2012年05月12日

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

江夏冬子(かたせ梨乃)は、京都府警捜査一課の美人検視官。いとこである五十嵐千秋(山村紅葉)とその家族と居候をしている。ある日、東伏見病院に勤務する看護師・中川真由美(朝加真由美)が自宅の風呂場で倒れて死んでいるのが発見され、冬子は急いで現場に向かう。そこには、京都府警捜査一課の刑事である岩淵政義(升毅)と警部補の小川亮介(黄川田将也)がすでに捜査を開始していた。岩淵刑事は、風呂場で倒れていた真由美は、掃除の途中で誤って転倒し、打ちどころが悪かったのだろうと話す。しかし冬子は真由美の側頭部の血痕の中にある小さな水紋から、殺人事件と断定。捜査本部の設置を要請する。京都府警捜査一課課長・警部の杉原文雄(高橋英樹)は、岩淵刑事、小川刑事から真由美が死んでいた家の鍵は閉められていたこと、印鑑と通帳もなくなっていることなどの報告を受け、姿をくらませている息子の耕太(小林優斗)の行方を捜すように指示をする。そして、冬子が殺人事件と判断した「血痕の中にある小さな水紋」は、京都府警科学捜査研究所所員の二戸部麗子(高岡早紀)の調査により、何者かの汗や涙などの体液であることがわかる。そして、真由美の残した手帳から清野総合病院への訪問予定から、真由美が12年前に清野総合病院で転落事故死した中島裕典(岡田幸樹)の妻であることを知った冬子は、事件の真相に迫っていく。
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

中川真由美が死体で発見された。
現場が密室であったことから、事故死と思われたが、検視官の冬子は他殺と看破する。
こうして杉原のもと、殺人事件として捜査を開始することに。

真由美の息子・耕太が姿を消しており、容疑が彼にかかる。
最近になって、耕太の交際相手の件で親子喧嘩が絶えなかったらしい。

一方、冬子は真由美の手帳から、真由美が清野総合病院について何かを調べていたらしいことを悟る。

矢先、清野総合病院の看護師・神木が真由美宅を訪問していたことが判明。
訪問した理由について神木は、真由美が何か話がある様子だったからだと説明するが……。

真由美が殺害されたことで人気のなくなった中川家を訪れた冬子。
そこで謎の女性を見かける。

耕太の交際相手の名前が浅倉春菜と分かる。
春菜こそ、冬子が見かけた謎の女性。
しかも、浅倉医療器具の経営者の娘だった。
調べたところ、春菜は5歳の時に突然言葉が話せなくなったらしい。

こうして、春菜の父・浅倉正行とその妻・浅倉陽子に話を聞くことに。
ところが、当の春菜は家を出たきり消息が掴めないと言う。

その頃、春菜は荷物を手に当所もなく彷徨っていた……。

春菜と真由美はまるで母娘のようだったとの証言が得られる。
ところが、1月ほど前から急に疎遠になったと言う。
どうやら、真由美の方から春菜を拒絶していたようだが。

杉原により、耕太に緊急手配がかかる。
直後に、耕太の身柄が確保される。

耕太は真由美殺害を否認。
母は見栄っ張りだったと貶す。
これを聞いていた杉原は激怒。
真由美の苦労を語って聞かせ、耕太の心を開かせる。

すべてを打ち明ける耕太。
当初、春菜について好意的だった真由美だが、やはり1月ほど前を機に態度が急変したと言う。
それでも耕太は反対を押し切り、春菜と結婚すると主張した。
そこで駆け落ちを計画。
真由美の不在を狙い通帳を持って家を出たらしい。
ところが、幾ら待っても待ち合わせ場所に肝心の春菜がやって来なかったのだそうだ。

冬子は、真由美宅から発見された子供の手による絵を耕太に見せる。
絵には2人の男が描かれており、1人がもう1人を突き落とす様子が描写されていた。
耕太はこんな絵を描いた覚えはないと断言する。

冬子は絵の分析を鑑識課の二戸部に任せるが、二戸部の態度は冷たい。
冬子に敵意を抱いているようだが……。

翌日、二戸部の父を介護施設に訪ねた冬子。
二戸部の父は優秀な検視官として知られていたが、今では引退していた。
「5歳の子供が突然言葉を発せなくなった理由は何か?」と問う冬子。
「PTSDだろう」と即答する二戸部の父。
この答えに我が意を得た冬子は、大きく頷く。

清野院長に話を聞く冬子。
真由美の夫が清野総合病院の小児科医だった中川であると判明。
12年前、中川は深夜に屋上で煙草を吸った際に誤って転落、死亡していた。
直後、小児科は閉鎖されていたが……。

これは何かある……そう考えた冬子は神木を問い詰める。
神木は渋々、隠していた真由美の要件を打ち明ける。
急に真由美が訪ねて来たかと思うと、12年前の小児科の患者リストの閲覧を希望したそうだ。

何故、急に患者のリストを?
それが12年前の中川の死に関連しているのではないかと考えた冬子。
さらに、神木が真由美について最初から正直に語らなかったことには理由がある筈と推理する。

洗濯物の干し方から密室トリックに気付いた冬子。
クーラーの穴から物干し竿を屋内へと通し、物干し竿内部の空洞に鍵を通して中へと落とすことで密室を作ったのだ。

神木あてに12年もの長期にわたり、清野が毎年100万円を振り込んでいたことが判明。
神木は清野の弱味を握っていたのではないか?
こうして、清野と神木は事情聴取を受けることに。

ところが、清野、神木ともに何も知らないと完全否定する。

これに対し、杉原は策を弄する。
清野と神木を疑心暗鬼に陥るように分断すると、互いの不安を煽ったのだ。
これに神木が屈し、12年前の真相が判明した。

12年前、清野は不正請求を行った上に金払いの良い患者を優先的に治療していたのだ。
その所為で患者が死亡していた。
中川は清野を屋上に呼び出し、その行為を批難するも、カッとなった清野に掴みかかられ突き落とされてしまう。
真由美は夫の死に疑いを持っていたが、清野により職を追われたのだ。
これが12年前の殺人の顛末だった。

ところが、現在になって真由美が清野に患者リストを見たいと申し出る。
これに危機感を抱いた清野は、真由美の目的を確かめるべく神木に訪問させた。
しかし、このとき既に玄関には鍵がかかっていたらしい。
つまり、真由美は殺害されていたのだ。

その頃、正行は陽子に対し「これまでの恩を忘れるな」と言い放つ。
春菜は陽子の連れ子、陽子と正行は再婚だったのだ。

一方、真由美宅に1人佇む春菜。
そこへ冬子がやって来る。

冬子は春菜を連行する。
物干し竿を用いて密室トリックを作ったのは春菜だった。
洗濯物の干し方が逆になっていたので分かったのだ。

取り調べに対し、春菜は真由美殺害を認める。
耕太との結婚を認めてくれなかったので揉み合う内に殺したと言う。

だが、冬子は春菜の犯行を認めない。
確かに密室を作ったのは春菜だが、犯行それ自体は別人によるものと考えたのだ。
真由美宅から発見された例の絵を見せる冬子に、春菜は動揺を示す。

耕太もまた春菜の犯行を否定。
耕太によれば、春菜は正行の実子ではなく、愛情に飢えているので殺人などしないと主張する。
しかも、春菜は耕太の子供を妊娠していた。
父親として責任をとるよう耕太に促す冬子。

二戸部により、絵の描かれた時期が12、3年前と断定される。
中川が殺害されたのと同じ時期だが……。

正行は春菜の件で陽子に離婚を切り出す。
素直に応じる陽子。
そこへ冬子がやって来る。

冬子は正行と陽子に春菜の行動を伝える。
水紋は春菜の涙だった。
春菜は真由美の死体を発見すると、その死体を整え、真由美の死を悼んだのだ。
そんな春菜が真由美を殺すだろうか?

しかも、春菜は指紋を消すことも無かった。
物干し竿トリックも何処か不自然だ。
春菜は誰かを庇おうとしていたのではないか……そう告げる冬子。

これを聞いた陽子は泣き崩れる。
陽子が犯人だったのだ。

陽子は前夫の縁で浅倉正行と再婚した。
12年前、春菜が5歳の時、風邪をこじらせ清野総合病院に入院。
ある夜、正行と春菜は清野が中川を殺害する現場を見てしまう。
この際、正行は「見たことを誰にも言うな」と春菜を脅した。
春菜が喋れなくなったのはこれ以降である。
正行はこの殺人をネタに清野を脅迫し、自社製品の購入を強要した。
その後、正行は清野やその紹介で製品を売り続けたことで飛躍的に販路を拡大し、現在の地位を築いたのだ。

そして現在、陽子のもとに真由美がやって来た。
真由美は春菜が12年前の入院患者だと気付き、浅倉家を調べた。
結果、清野と浅倉の関係を察し、浅倉家を批難。
耕太と春菜の交際を拒否した。

陽子は春菜の想いを遂げさせる為に真由美に謝罪に赴いた。
だが、真由美は夫を見殺しにした正行を許せないとあくまで拒否を貫く。
そこで揉み合う内に陽子は誤って真由美を殺害してしまう。
逃げ出した陽子だったが、その姿を春菜が目撃。
母を庇う為に春菜が密室にしたのだ。

そして、例の絵こそは12年前に起こった事件……清野が中川を殺害した模様を描いたものだった。
春菜は絵に描くことで、誰にも打ち明けられない思いを伝えようとしていたのだ。

こうして、陽子は逮捕された。
廊下を連れて行かれる陽子の背中に、春菜が呼びかける―――「母さん」と。
それは春菜の12年ぶりに発した第一声であった。

耕太と春菜は結婚した。

家族には良い想い出も悪い想い出もある。
想い出があるからこそ、生きて行けるのだ。

二戸部の父に事件の報告を行う冬子。
その傍らには冬子を睨み付けたままの二戸部も居る。

1月前、春菜は妊娠を知り、真由美に自身が描いた絵を使い事実を伝えた。
絵を見た真由美は真相を知り、結婚に反対したのだ。
だから、春菜の絵が真由美の自宅にあったのである。

冬子の報告を聞き、せせら笑う二戸部。
「父をこんなにしたあなたが何を今更!!あなたが来なければ父は引退などしていなかった!!」
剥き出しの敵意を向けられた冬子。
一体、冬子と二戸部親娘の間には何があったのか?―――エンド。

<感想>

「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル」第2弾。
第1弾「小京都連続殺人事件」については過去記事がありますね。
興味のある方はどうぞ!!

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第1弾 小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜広島尾道竹原で起きた連続殺人に潜む怨念!美人料理記者と草食系編集者が追う凶器に秘められた衝撃真実…」(5月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

第2弾は、山村美紗先生原作「女検視官・江夏冬子シリーズ」のドラマ化です。
「女検視官・江夏冬子シリーズ」と言えば、TBSにて萬田久子さんが「検視官・江夏冬子シリーズ」として主演されたドラマが有名ですね。
そのフジテレビ版となります。

今回のドラマ原作は『少女は密室で死んだ』(徳間書店刊『女検視官 江夏冬子〜京都殺人地図〜』収録)。

では早速、ドラマ版の感想を。

ちょっと構成がオシャレな感じになってましたね。
内容自体はいつものサスペンスだったのですが、見せ方が変わった為か新鮮に思えました。
なかなか良かったんじゃないでしょうか。

ラストも続編ありきな感じ。
二戸部の父と冬子の因縁は何か……気になりますね。
冬子は二戸部の父を尊敬している。
だが、冬子により二戸部は引退に追い込まれた。

ということは、捜査について冬子と二戸部の父の意見が対立。
冬子の意見が正しかった為に二戸部の父が引退したとか?
でもって、二戸部は知らないが、その父親は冬子の行動を認め意思を継ぐ者として支持しているパターン?

あるいは、若かりし日の冬子の失態の責任をとり二戸部が退職。
それで、冬子は二戸部の意志を継ごうとしている?

どちらかっぽいけど、どうだろ。
なかなか気になりますね。
是非、続編を見たい。

ただ、内容的に幾つか気になった点もある。

耕太と春菜の結婚だけど、早急に過ぎる気がするなぁ……。
春菜は真由美の遺体と密室を作った罪がある筈なので、それを償い終えてからでも良かったのでは?
というか、その罪に問われていないのだけど、いいのだろうか。
でも、春菜のお腹には子供が居るし、その子の為にはこれでいいのか……。

それと、耕太にとって、春菜は愛する人であると同時に母の仇の娘。
しかも、父の仇に関係していた人間の義理の娘。
さらに、父の死を黙認していた本人でもある。
加えて、お腹の子供を顧みず、実母である真由美の仇を庇った相手でもある。

結婚に当たっては、かなり葛藤があって然るべしなのですが、あっさりと決断し過ぎかな。
例え結論は同じでも、もう少し悩む描写を挟むべきではなかろうか。
重大な決断の筈が、余りに軽く見えた。
これでは、必死に母1人で子供を育てて来た真由美が可哀想過ぎる……。
杉原さん、こんなときこそ出番の筈です。諭してください!!

ここらがモヤモヤ。

それと、演技面でも1つ気にかかった。
耕太役の役者さん、演技がちょっと……特に台詞が……。
こればかりは経験が物を言うのだと思いますが、他の役者さんが上手かっただけに目立ってました。
朴訥な演技と解釈出来なくもないけど……苦しいか。

ちなみに、中川の苗字が公式HPでは中島になっていますね。
なんでだろ……。

<キャスト>

かたせ梨乃
高橋英樹
高岡早紀
山村紅葉
いしのようこ
朝加真由美 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
・狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件!祇園祭愛人同伴ツアー、貴船の流しそうめんが暴く水上密室の謎」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・赤い霊柩車シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・「空港警察・刑事課 今井陽子」シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「黒の滑走路〜禁じられた一族 空港に女社長刺殺体!巨額遺産を巡る嫉妬と罠が交錯する連続殺人に潜む親子の屈折愛と衝撃の真実」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・その他
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美 京都伏見・月下美人殺人慕情〜鬼姑ダメ嫁修羅場の真実!闇の花が誘う復讐殺人の罠(最新作!!京都伏見・月下美人のトリック!!愛猫が見た鬼姑殺し)」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗!京都東山〜密室トリック殺人事件 京友禅に描かれた死者からのメッセージ!5つの文字が隠す禁断の愛憎劇(京友禅に描かれた鏡文字は死者からのメッセージ)」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第1弾 小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜広島尾道竹原で起きた連続殺人に潜む怨念!美人料理記者と草食系編集者が追う凶器に秘められた衝撃真実…」(5月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

「京都殺人地図―女検視官 江夏冬子 (Tokuma novels)」です!!
京都殺人地図―女検視官 江夏冬子 (Tokuma novels)





◆山村美紗先生の作品はこちら。



【関連する記事】
この記事へのコメント
こんばんは。

いやぁ〜 自分はかなり良かったです! やっぱり脚本が良いと面白いです(^^)いしのようこは、幸薄い感じの役が最高でした!!!

確実に続編が有ります的な終わりかたでしたので、続編に期待です。
Posted by ピエロ at 2012年05月11日 23:19
Re:ピエロさん

こんばんわ(^O^)/!!
管理人の“俺”です!!

やっぱり、続編ありきな終わり方でしたよね。
冬子と二戸部の確執の理由が気になります。
Posted by 俺 at 2012年05月12日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。