2012年06月11日

【ファン大喜び!!】綾辻行人先生『時計館の殺人(新装改訂版)』(講談社刊)解説を米澤穂信先生が手掛ける!!

2012年6月15日、綾辻行人先生の代表作『館シリーズ』の1作『時計館の殺人』の新装改訂版が発売となります。

『時計館の殺人』とはこんな物語です。

<あらすじ>

・上巻

第45回日本推理作家協会賞受賞作

閉ざされる鉄の扉。惨劇の幕開け!
シリーズNo.1の呼び声も高い本格ミステリの金字塔

「針のない時計塔」は何を語る? 訪れた九人を襲う三日間の悪夢!
百八個の時計が恐怖を刻むシリーズ代表作!

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島(つのじま)・十角館の惨劇を知る江南孝明(かわみなみたかあき)は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる! 不朽の名作、満を持しての新装改訂版。

・下巻

第45回日本推理作家協会賞受賞作

時間(とき)は進む。悪夢の終焉に向けて。
神か悪魔か綾辻行人か! 空前の大仕掛け(トリック)に驚嘆せよ。
「沈黙の女神」が歌う断末魔の調べとは?

本格ミステリならではの驚きと感動 必読の名作!

館に閉じ込められた江南(かわみなみ)たちを襲う、仮面の殺人者の恐怖。館内で惨劇が続く一方、館外では推理作家・鹿谷門実(ししやかどみ)が、時計館主人の遺した「沈黙の女神」の詩の謎を追う。悪夢の三日間の後、生き残るのは誰か? 凄絶な連続殺人の果てに待ち受ける、驚愕と感動の最終章!
(講談社公式HPより)


この『時計館の殺人』新装改訂版の解説を『氷菓』のアニメ化で話題の米澤穂信先生が手掛けられるとのこと。
これは、綾辻先生、米澤先生とお二方のファンにとっては垂涎物の新装版となりました。

果たして、米澤先生はどのような解説をお書きになったのか?
一筋縄ではいかない方だけに胸の高鳴りが止まりません。

ファンは見逃すことなかれ!!

◆「米澤穂信先生」関連過去記事
「インシテミル」(文藝春秋社)ネタバレ書評(レビュー)

「儚い羊たちの祝宴」(新潮社)ネタバレ書評(レビュー)

「追想五断章」(集英社)ネタバレ書評(レビュー)

「折れた竜骨」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

「満願(Story Seller 3収録)」(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「万灯(小説新潮5月号 Story Seller 2011収録)」(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『913』(『小説すばる 2012年01月号』掲載、米澤穂信著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『Do you love me ?』(『不思議の足跡』収録、米澤穂信著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『一続きの音』(『小説新潮 2012年05月号 Story Seller 2012』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【リカーシブル】
『リカーシブル リブート』(『Story Seller 2』収録、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル 5章(連載第3回)』(『小説新潮 2012年02月号』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル 6章(連載第4回)』(『小説新潮 2012年03月号』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル 7章(連載第5回)』(『小説新潮 2012年04月号』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『リカーシブル 8章(連載第6回)』(『小説新潮 2012年06月号』掲載、米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【古典部シリーズ】
「氷菓」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「愚者のエンドロール」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「クドリャフカの順番」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「遠まわりする雛」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

「ふたりの距離の概算」(角川書店)ネタバレ書評(レビュー)

【小市民シリーズ】
「夏期限定トロピカルパフェ事件」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)

【S&Rシリーズ】
『犬はどこだ』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【太刀洗シリーズ】
『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「名を刻む死(ミステリーズ!vol.47掲載)」(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「蝦蟇倉市事件2」(東京創元社)ネタバレ書評(レビュー)
(ナイフを失われた思い出の中に)

【その他】
探偵Xからの挑戦状!「怪盗Xからの挑戦状」(米澤穂信著)本放送(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月15日発売予定「時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)」です!!
時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)





同じく「時計館の殺人<新装改訂版>(下) (講談社文庫)」です!!
時計館の殺人<新装改訂版>(下) (講談社文庫)





『リカーシブル』連載中「小説新潮 2012年 06月号 [雑誌]」です!!
小説新潮 2012年 06月号 [雑誌]





◆米澤穂信先生の作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。