2012年06月28日

水曜ミステリー9「密会の宿9 最後の恋 鎌倉人魚伝説殺人事件 宝石の甘い罠に堕ちた3人の女!愛と嫉妬の炎に身を焦した果てに見た悲しみの真実!(宝石の甘い罠〜この恋だけは失いたくない誕生石に隠された罠!涙の北鎌倉人魚伝説)」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「密会の宿9 最後の恋 鎌倉人魚伝説殺人事件 宝石の甘い罠に堕ちた3人の女!愛と嫉妬の炎に身を焦した果てに見た悲しみの真実!(宝石の甘い罠〜この恋だけは失いたくない誕生石に隠された罠!涙の北鎌倉人魚伝説)」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

女将の桑野厚子(岡江久美子)が切り盛りする鎌倉の宿「くわの」は、人目につきにくい場所柄からか、「密会の宿」と呼ばれている。そんなある日、「くわの」の番頭・久保隆(東幹久)が、物陰から宿にカメラを向けている不審な男(島田洋八)の存在に気づく。急いでその後を追いかけた隆は男と口論になるが、通りかかった警官が仲裁に入ったことで、男はそのまま逃げてしまう。
ところが翌日、その男が遺体で発見される。崖から転落したものと見られたが、頭部には転落した際にできたものとは別の傷があり、北鎌倉警察署の刑事・番場(西岡コ馬)たちは他殺ではないかと推測する。
その頃「くわの」では、厚子が時々華道を習うなど懇意にしている客・明石智子(手塚理美)と恋人の高木信也(金子昇)が、出会って一周年の記念日を祝っていた。智子は実業家だった夫を亡くして以来、金銭的には何不自由ない生活を送っていたが、心に空いた穴を埋めてくれたのが高木だったという。厚子は心を尽くしたもてなしで2人を祝い、高木は智子にプロポーズ。厚子が見守る前で2人は婚約を果たす。しかし、高木が智子の誕生石であるアメジストをあしらったネックレスを贈ると、智子の表情に一瞬戸惑いが浮かんだことに厚子は気づく。
その直後、不倫のおとり調査のために「くわの」に来ていた探偵事務所の調査員・友坂真理子(小沢真珠)は、偶然、叔母である智子と遭遇。智子が高木と婚約したことを知ると驚きの表情を浮かべる。さらに、「くわの」にやって来た番場たちの話を聞いた真理子は、遺体の男は自分の探偵事務所の所長・川原ではないかと言い出す。
その後、遺体の身元は川原であることが特定され、川原が調査のために盗撮や盗聴まで行っていたことも明らかとなった。その手法のために調査対象から相当な恨みを買っていたようで、川原の自宅周辺には川原と真理子を中傷するビラが撒かれていたことが判明する。番場たちは、川原の自宅から、番号が振られた盗撮テープや盗聴カセットを押収するが、なぜか19番と23番だけが無いことに気づく…。
一方厚子は、智子から、川原殺害の犯人は真理子なのではないかと打ち明けられる。真理子から以前、川原につきまとわれていると相談を受けていたというのだ。しかし、その直後、その真理子が何者かに襲われてしまい…。
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

真理子を襲撃したのは、以前、川原と真理子により離婚に追いやられた男性・荻原だった。
彼は川原と真理子を恨んでいたが、ある日、匿名の相手から「川原と真理子はお前を嘲笑っている」との電話を受け、復讐に乗り出したのだと言う。
だが、真理子を襲ったものの、川原殺害については否定するのだった。

真理子と高木が過去に交際していたことが判明。
智子の気持ちを考えた厚子は複雑な表情を浮かべる。

矢先、高木の助手をしていた広中千佳が殺害される。
さらに、真理子さえも殺害されてしまう。

容疑は高木に向かうが……。

一方、厚子は智子、真理子、千佳が高木から貴金属を贈られていたことを突き止める。
高木はそれぞれの誕生石であるアメジスト、ダイヤ、ルビーを同じ要領で贈っていたのである。
つまり、高木は3人と交際していたのだ。

番場の調べにより、千佳のパソコンから19番と23番の音声ファイルが発見される。
そこには意外な音声が……。

まず、19番を聞いた番場。
それは明石智子が荻原を唆し、川原と真理子を襲撃するよう差し向けたものだった。
荻原が語っていた匿名の人物の正体は智子だったのだ。

次に23番を聞いた番場はすべてを察し、顔色を変える。

同じ頃、厚子は智子に事件について詰め寄っていた。
厚子は荻原を唆したことで脅迫され、川原を殺害したことを認める。
だが、真理子と千佳の殺害は否定する。

これを聞いた厚子は真犯人の正体に気付く。
そこへ現れたのは高木。
彼こそが真犯人であった。

川原を殺害したのも自分だと告げる高木。
なんでも、智子と揉み合いになった川原は意識を失っていたが死んではいなかった。
高木が止めを刺したのだ。

しかも、高木は真理子と千佳に贈った筈のダイヤとルビーを回収していた。
つまり、真理子と千佳を殺害したのも高木だったのだ。

高木は智子の為に川原を殺害し、それを千佳に脅された為に殺したと語るが、厚子はそれを否定する。
高木は高木で川原に脅迫されるだけの何かがあった筈なのだ。
厚子は高木の正体に気付いた為に真理子も殺害されたと指摘する。

これに逆上した高木は厚子を殺そうと迫る。
しかし、その前に智子が立ちはだかった。

智子は「高木が3人を殺害した理由は自分の為などではない」と叫ぶ。
これを聞いた高木は豹変、すべてを明かし始める。

智子と高木の出会いからすべてが高木が仕組んだものだった。
高木は真理子から智子について聞いており、その資産を狙っていた。

千佳は高木の狙いを見抜いた上で、分け前を要求した。
ところが、この会話を川原に盗聴されてしまった。
これが23番の音声ファイルの内容である。

この事実を隠蔽する為に高木は川原を殺害。
千佳を殺害した真の理由も、川原殺害を知った千佳の口封じが目的だった。
高木の正体に気付いた為に真理子も殺害されたのだ。

厚子と智子を殺害しようと迫る高木だが、そこへ番場たちが突入し取り押さえる。

「自分の所為で真理子が死んだ」とその死に責任を感じる智子。
そんな智子に「くわので待っている」と告げる厚子。

2人きりになった厚子と久保。
久保はここぞとばかりに厚子に告白しようとするが……体よくかわされるのだった―――エンド。

<感想>

佐野洋先生原作の「密会の宿」シリーズ第9弾です。
前作は2011年12月15日の放送なので、ほぼ半年ぶりの新作となりました。
前作ネタバレ批評(レビュー)はこちら。

水曜ミステリー9「密会の宿 北鎌倉心中!死ねなかった女…私の弱さがあなたを殺した純愛と不倫に揺れる心に復讐の炎!帯留めと和服が暴く殺人計画(最愛の人の命日に新たな悲劇が!罠にはまった殺人者)」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

さて、そんなドラマ版の感想を!!

シリーズらしいと言えば、らしい展開でしたね。
可もなく不可もなくと言ったところか。
気軽に視る分にはこれ以上ない作品と言えるでしょう。

実際、容疑者が死に絶えてしまって犯人になりうる人物が2人のみとなってたし。
しかも、順当に怪しい人物が犯人という。
まさにそのままでした。

キャストに関しては、金子昇さんは好青年は合うんだけど、今回の役は合わなかった。
特に豹変してからが凄味が無かったかなぁ……ちょっと、軽過ぎたかもしれない。
淡々とした印象よりも、軽い感じを受けた。

それにしても、厚子は視聴者ばりに容疑者を消して行くんだなぁ。
その場その場で、AでなければBといった具合に。
第3者視点で楽しむ視聴者はいいけど、実際に劇中で被疑者と顔見知りとして接している筈なのにあんなに適当に疑っていいのだろうか……人権問題に発展しそうだ。
視てたら、殆ど何の根拠もなく智子と高木の両方を疑っていたことになるし。
特に智子については「高木と交際していたから犯人」みたいなところがあった。
あれは理屈になっていない気が……。
もっとも、本作ではそれ以外に犯人を詰めようがないのも事実だが。
ただ、動機から容疑者を絞るのも1つの手ではあるが、それが全てなのはどうかと思う。

次回に期待!!

<キャスト>

桑野厚子:岡江久美子
久保隆:東幹久
明石智子:手塚理美
友坂真理子:小沢真珠
高木信也:金子昇
広中千佳:保田圭
川原正信:島田洋八
中年男性:ダンディ坂野
警官A:遠山俊也
番場周平:西岡コ馬 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより転載)


シリーズ原作「密会の宿(徳間文庫)」です!!
密会の宿(徳間文庫)





「乱れた末に―密会の宿ベストセレクション」です!!
乱れた末に―密会の宿ベストセレクション





【関連する記事】
この記事へのコメント
この作品の犯人は金子昇さんでしたか。

この3年後、「南平班」でさらに悪辣な連続殺人犯を演じることになるとは…

「鉄道捜査官」での立花君が好印象(やや暴走気味ですが)なレギュラーなだけに…これはもう凄すぎです。
Posted by Me at 2015年08月12日 21:56
Re:Meさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

秋津のインパクトは凄かったですね。
様々な役柄を演じ、時にその狂気すら表現する。
やっぱり役者さんの底力を感じます。

これを楽しむこともまた「2時間サスペンス」の醍醐味なのかも!!
Posted by 俺 at 2015年08月12日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。