2012年07月11日

「香港九龍財宝殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「香港九龍財宝殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

3週の休載を経て、いよいよ新シリーズの開始です!!

【「香港九龍財宝殺人事件」登場人物一覧】
金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

瀧川龍太:ファッションショー「ガーリーモード」の責任者。
新力(シン・リー):金田一たちが香港で出会った人物。被害者候補。
王皇帝:謎の3人に殺害された人物。
謎の3人:王皇帝殺害に関与した3人組。新力(シン・リー)もこの1人?
美雪のソックリさん:名前不明、1話ラストで登場。

<1話あらすじ>

数十年前の香港九龍―――その片隅で1人の男の命が奪われた。
男の名は「王皇帝」。
彼は信じていた仲間3人に裏切られる形で殺害されてしまう。
「お前らの狙いは龍の瞳だろが、あれは手に入らん。それどころか、お前らには毒龍の呪いが降りかかるだろう」
絶命間際に王の口から告げられた言葉……それは真実か否か?

現在、不動高校。
美雪が同級生から羨ましがられていた。
遂に美雪が雑誌モデルデビューを果たしたのだ。
周囲の話題はこのことで持ち切りである。
複雑な気持ちの金田一は、背後から美雪の胸を揉むという暴挙に及ぶ……。

その帰り道、美雪に謝罪する金田一。
と、2人の前にイケメンが。
イケメンの名は瀧川龍太、モデルを取り仕切っている有名人である。
「まさか、これほどそっくりとは……」
美雪を見て驚いた様子の彼は美雪に新たなステップを提示したいと申し出る。
それは、海外デビューであった。

こうして、美雪は香港の地に立っている。
その傍には金田一の姿も……。

実は、瀧川によれば急な海外デビューにはある事情があったのだ。
「美雪によく似たモデルが失踪したので、そのピンチヒッターをお願いしたい」
これが本当の理由だったのである。

これを聞きつけた金田一は心配のあまり随行することに。
九龍周辺を観光して巡る金田一たち。

そこで意外な出会いが……なんと、佐木(弟)もやって来ていたのだ。
こちらは家族観光らしいが、相変わらずの一家ばらばらの別行動だそうだ。
佐木も合流し、観光する面々。

地元でも有名な占い師に占って貰うが、生憎、現地の言葉が分からない。
困っていたところ、通りすがりの人物が通訳を買って出る。
彼の名は「新 力(シン・リー)」。
シンによれば、占い師は「モデルとしてやって来たあなたたちに、これから大変な苦難が降りかかる」と言っているらしい。
不吉な予感に苛まれる金田一たち。

シンの案内で周囲を回ること暫し、美雪の服が汚れてしまう。
美雪は近くの服屋に飛び込み、試着することに。

その陰で、不審な動きを示すシン。
どこかへと電話を架けた彼は「これで龍の瞳は山分けだぞ」と述べる。

一方、そうとは知らない金田一たち。
美雪の様子を眺めていた佐木(弟)は「試着室から消える若い女性」の都市伝説を始める。
先程の占いもあり、不安に駆られた金田一が試着室を確認すると、美雪の姿が消えていた。
どうやら、奥にもう1つ扉があり、美雪は其処から何者かに車で連れ出されたらしい。

慌てて、追いかける金田一。
途中、自転車を借りてまで追跡するものの、角を曲がった弾みでドリアンの山に激突し撒かれてしまう。
金田一は、ドリアンの匂いの中、地団太踏んで悔しがる。

しかし、ただでは転ばないのが金田一。
相手の車に自身の携帯を放り込んでいた。
追跡アプリを用い、追いかけた金田一は怪しげな男たちが屯する家を発見するが……。

と、緊張する金田一たちに話しかける子供が1人。
その手には金田一の携帯が握られていた。
どうやら、犯人に行動を読まれていたらしい。
しかも、直後に携帯にメッセージが。

其処には「もしも、警察に通報すれば、預かった女を殺す」と記されていた……。

困り果てた金田一たちは、自身の足で美雪を捜すことに。
あちこちを捜しまわり、遂に九龍城跡地を訪れる。
ところが、ふと見れば……美雪が居るではないか!!
胸を撫で下ろしつつ声をかけてみるが……。

「あなたたち、誰?」
彼女の口から飛び出したのは思いも寄らぬ言葉であった―――2話に続く。

<感想&推理>

新シリーズ「香港九龍財宝殺人事件」第1話です。

公式HPの予告通りの展開でしたね。
海外へ出発した金田一たち、ところが美雪が誘拐されてしまうことに。

最後に登場したソックリさんの身代わりに美雪が呼び出されたのは間違いないようです。
気になるのは、誰が美雪を誘拐したか。
シンの関与は間違いないとして、龍の瞳も関係している模様。
となると、王皇帝を殺害した一派(3人組)が首謀者かと思われますが……。
シンは3人組の1人っぽいなぁ……。

ただ、瀧川龍太が美雪を渡航させたことを考えるとこちらも関与はほぼ確定。
ちなみに、瀧川龍太……あからさまに名前の中に「龍」が2つも!!
龍の瞳の関係者?

でも、瀧川が王殺害に関与しているとは思えない。
3人組の1人であるシンを「龍の瞳」を餌に利用したのか?
名前の件もあり、瀧川は王の親族のような気がする。
どちらかと言えば、毒龍の立場に近そうな気も……。
美雪のソックリさんは「龍の瞳」に繋がる末裔といったところか。

まとめると「毒龍の復讐殺人計画に美雪が巻き込まれた」となりそう。

気になると言えば、3人組。
1人がシンとして、もう1人が女性かな。
彼らが被害者になる展開と思われる。
もちろん、殺人者は毒龍。
この毒龍の正体を探るのが今回のメインか。

現在のところ、毒龍候補は瀧川かなぁ……あからさまに仕組んでるし。
ただ、ここまで怪しいと逆に不安。
「美雪のソックリさんが敢えて失踪することで瀧川を利用した」との説も考えられそう。

ちなみに、1話で出て来たキーと思われる事柄はこちら。

・ドリアン
・佐木(弟)

ドリアンは匂いの為に出て来た可能性アリ。
美雪とソックリさんを見極める際に香水などの匂いが関わるのではないか。

そして、佐木(弟)といえばビデオカメラ。
録画が役立つことになりそう。

つまり、嗅覚と視覚がポイントかな。

1話は此処まで。
以上を踏まえつつ、2話に期待!!

◆「香港九龍財宝殺人事件」関連過去記事

2012年7月スタート「金田一少年の事件簿」新シリーズタイトルは「香港九龍財宝殺人事件」!!

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)





シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





「(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)」です!!
(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。