2012年07月12日

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 看護師戸田鮎子の推理カルテ 京都・奥嵯峨保津川渓谷殺人事件!不倫と殺意の秘密を隠す多重トリックの罠(京都奥嵯峨に救命のナースコール)」(7月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 看護師戸田鮎子の推理カルテ 京都・奥嵯峨保津川渓谷殺人事件!不倫と殺意の秘密を隠す多重トリックの罠(京都奥嵯峨に救命のナースコール)」(7月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

看護師の戸田鮎子(本仮屋ユイカ)が働いている嵯峨野中央病院産婦人科病棟で、入院中の江田まゆみ(寺田千穂)が産まれたばかりの赤ちゃんを置き去りにして失踪してしまった。まゆみは2年間の不妊治療の結果ようやく子供を授かったばかりで、突然失踪するとは考えづらく、鮎子たちは懸命にその行方を探す。
そんな中、病院の理事長・田畑が新幹線の車内で倒れ名古屋の病院に運ばれたとの知らせが飛び込んできた。鮎子はまゆみの行方が気になりながらも、看護師長の吉岡万里子(山村紅葉)の命を受け、看護師の村瀬由美子(小林きな子)と川島恵子(岩崎ひろみ)、医師の若木圭太(大沢樹生)と小林真吾(河相我聞)と共に名古屋の病院へ向かう。しかし翌日、田畑は息を引き取り、東京で仮通夜と葬儀が営まれることになった。
鮎子と若木は先に東京に行き、小林と由美子と恵子は世話になった名古屋の医師たちへお礼の品を届けてから東京に向かうことになった。その後、小林の発案で由美子と恵子は先に東京へと向かい、小林は挨拶回りを終えてから東京に行くことに。しかし、恵子はどうしても済ませなければいけないことがあると言って一旦京都に戻ってしまい、そのままその夜の仮通夜や翌日の本通夜、翌々日の告別式に姿を現さなかった。
鮎子たちが告別式を終え京都に戻って来たその翌日、保津川の川原で女性の遺体が発見された。京都府警の警部・狩矢壮助(榎木孝明)は、遺体のポケットにこの女性と赤ちゃんが写っている写真が入っているのを見つけ、身元を特定するため鮎子の病院へ。その結果、遺体はまゆみであることが判明する。さらに司法解剖の結果、まゆみは病院から失踪した翌日に保津川で殺害されたことも明らかとなる。狩矢は事情を聞き進めるうち、1人だけ事件当夜のアリバイがない恵子に疑いの目を向け始める。
鮎子は、まゆみの夫が不倫をしていたこと、また、同じく不倫をしていたまゆみが、赤ん坊の父親が誰なのか確認したいとどこかに電話をかけていたことを掴む。さらに、疑いの目を向けられている恵子が、医療器具会社の社員で病院に出入りしている北野瑛二(高知東生)と恋人関係にあり、事件当夜は今後の2人の関係について話し合いを持っていたことを知る。恵子のためにも北野にアリバイを証言して欲しいと考えた鮎子は、恋人で新聞記者の田原陽一(永井大)の力を借り、北野の自宅を訪ねることに。しかし、北野はすでに何者かに殺害されていた!鮎子はそこで、まゆみと北野の意外な接点を掴むが…。
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

若い妊婦のエリカは、お腹の子供の父親について決して明かそうとしなかった。
両親はそんなエリカお怒鳴りつける。
反発するエリカだったが、その場を執り成したのが栄養士の木村杏子だった。
杏子の活躍で、エリカも両親も出産に前向きになる。

一方、鮎子の恋人である新聞記者の田原は隙を見ては鮎子と良い雰囲気に持ち込むが、いつもあと一歩のところで鮎子の父親代わりである狩矢に妨害されていた。

出産したばかりのまゆみが姿を消した。
まゆみは不倫しており、お腹の子供の父親のことで揉めていたようだ。
まゆみの行方は杳として知れないが……。

矢先、理事長の田畑が名古屋で倒れる。
この報に、病院側から代表が現地へ赴くことに。
医師からは若木、小林の2人。
看護師からは鮎子、恵子、由美子の3人。
小林は院長の娘・陽子と結婚を控えた若手のホープである。

ところが現地へ赴くと、田畑は病死してしまった。
若木と鮎子は東京へ。
残った小林たちも恵子と由美子を先に東京へ向かわせ、小林自身も後から東京へ向かうこととなった。
小林のチケットを確認した由美子。
そこには「名古屋発」と記されていた……。

その数日後、まゆみが死体で発見される。
由美子がチケットについて証言したことで小林にはアリバイが成立。
他の面々も同様にアリバイが成立し、1人、別行動をした恵子に容疑がかかる。

だが、恵子は殺害時刻に恋人の北野と居たのだ。
北野に遠慮してアリバイが証言出来ないらしい恵子に代わり、鮎子は北野に真実を明かすよう彼の自宅へと向かう。
ところが、北野は殺害されていた……。

田原の調査により、北野が過去に医師だったことが判明。
まゆみと同じく伏見北病院に勤務していたらしい。

ところが、伏見北病院で過去に医療事故が起こっていたことが判明。
この事故の責任をとって、神谷亮太という名の医師が自殺していた。
当時の報道によれば「3人のK医師が医療ミスに関与していた」とされていた。
北野もこのミスに関与していたのだ。
神谷、北野、もう1人「K」のイニシャルを持つ人物が関係していることになるが……。

鮎子はその人物こそが犯人ではないかと疑い始める。

神谷亮太について調べ始めた鮎子と田原。
亮太の妹が恵子であること。
恵子が母親に捨てられていたことを突き止める。
亮太と恵子の母親は緑川康代という名前らしい。

緑川康代を訪ねた鮎子は、栄養士の木村杏子こそが緑川康代であると知る。
康代は杏子を名乗り、誰かを調べているらしい。
どうやら、亮太の死に関連しているらしいが……。

亮太の死について調べたところ、他殺の可能性が浮上。
しかも、亮太の友人として小林の名前が浮かぶ。
3人目の「K」は小林だったのだ。
小林が医療ミスの責任を亮太に押し付け殺害したのでは……。
さらに、小林にはまゆみと北野の死にも関連している可能性がある。

小林が限りなく怪しい。
だが、小林にはまゆみ殺害について「名古屋から東京」へ向かう「のぞみ」に乗っていたとのアリバイがあった。
由美子が小林のチケットを確認しているのだ。

しかし、鮎子は小林のアリバイにはトリックがある筈だと睨む。
もしや、「名古屋から東京」ではなく「名古屋から京都」のチケットだったとしたら……。
犯行は可能になるのだ。

さらに、田原の「麦茶のつもりで紅茶だったら胃袋だってビックリするよ!!」との言葉に事件の真相を見抜く。

一方、杏子は亮太の死亡現場に小林を呼び出し、対決する。
これに気付いた鮎子は「杏子さんが危ない」と現地へ急ぐ。

その頃、杏子は亮太の死に小林が関与していると考えて、包丁で小林に襲い掛かっていた。
そこへ駆け付ける鮎子たち、小林をまゆみと北野殺害の犯人として告発する。

「名古屋から京都」のチケットを利用し、アリバイを作った小林は、まゆみを川の水を貯めた浴槽で殺害していたのだ。
「麦茶と思ったら紅茶」とは「水道水と思いきや川の水のこと」だったのである。
だが、この川の水を貯める際に使用したペットボトルが動かぬ物証となった。
此処に小林は罪を認める。

まゆみの不倫相手は小林だった。
まゆみは子供の父親の件で小林に迫った。
だが、小林には院長の娘・陽子との縁談が控えており、まゆみが邪魔になり殺害したのだ。

北野は、まゆみ殺害を小林の犯行と気付き告発しようとして殺害されたのだった。

そして、神谷亮太の死も小林による殺人だった。
亮太は医療ミスの責任を取るべきだと迫った。
だが、小林は「ミスは誰でもするものだ」と開き直り、口封じすべく亮太を殺害したのだ。

犯行を告白しているにも関わらず、反省の色を一切見せない小林に杏子はさらなる殺意を……。
其処へ狩矢が立ち塞がる。
「彼は法が裁きます」
この言葉に杏子は復讐を諦めるのだった……。

鮎子は恵子を杏子に引き合わせ、親娘の名乗りを上げさせた。
恵子と杏子はこれにより和解出来た。

半年後、エリカの子供の父親が名乗り出て来た。
父親は大学生の山田智也。
ガソリンスタンドや家庭教師のアルバイト、日曜日は子供たちにサッカーを教えているらしい。
好青年然とした風貌に鮎子は彼を応援する。

一方、田原は鮎子の父の霊前に結婚を申し込むことを誓い、そのまま鮎子にプロポーズしようとするが……。
狩矢が現れ、田原のプランは失敗に終わるのだった―――エンド。

<感想>

「山村美紗サスペンス 看護師戸田鮎子の推理カルテ」第1弾です。
戸田鮎子シリーズのドラマ化はこれで3度目。
過去に斉藤由貴さん主演で2度ほど(1994年、1995年)ドラマ化されています。
つまり、今回のドラマでシリーズ復活となりました。

ドラマ原作は山村美紗先生『雛祭り殺人事件』(文藝春秋社刊『殺人予告はリダイヤル』収録)。

<あらすじ>

看護婦戸田鮎子が勤める病院で中絶手術をした女性が水死体で発見され、鮎子のもとには無言電話が――新聞記者田原とのコンビで謎を解くシリーズ第二弾。傑作四篇を収録。(塩沢とき)
(文藝春秋社公式HPより)


原作は戸田鮎子シリーズの短編だったんですね。
そして、何故かあらすじには故・塩沢ときさんのお名前が。
調べたところ、この「文庫版あらすじ」は塩沢さんによるもの。
どうやら、塩沢さんはドラマ版「戸田鮎子」にて瀬川役で出演されていたことから引き受けられた様子。
文藝春秋社の他作品では山村紅葉さんも『京都島原殺人事件』を担当されています。

では早速、新作ドラマ版の感想を。

キャラの設定が「土曜ワイド劇場」の「狩矢親娘シリーズ」を彷彿とさせる作品でしたね。
キャラについてはなかなかでした。

チケットのくだりかなり大胆でしたね。
あからさまに指で行く先を隠してました。
あれを見た瞬間に「小林が犯人だ!!」と叫ばれた方も多かったことでしょう。

でも、あのやり方はフェアですね。
下手にチケット半分を画面外で切るよりは、絶対に良い。
なにしろ、作中人物には画面外の概念がありませんから。
その点、かなり好感が持てました。

ただ、その他のシナリオには不満。
まゆみは医療ミスには関係ないし。
つまり、医療ミスに関連しての殺害である亮太殺害とその後の連続殺人には直接的な繋がりは無いワケで。
あれならば、亮太殺害に関連してまゆみに脅迫されたので口封じの方が筋が通っていたのではないか。
「亮太の殺害」と「まゆみ、北野の殺害」が別々で浮いていたと思う。
あと、恵子の存在が果たして必要だったのかも、甚だしく疑問。

それと、キャストの面で些か難が……。
脇を固めた面々には問題はありませんでしたが、鮎子がちょっと……。
演じられた本仮屋ユイカさんとキャラが合わなかったのではないでしょうか。
もっと今よりも、台詞より動きで感情を表現するタイプの役の方が良かったかもしれません。

正直、シリーズ化にはハードルが高い印象です。
「狩矢親娘シリーズに似ている」ということは既に先行作があり「特にこちらを見る必要があるとは言えない」ということ。
ただ、先行作が成功していることから、シリーズ化されればそれなりに面白くはなりそうな気もします。

<キャスト>

戸田鮎子:本仮屋ユイカ
狩矢壮助:榎木孝明
田原陽一:永井大
吉岡万里子:山村紅葉
木村杏子:浅茅陽子
川島恵子:岩崎ひろみ
若木圭太:大沢樹生
小林真吾:河相我聞
北野瑛二:高知東生
村瀬由美子:小林きな子 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
・狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件!祇園祭愛人同伴ツアー、貴船の流しそうめんが暴く水上密室の謎」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・赤い霊柩車シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・「空港警察・刑事課 今井陽子」シリーズ
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「黒の滑走路〜禁じられた一族 空港に女社長刺殺体!巨額遺産を巡る嫉妬と罠が交錯する連続殺人に潜む親子の屈折愛と衝撃の真実」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第4弾 黒の滑走路2〜花婿がみた悪魔〜不倫美女、浮気妻、元秘書と弟…怨念宿る復讐劇に魂を捧げた悪魔が仕掛けた驚愕トリックとは!?」(5月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・その他
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美 京都伏見・月下美人殺人慕情〜鬼姑ダメ嫁修羅場の真実!闇の花が誘う復讐殺人の罠(最新作!!京都伏見・月下美人のトリック!!愛猫が見た鬼姑殺し)」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗!京都東山〜密室トリック殺人事件 京友禅に描かれた死者からのメッセージ!5つの文字が隠す禁断の愛憎劇(京友禅に描かれた鏡文字は死者からのメッセージ)」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第1弾 小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜広島尾道竹原で起きた連続殺人に潜む怨念!美人料理記者と草食系編集者が追う凶器に秘められた衝撃真実…」(5月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第3弾 推理作家・池加代子〜殺しのシナリオ〜主演女優が撮影中に毒殺!私の書いた台本で人が死ぬ…華やかな女優の世界に潜む嘘と殺意を徳島の渦潮が見た!」(5月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

「殺人予告はリダイヤル (文春文庫)」です!!
殺人予告はリダイヤル (文春文庫)





◆山村美紗先生の作品はこちら。


【関連する記事】
この記事へのコメント
榎木さんが狩矢警部役ですか。

榎木さんといえば、フジテレビ版の浅見光彦シリーズでもおなじみですが、榎木さんが光彦役だったときの陽一郎役・西岡徳馬さんも狩矢警部役の経験者です。(かたせ梨乃さん主演の名探偵キャサリンシリーズ)

初代、2代目の陽一郎役がここでも同じ役を経験するというのは、妙な偶然です。
Posted by Me at 2012年07月12日 17:25
Re:Meさん

こんばんわ(^O^)/!!
管理人の“俺”です!!

おおっ、言われてみれば確かに!!
お2人ともそうです。

作中ポジション的に「主人公を力強くサポートする」点が共通なので、このタイプを演じることの出来る役者さんがキャスティングされるのかもしれませんね。
Posted by 俺 at 2012年07月13日 00:20
初めまして。

サスペンスドラマのファンでも産科に勤めているものからすれば、このドラマは…そもそも、鮎子さんが、子供を見つめて、そっから、山村紅葉さんが、産科看護師が子供を見つめていて、仕事になりますか!と、怒鳴り、お仕事、お仕事と言ってますが、鮎子さんは、産褥担当のみなんですかね。あの産科看護師って、その日、その日によって、担当が変わるのですが。
それについては、鮎子さんの仕事ぶりについては、余り触れてないのが、気になります。
その日は、産褥担当 その日は、新生児室 担当と変わるのに、鮎子さん達は、産褥婦担当のみ。
実際の産科看護師さんでは余りない事です。
しかも、産科って、唯一、監視が厳しい所ですから、そんな簡単に脱走や誘拐とかは、出来ない筈(この話には誘拐はなかったですが、現実に過去に新生児の誘拐事件等があり、警備は厳しくなっています。)なので、そう簡単に患者の脱走を許してしまうって、しかも、病院の中には警備員も一杯いるのに、そもそも、警備員役とか全然、出てこないですよね。脱走や失踪なら、看護師だけでなく、警備員さんの責任でもあります。後、鮎子さん、看護師なのに、夜勤がないのは…産科とか関係なく、看護師には、夜勤が付き物です。
後、本仮屋ユイカさんと岩崎ひろみさんは、スターダストという、今、ももクロが有名ですが、二人とも、同じ事務所の所属です。
しかも、朝ドラ経験者でもあります。
なので、そういう繋がりで、無理やり、恵子という人物を引っ張ってきたのではないかと思います。
Posted by 香 at 2013年01月28日 04:48
Re:香さん

こちらこそ初めまして!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

産婦人科の看護師さんと一口に言っても、仕事の内容がさまざまに異なるんですね。
そして、1人でそのさまざまな仕事をローテーションでこなしているということでしょうか。
命を預かる現場だけに、緊張感も凄そうです。
やっぱり、実際の現場はドラマとは違うんですね。

それにしても、1人でさまざまな担当をローテーションするというのは意外な驚きです。
すべてに通じていないと咄嗟に対応出来ないからでしょうか。

確かに、本作では夜勤について描かれていませんでしたね。
以前視た斉藤由貴さんが演ずる看護師さんのドラマでは夜勤のシーンも描かれていました。
もちろん、警備員さんも登場されていました。

鮎子さん、たまたま夜勤には当たらなかったのか、あるいは新しいシステムを導入した病院だったのか、はたまた別の何かなのか……ここらは設定によるのかもしれませんね。
気になる……。

なるほど、その繋がりで恵子さんが登場したワケかぁ。
もっと、きっちりストーリーに絡ませて欲しかった気もします。
Posted by 俺 at 2013年01月28日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。