2012年07月04日

2012年7月スタート「金田一少年の事件簿」新シリーズタイトルは「香港九龍財宝殺人事件」!!

短編「暗黒城殺人事件」も完結した「金田一少年の事件簿」(講談社刊「週刊少年マガジン」連載)に早くも新シリーズが登場です。
気になるタイトルは「香港九龍財宝殺人事件」とのこと。
この「香港九龍財宝殺人事件」、20周年企画のメインとも言える作品らしく「大シリーズ」と銘打たれています。

公式HPでは既に「香港九龍財宝殺人事件」のページが公開されています。
それによれば、次のようなシーンがある模様。

・何者か(おそらく髪型と体型から女性)に刺される男性。
・同男性は自身を殺害した相手(2人組)に「龍の瞳(ドラゴン・アイ)は手に入らない、毒龍の餌食となるだろう」と言い残す。
・「いや、これは驚いた。本当にそっくりだ」と口にするサングラスを持った若い男性。
・携帯電話で「龍の瞳」について取引を持ちかけている壮年の男性。取り分は「山分け」の様子。
・佐木(弟)登場、「観光客が試着室に入ったところ消えた」との噂。
・そして、当の美雪が試着室から消失!!
・美雪を乗せた車を自転車で追跡する金田一、追い付いたのも束の間、逃げ切られてしまう。
・美雪そっくりの少女が中国語を話す。しかも内容は「(金田一たちに)誰?」とのもの。

と、こんな感じ。

刺された男性については物語の導入部でしょう。
過去のシーンでしょうね。
この復讐殺人が今回のテーマか。
男性が口にしていた「龍の瞳(ドラゴン・アイ)」が秘宝のようです。
しかも、男性によれば手に入れるには条件がある様子。
「龍の瞳」が「物」ではない可能性(景色や信念を指す場合)もあるか。
ただ、最近は「無尽藻」のように「なんだかイイモノ、凄いモノ」とだけ伝えられて、さらっと流されることもあるからなぁ……。

携帯で「山分け」について口している壮年の男性は、過去の殺人犯2人組の1人か。
だとすると、この人物が今回の被害者ですね。
そして、もう1人女性がいることになるか。

そして、美雪が連れ去られる様子……ってオイ!!大事件じゃん。
後に美雪のそっくりさんが現れるようなので、その人物と間違われたものか。
だとすると、連れ去ったのは携帯電話で「山分け」の話をしていた男でしょう。

当のそっくりさん。
中国の人のようです。
名前など詳細は不明。
彼女が「龍の瞳」の鍵を握る……筈。

何より驚いたのは佐木(弟)の登場。
流石は「大シリーズ」を名乗るだけはある。
これは他にも過去作品のゲストが登場しそう。
ということは、いよいよ高遠さんも関与して来る?

考えられるストーリーとしてはこんな感じ?

過去、「龍の瞳」を巡り殺人事件が発生。
だが、殺害を犯したにも関わらず「龍の瞳」は手に入れられなかった。

そして、現在。
香港を訪れた金田一、美雪、佐木。
「龍の瞳」に繋がる者と間違われ、過去の事件の犯人(携帯の男)に美雪が連れ去られる。

異郷の地で途方に暮れる金田一たち。
と、その前に美雪そっくりの少女が現れる。
美雪は無事だったのか?
だが、彼女は美雪ではなかった。

でもって、2話以降で美雪を連れ去った犯人(携帯の男)が殺害される。
美雪が此処で保護されるか、それとも、もう1人の犯人に連れ回されるかが本作の真価を分けそう。
ちなみに犯人は過去の被害者の家族とみた!!

こんな展開かな。
なんだか、モチベーションがグンと上がって来たぞ!!

果たして、管理人の推理は何処まで正しいのか?
気になる「香港九龍財宝殺人事件」は、32号(7月11日発売)より連載開始!!

「香港九龍財宝殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
【早くも確定、犯人はこいつだ!!】「暗黒城殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「暗黒城殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【解決篇】「暗黒城殺人事件」3話・最終話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)





シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





「(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)」です!!
(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。