2012年04月27日

『来訪者』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)

『来訪者』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

著者が傑作50編を自選。SF作家・星新一の入門書。バーで人気の美人店員「ボッコちゃん」。彼女には、大きな秘密があった。

スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。
(アマゾンドットコムさんより)


<感想>

「野生時代」の特集に触発されて、星新一熱が再燃した管理人です。
やっぱり、星先生の作品はいいですね。
短い中に濃いエッセンスがグッと凝縮されていて、読むとハッとさせられます。

本作『来訪者』は新潮社刊『ボッコちゃん』収録の一篇。
短編です。
執筆当時の世相を反映した作品と言えそうですね。

物語としては「マジカル動物ランド」の人間版みたいな感じ。
人間も動物の一種であるとのテーマかな。
しかし、もう1つ人間の行動様式についてもテーマとしてありそうです。

それぞれの立場から、それぞれが物を言う。
それが正しいかどうかは分からない。
そして、正しいことを主張した人間が批難されることもある。

といった感じでしょうか。
人間の行動様式をデフォルメし、見事に表現した作品だといえるでしょう。

<ネタバレあらすじ>

宇宙船が地球に飛来した。
何事かと注目する人々の前で、宇宙船から1人の宇宙人らしき物体が降りて来る。
直後に宇宙船はいずこかへと飛び去ってしまった。

残された物体を遠巻きに眺める人々。
果たして、何を求めて地球にやって来たのか?
やがて様々な説が持ち上がり、それぞれの提唱者が挑戦することになった。

まずは外交官。
彼は「宇宙人は平和交渉にやって来た、だから1人だけなのだ」と主張。
自らの外交手腕を以て、説得を開始する。
だが、相手は首を横に振るばかり。

次は商人。
新たな市場を求めて来たとの説である。
ところが、これまた相手は首を横に振る。

続いて宗教家。
「彼は神としてやって来たのだ」と主張したが、これまた相手は首を横に振る。

今度は野心家。
「いやいや、相手は長旅に倦んでいるに違いない。美女を用意しよう」と実際に美女を集めて来た。
ところが、これまた相手は首を横に振る。

「そうか、男性に興味があるのか」と今度は自身がアピールを繰り広げる。
これまた相手は首を横に振る。

一体、何を求めているのか全く分からない。
煮詰まり始めたその時、1人の少年が現れた。

少年は「こんなことも分からないなんて、情けないにもほどがある。だから、馬鹿にされるんだ」と叫ぶや、相手にハンマーを振り下ろした。

狙い違わずハンマーは命中。
相手はコロコロと転がって行った。

周囲の人々は騒然となり、少年を捕まえて吊し上げる。
一方で、世界最高の医者を呼び治療を施すよう要請する。

だが、呼ばれた医者は無情にも首を横に振った。
なぜなら、相手はロボットだったからである。
転がっている頭部、その目にはカメラが光っていた……。

その頃、宇宙では―――とある放送が流されていた。

残念ながら、こうしてカメラは壊されてしまいました。
ですが、この星の住民の特異な行動はご覧頂けたかと思います。
お楽しみ頂けたでしょうか。
今回の放送は此処まで。
現地の住民が地球と呼ぶ星よりお送りしました―――エンド。

◆星新一先生関連過去記事
【ネタバレ書評(レビュー)】
「星新一ショートショート 新春スペシャル」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)&「ごきげん保険」ネタバレ批評(レビュー)

『包囲』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『暑さ』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『殺し屋ですのよ』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『ボッコちゃん』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『悲しむべきこと』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『約束』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『月の光』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『猫と鼠』(星新一著、新潮社刊『ボッコちゃん』収録)ネタバレ書評(レビュー)

【ネタバレ批評(レビュー)】
「星新一ショートショート 新春スペシャル」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)「マイ国家」編

「星新一ショートショート 新春スペシャル」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)「凍った時間」編

「星新一ショートショート 新春スペシャル」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)「古風な愛」編

「星新一ショートショート 新春スペシャル」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)「午後の恐竜」編

【その他】
世田谷文学館にて「星新一展」開催中!!

「ボッコちゃん (新潮文庫)」です!!
ボッコちゃん (新潮文庫)





「星新一 ショートショート1001」です!!
星新一 ショートショート1001





「星新一 ショートショート DVD-BOX」です!!
星新一 ショートショート DVD-BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 星新一作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。