子はブティックを経営しており、桜はイタリアンレストランでアルバイトをしている。
お手伝いのフミ(あめくみちこ)が作った中華料理を食べる一同。仕事の話などで盛り上がるが、マユはなぜか少し前にしたことを忘れてしまい、明子は驚く。認知症の初期のようだ。フカヒレスープを飲んでいると突然、玲子が苦しげにあえいで倒れる。春彦が脈をとるが、すでに亡くなっていた。
狩矢警部(若林豪)や橋口警部補(松永博史)、鑑識課員が現場検証を行う。フカヒレスープに毒物が入っていたようだ。スープを配ったフミが疑われるが、フミは毒を入れていないと気色ばむ。
翌朝、橋口警部補が水尾邸のリビングでマユ、香織、桜、明子らに、スープを飲むために使ったレンゲから青酸性の毒物が検出されたことを伝える。テーブルに置いてあったレンゲが会食をした人数より一つ多かったという。犯人はあらかじめ毒を塗ったレンゲを隠し持ち、玲子の席に置いたことが考えられる。会食に参加した全員に犯行が可能だ。マユは玲子ではなく、遺産目当てで自分が殺されるはずだったのではないかと考える。
キッチンで明子がフミの手伝いをしていると、フミは三姉妹は仲が悪かったと打ち明ける。桜は金遣いが荒く、水尾が亡くなった時に入った遺産を使い果たし、彼氏の料理人と店をやるための開店資金を出してほしいとマユに何度も頼んでいた。香織と玲子も一緒にブティックを経営しているが、家では口もきかないくらい仲が悪いという。
玲子の葬儀。桜の恋人の今岡拓海(花戸祐介)、フミの兄・平山邦夫(山上賢治)も顔を見せている。邦夫は経営している会社が倒産寸前らしく、助けてほしいとマユに頼んでいた。マユは家政婦のフミにも遺産を残そうとしているようだ。
そして、玲子に続き、水尾家に新たな被害者が…。明子は一連の殺人事件の真相に近づいていく。果たして、真犯人は…?
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

玲子に続き、桜が自宅にて転落死体で発見される。

設置されていた監視カメラによれば。

香織が午後9時23分に自室へ。
桜が3階の自室に戻ったのは午後10時。
フミが午後11時10分に自室へ入る姿が記録されていた。

そんな中、桜の自室のすぐ隣へと繋がる非常階段の監視カメラの電源が停止させられていたことが判明。
電源はキッチンの高所にあり、椅子に乗らなければ届かない高さにあった。
偶然はあり得ない、何者かが故意に電源を切ったのだ。
狩矢は犯人が非常階段を使用したと推理する。

春彦と明子は香織の犯行を疑うが……。
矢先、今度はマユが死亡する。
死亡推定時刻は午後11時前後、死因は青酸カリによる中毒死だった。

明子はマユが何者かに殺害されたと考える。
残されているのは香織かフミ。
このどちらかが犯人なのだろうか―――?

水尾家に度々現れていた謎の男・杉下が弁護士であることが判明。
杉下はマユが雇った遺産管財人であった。
生前のマユから預かった遺書を公開する杉下。
其処には「フミに3千万円を遺し、残りはすべて寄付する」と記載されていた。

さらに、杉下は香織が密かにマユの財産を掠め盗っていたことを突き止めていた。
香織にはマユを殺害する動機があったのだ。
こうして、香織は容疑者として連行されてしまう。

杉下からマユについて話を聞く明子。
あの遺書があっても、娘たち3人には遺留分がある。
だが、それでもマユは香織たちに遺産を渡したくないと主張していたらしい。

玲子が「桜のバイト先で食事はしたくない」と常々口にしていたことを知る明子。
しかも、桜は1年ほど前から不眠症に悩まされていた。
どうやら、桜の不眠症は精神的なものが原因らしいが……。

桜が香織や玲子と2011年5月8日に桜のバイト先で食事していたことが分かる。
店長によれば、3人は酔っ払いを抱えて帰ったとのことらしいが……。
そして、リサが死亡した一年前の母の日こそ、5月8日だった。
明子は香織たちが抱えて帰った酔っ払いがリサではないかと考える。

リサの死について調べる明子。
酒を呑んだリサが車道に飛び出し、やって来た車に轢かれたとされるその事故。
目撃者である香織たちの証言で疑われることなく事故として処理されていた。
明子は、この事故が殺人だったのではと疑惑を抱く。
もし、この疑惑が正しければ、玲子と桜を殺害したのは―――。

そんな明子の推理を裏付けるように、香織は玲子と桜の殺害については頑なに否定していると言う。
しかも、マユが所持していたビーズを車椅子では届かないであろう窓の桟に見つけたことから、マユが歩けたと考える明子。

2階のマユの部屋は3階の桜の部屋の真下にあった。
遺産を餌に桜を呼び出したマユが自室から桜を突き落としたのではないか?

「明子さんが書いた過去の卒業文集をお棺に入れて欲しい」
生前、そう洩らしていたマユの遺志に沿うべく、マユの自室を調べた明子。
マユが彫った小さな仏像、その中にマユからの手紙を発見する。
これこそ、マユが明子に伝えようとしていた何かだったのだ―――。

明子宛てのその手紙にはマユの独白が綴られていた。

リサが死亡した後、その遺品を整理していたマユはリサの日記を見つけた。
そこには衝撃の事実が記されていた。

香織たちは財産を奪われることを恐れ、マユの殺害を目論んでいた。
これに気付いたリサは家族思いのマユに打ち明けるワケにも行かず、自ら行動した。
香織たちに「自分はあなたたちの計画を知っている」と釘を刺したのだ。
これにより、香織たちはマユ殺害を思い留まったかに見えた。
ところが、今度はリサの殺害計画を練ったのだ。
酔わされたリサは、香織たちの手で事故に偽装され殺害されてしまった。

日記から真相を悟ったマユは香織たちへの恨みを募らせた。
その直後、マユは病気に倒れ余命幾許もないことを知った。
香織たちを許すことは出来ないと考えたマユは自身の手で裁くことにしたのだ。

香織たちはマユが長くないことを知り、偽りの家族関係を続けることにした。
マユはそれを知りつつ、復讐の機会を狙っていた。

そして、遂に玲子を殺害、続いて桜を殺害した。

香織を殺害しなかったのは、もっとも許せない相手だったからだ。
マユは香織を家族として一番信頼していたのだ。
だが、その信頼は脆くも崩れ去った。
そこで、香織を自身の殺害犯に仕立て上げた。
マユは自殺だったのだ。

母親としてリサを守れなかった。
母親失格である。

ただ、教師として教え子たちは誇りだった。
明子は自慢の生徒である―――手紙はそう締め括られていた。

数日後、マユの葬儀が行われることに。
そこへ狩矢が現れる。

リサの死を調べた狩矢。
桜の恋人がリサにアルコールをノンアルコールと偽り摂取させていたことが分かった。
これにより、香織もリサ殺害を認めたそうだ。

明子は狩矢にマユの手紙を譲る。
これにより、事件は被疑者死亡にて終息を迎えるのだろう―――エンド。

<感想>

「赤い霊柩車」シリーズ第29弾です。
前作は2011年10月7日の放送だったので、実に半年ぶりの新作となりました。
前作はこちら。

・赤い霊柩車シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

原作は山村美紗先生『女相続人連続殺人事件』(中央公論新社刊)。

原作『女相続人連続殺人事件』あらすじは―――

三人の養女、お手伝いの女性、実の息子を名乗る男――未亡人の莫大な遺産を巡り屋敷内で起こる連続殺人。キャサリンと浜口が辿り着いた驚愕の真実。
(中央公論新社公式HPより)


これを見る限り、ドラマの原作はキャサリンシリーズだったんですね。
では、ドラマ版の感想を。

なかなか本格テイストな作品となっていました。
面白かった。

ミステリ的にはシナリオ上の必然性から誰が犯人かすぐ分かる(監視カメラの電源が高所にある=車椅子のマユには出来ない筈、など)ものでしたが、瑕疵には感じられませんでした。
本ドラマはトリックはもちろんのこと、犯人の心情にこそ重きを置いていたように思われたからなのですが、その点でも高評価でした。

そして、香織役の雛形あきこさんと言えば、山村美紗先生原作をドラマ化した 「月曜ゴールデン版 狩矢警部シリーズ」にて皆川刑事役を演じられていますね。
今回の悪女役とは正反対の役柄です。

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

総評として、ストーリーに1本筋が通っており、上手くまとまっていました。
かなり良かったように思います。

<キャスト>

片平なぎさ
神田正輝
若林 豪
大村 崑
山村紅葉

若尾文子
雛形あきこ
原田夏希
あめくみちこ
大村彩子
大石吾朗
松永博史 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
・狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件!祇園祭愛人同伴ツアー、貴船の流しそうめんが暴く水上密室の謎」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・赤い霊柩車シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・「空港警察・刑事課 今井陽子」シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「黒の滑走路〜禁じられた一族 空港に女社長刺殺体!巨額遺産を巡る嫉妬と罠が交錯する連続殺人に潜む親子の屈折愛と衝撃の真実」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・その他
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美 京都伏見・月下美人殺人慕情〜鬼姑ダメ嫁修羅場の真実!闇の花が誘う復讐殺人の罠(最新作!!京都伏見・月下美人のトリック!!愛猫が見た鬼姑殺し)」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

「女相続人連続殺人事件 (中公文庫)」です!!
女相続人連続殺人事件 (中公文庫)





◆山村美紗先生の作品はこちら。



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。