2012年05月10日

「人喰い研究所殺人事件」第9話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第9話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

遂に解答編がスタート!!ネタバレあります、注意!!

「人喰い研究所殺人事件」登場人物一覧:

金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

緑川繭:研究所所長、眼鏡がチャームポイントな金田一たちの中学時代の同級生。
中神深志:副所長、繭を覗けば本エピソード唯一の眼鏡。
小鷹美苗:研究員、鷹の名は伊達じゃない!?目つきが鋭い美女。
財前乙彦:観光客、あやねのツレ。影が薄い。第3の被害者。
谷瀬あやね:観光客、財前とのコンビでこっちが主導権を握ってそう。
葉島秋也:研究所管理人、渋めのおっちゃん。
麻木根司:宿泊者、宝探し目的な人1。第2の被害者。
鰐部鋭介:宿泊者、宝探し目的な人2。第1の被害者。

<9話あらすじ>

〜〜〜前回までのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中学時代の同級生・緑川繭に会うために「仁久井村」を訪れた金田一と美雪。
そこは昭和の面影を色濃く残す村だった。

旧友との再会を喜ぶ金田一たち。
だが、その夜、村へ通じる唯一の吊り橋が何者かにより焼き落とされてしまう。
しかも、元研究所員である鰐部が謎の転落死を遂げる。
不穏な空気に包まれる中、今度は麻木根が死亡。
さらに、財前までもが殺害される……。

3人もの被害者が出たこの事件、遂に金田一は真犯人を突き止めるのだった!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

集められた一同の前で金田一は謎解きを始める。
麻木根殺害に言及する金田一。

小鷹、谷瀬、葉島はカラオケに誘われた際に自室に居たこと。
繭と中神は互いに通話中だったことを理由に全員がアリバイを主張する。

ところが、金田一はそれこそが犯人のトリックであると断言。
まずは、この場で犯人を暴くと語る。

その方法とは、目の前にあるジュースを飲み干すこと。

実は、金田一は犯人と思しき人物の最後のターゲットが谷瀬であると見抜き、犯人の行動を監視していたらしい。
結果、予想通り、犯人は谷瀬のジュースに何かを混ぜた。
そこで、金田一は犯人のものと谷瀬のジュースをこっそりすり替えた。

その証拠に……と谷瀬のジュースを飲み干す金田一。
だが、その身体に異変は無い。
どうやら、金田一の主張は正しいようである。

つまり、今この時、金田一の宣言を聞いた上でジュースを飲めなかった人物こそが犯人なのだ。

おそるおそる口をつけていく面々。
そんな中、ただ1人、微動だにしない人物が居た。
いや、動けなかったのだ。

その人物こそ―――中神。

金田一はこれを証拠に中神こそがこれまでの事件の真犯人であると指摘する。
しかし、中神には未だ余裕があった。

すっと立ち上がると手にしたジュースの中身を洗面台に遺棄したのだ。
「飲みたくないこともあるでしょう」
そう言い逃れる中神に金田一は次の証拠をぶつける。
中神が用いた麻木根殺害のアリバイトリックである。

繭と通話していた中神。
だが、それは研究室内の黒電話を用いた物ではなかった。
PHSを電話の子機に設定したものを使ったのだ。
これは携帯を使えない村では常識のことらしい。

中神は黒電話で繭と会話しているように見せつつ、カラオケの騒音を避ける素振りで耳にあてた右手にPHSを隠していた。
通話はこちらを用いたのだ。

その後、金田一たちに小鷹たちを誘いに行くよう促し席を外させると、こっそり部屋を抜け出し麻木根を殺害した。
殺害後、急いで戻り何食わぬ顔で麻木根の死体を発見した金田一たちを出迎えたのである。
もちろん、この間にも繭とは通話し続けている。

こうして、アリバイを成立させた中神。
だが、この殺害には大きなミスが2つあった。

1つ目は、本来浴槽内に落としておくべき凶器の剃刀を浴槽の外に落としてしまったこと。
2つ目は、発見時刻を早める為とはいえ、水を多く出し過ぎてしまったこと。

そして、何より金田一たちが戻って来た際、室内は静かだったにも関わらず未だ騒音を避けるように耳に手を当て続けていたこと。
あれは、隠し持ったPHSを見られないようにする為だったのだ。

言葉に詰まる中神だったが、麻木根はともかく財前を殺害する動機が無いと主張し始める。
だが、これについても金田一は答えを用意していた。

中神が何者かに襲撃されたことがあった。
あの際の犯人が財前だったと言うのだ。
すべては、無尽藻の秘密を探る谷瀬の指示だったらしい。
財前は中神を眠らせて所持品を調べたときに気付いたある物の所為で命を落としたらしい。

そして、そのある物こそが財前殺害の密室&アリバイトリックに使用されたのだと言う。
果たして、そのある物とは一体―――10話(解決篇2話)に続く。

<感想&推理>

……と、9話はだいたいこんなところでした。

とりあえず答え合わせ。
出題された3問のうち、2問までが今回の内容で説明できますね。

1.「犯人の名前」。
2.「麻木根殺害時のアリバイトリックを推理せよ」。
3.「財前殺害時の密室トリックを推理せよ」。

まず1は「中神」で正解。
で、2は「PHSを子機代わりに使用し、繭と通話していたアリバイを作った」。

2についてはPHSを外した(村内ではネット可能という点からIP電話を疑った)ものの、ほぼ正解といって良いかな。
いや、イイよね……たぶん。
とりあえず、IP電話を否定する要素が無ければこちらでもイイと思うけどどうだろ。
寧ろ、伏線らしい伏線も無くPHSの方が突拍子も無い気が……うん。
と、自分を甘やかしつつフォローを入れておくことにしましょう。

他もほぼこれまでの推理通りか。
ただ、予想外だったことが1つ。

どうやら、財前が発見した中神の弱味は「麻木根殺害に使用した道具」ではなく、むしろ「財前殺害に使用された道具」のようです。
ただ、財前がこれを見つけた為に中神が犯人であると気付いている以上、麻木根殺害にも使用されている筈。
つまり、麻木根と財前殺害の両方に用いられたものと考えるべきか。
となると、おそらく麻木根を眠らせた睡眠薬あたり?

研究室の偽鍵だと、財前が中神が鰐部&麻木根殺害犯人であると気付いた理由が分からない。
なにしろ、その時点で鍵は誰の殺害にも使用されていないので。
仮に鍵を持っていても、それが何処の鍵か財前には見分けがつかないだろうし。
もし、これで鍵だったら異議があるなぁ……。

なので、睡眠薬の筈。
金田一の台詞は麻木根を眠らせたように財前も眠らせたことを指すのかな。

それと、8話ネタバレ批評(レビュー)で管理人が展開した「人の出入りでセンサーが反応し部屋の明かりが点灯したり消灯したりするんだから、入った時点で消灯していた金田一たちの前には先客(財前たち)が居たんだよ」説の可否も気になります。

でもって、いよいよ次回は財前殺害トリックが判明。
今回、毒入りジュースを洗面台に流していましたが、これも何かの伏線か?
そして、財前殺害のトリック(二酸化炭素)解明に入れ歯洗浄剤の出番となるか?
ちなみに、緑川親娘の暗号解明はエピソード末と思われるので11話あたりかな。

今回はこんなところか。

で、当の「仁久井村(ひとくいむら)」ですが、「にくいむら」とも読める。
他にも「ヒト」と読ませる漢字があるにも関わらず、わざわざ「仁」の一字を使っていることから意味ありげ。
これも何かに関連するか?

第10回の展開がどうなるか、要注目!!

◆「人喰い研究所殺人事件」関連過去記事
「人喰い研究所殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【犯人断定!?】「人喰い研究所殺人事件」第3話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第4話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第5話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第6話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第7話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「人喰い研究所殺人事件」第8話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。