2012年04月04日

「第22回鮎川哲也賞」決定!!栄冠は青崎有吾先生『体育館の殺人』に!!

「第22回鮎川哲也賞」受賞作が発表されました!!

2012年4月2日、最終選考により受賞作1作が決定。
栄えある受賞作に選ばれたのは次の作品です!!

青崎有吾『体育館の殺人』

受賞おめでとうございます!!

著者である青崎先生は、1991年生まれの21歳。
神奈川県横浜市に生まれ、現在は明治大学文学部在学中とのこと。

若い、驚くほど若い。
前回(第21回)の受賞者である山田彩人先生が受賞時44歳であったことを考えるとその半分の年齢となります。

しかし、新本格の旗手である綾辻先生や有栖川先生たちも学生時代から活動し、デビューしていることを考えれば驚くべきことではないのかもしれません。
まさに、新本格における「館シリーズ」を彷彿とさせる『体育館の殺人』とのタイトル通り、新たな時代の旗手たり得るか―――期待の新星の誕生ですね。

本作はタイトルのインパクトも大きく注目作の1つでした。
青崎有吾先生、要注目です!!

『体育館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆「第22回鮎川哲也賞」選考推移
第22回の応募総数は140作(これは第21回と同じ)。
2011年12月26日に1次選考が行われる。通過作は17作(例年に比べ3倍)。
2012年1月31日に2次選考が行われる。通過作は5作(例年に比べ1作増)。
2012年4月2日に最終選考が行われる。受賞作決定。

「第22回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

「第22回鮎川哲也賞」二次選考結果発表!!

◆「鮎川哲也賞」関連過去記事

【第21回鮎川哲也賞受賞作ネタバレ書評(レビュー)】

『眼鏡屋は消えた』(山田彩人著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第20回鮎川哲也賞受賞作ネタバレ書評(レビュー)】

「ボディ・メッセージ」(安萬純一著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「太陽が死んだ夜」(月原渉著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第22回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第22回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

「第22回鮎川哲也賞」二次選考結果発表!!

【第21回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第21回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

「第21回鮎川哲也賞」二次選考結果発表!!

「第21回鮎川哲也賞」遂に決定!!果たして栄冠は!?

【第20回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第20回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

第20回鮎川哲也賞2次選考結果発表!!

第20回鮎川哲也賞発表&第7回ミステリーズ!新人賞締切!!

2012年10月15日発売予定「体育館の殺人」です!!
体育館の殺人





第21回受賞作『眼鏡屋は消えた』です!!
眼鏡屋は消えた





第20回受賞作「ボディ・メッセージ」です!!
ボディ・メッセージ





同じく「太陽が死んだ夜」です!!
太陽が死んだ夜







【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。