2012年06月05日

夏樹静子先生インタビュー記事が「asahi.com」に掲載!!

ご自身が原作をされた連続ドラマ『Wの悲劇』も好調な夏樹静子先生。
そのインタビュー記事が「asahi.com」に掲載されました。

そのインタビュー内で『Wの悲劇』の創作背景や「弁護士 朝吹里矢子」誕生秘話について語られています。

それによると、『Wの悲劇』創作の理由は主に次の2つ。

1.親交のあったエラリー・クイーンへのオマージュ。
2.当時、社会派ミステリーが中心であり、そんな中、本格物をと編集者から依頼があった。

1.について、夏樹先生はエラリー・クイーンの一人であるフレデリック・ダネイと親交があり、クイーンに読んで貰う為という側面もあったそうです。
その為に英訳の苦労もあったとか。
出版社の意向で、主人公をアメリカ人に変えたり、タイトルを『Murder at Mt.Fuji』にしたとも述べられています。

他にも『Wの悲劇』についてはこんなことも。

・代表作のように言われいるが、実は気楽に書いたもの。
・取材は山中湖畔に一晩泊まったのみ。
・ただし、遺産相続の法解釈などは弁護士さんに確認した。

原作とは異なるストーリーだった映画版『Wの悲劇』については「劇中劇になっていてあぜんとしたのを覚えています。いつになったら『Wの悲劇』が始まるんだろう」と思われたとか。
ドラマ版『Wの悲劇』についても触れられ「主人公が2人になっていますが、犯罪そのものは原作通りなのでうれしく見ています」とのコメントも。

「弁護士 朝吹里矢子」誕生については、夏樹先生ご自身が六法全書を好きで、特に民法、刑法、刑事訴訟法が良いとのこと。そんな中で、条文を捻って物語を作っていたとか。
物語に沿って条文を引っ張って来たのではなく、条文に沿って物語を展開させたとは意外です。

全体的に興味深い記事となっており、ファンの方は是非読んで貰いたい記事となっていました。

◆夏樹静子先生関連過去記事
【書籍】
『見えない貌』(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『てのひらのメモ』(夏樹静子著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『天使が消えていく』(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『死なれては困る』(夏樹静子著、徳間書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『第三の女』(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ】

検事・霞夕子シリーズ
金曜プレステージ 夏樹静子サスペンス・検事・霞夕子「首吊り死体が歩いた!悲劇の始まりは1年前の交通事故…歯科医の死体!残された親指の指紋の謎が解けた時…事件の真相が明らかになる(森を歩く死体)」(2月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「3週連続・罪と女とミステリー第2夜 夏樹静子サスペンス・検事霞夕子〜無関係な死〜猟銃に撃たれた老人・痴漢に間違えられた男…2つの事故に疑惑が生じた時女たちの運命が変わる…!」(9月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

その他
月曜ゴールデン夏樹静子原作「Wの悲劇」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 夏樹静子サスペンス「見えない貌〜イソ弁里村タマミの事件簿〜ダムに美しき水死体!出会い系美人妻の孤独と禁断愛…真相を追う母を襲う新たな殺人…真実のカギは親子愛」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

NHKドラマスペシャル てのひらのメモ「あなたは本当にわが子を放置したの?裁判員に選ばれた一人の主婦がたどり着く真実」(10月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「夏樹静子作家40年記念 天使が消えていく〜小さな命を守れ!欲望の街を走る女性記者!死者からの手紙!驚愕の結末とは!?」(10月30日放送)ネタバレなし感想

金曜プレステージ「夏樹静子サスペンス弁護士・朝吹里矢子〜古都・おさない証言にゆらぐ老舗〜能登和倉温泉・目撃者は5才児金沢−東京繋ぐ犯行のシナリオ」(12月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「女刑事・左近山響子 90便緊急待避せよ 復讐殺人フライト!!ハイジャック未遂の罠隣席は、連続殺人犯!?立ち聞きされた密会」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「夏樹静子・作家40年記念 第三の女 運命の出会いは交換殺人の幕開けフランスで愛しあったあの女は一体誰なのか禁断の恋はエリート准教授を転落させていく…」(12月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)」です!!
Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)





英訳版『Wの悲劇』、「MURDER AT MT.FUJI」です!!
MURDER AT MT.FUJI





同じく「Murder at Mt. Fuji」です!!
Murder at Mt. Fuji





夏樹静子先生についても記載された「Japanese Women Novelists in the 20th Century: 104 Biographies, 1900-1993」です!!
Japanese Women Novelists in the 20th Century: 104 Biographies, 1900-1993





「Wの悲劇 デジタル・リマスター版 [DVD]」です!!
Wの悲劇 デジタル・リマスター版 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。