2012年08月01日

「三億円事件奇譚 モンタージュ」第93話(講談社ヤングマガジン連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「三億円事件奇譚 モンタージュ」第93話(講談社ヤングマガジン連載中)ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


登場人物一覧は本記事下部に移動しました。

<第93話あらすじ>

〜〜前回までのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜

沖縄へと到着した大和たちは、響子と出会うことに成功。
同じ頃、鈴木の義父は「鈴本」を名乗り、響子たちに接近していた。

一方、関口二郎とその双子の兄・欽一は水原と夏美の排除を決意する!!
そして、鈴木は―――!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関口二郎と欽一が水原たちの排除を決意していたその頃。
福祉施設「まごころの里」では、ある人物が暗躍していた。

「最近は顔を見せなかったわね、二郎。そういえば欽一はどうしてるの?」
車椅子で押される老女・関口弘美が後方の男性に声をかけていた。
弘美に二郎と呼びかけられた男性は、その声には答えず沢田について優しく尋ねる。
「沢田ちゃん!?沢田ちゃんだったらサービスしてもええんよ!!」
男の発した「沢田」との言葉に、急に生き生きと語り出す弘美。
ところが、その前をワンピースを着た少女が横切った途端、悲しげな声を出す。
「ヨウちゃんにも似合うだろうに……」
弘美の挙動は安定していない、さながら童女のようにあちらの次はこちらと興味が遷っているようだ。
弘美の車椅子を押していた男性は何やら考え込む素振りを見せる―――彼こそは鈴木泰成であった。

「ええ、関口さんには過去にお世話になりまして」
弘美を介護する施設の職員に挨拶し、その場を去る泰成。
泰成は警備員として党本部に潜入すると沢田の登記簿を調べた。
結果、関口弘美の名前が浮上したのだ。
そして弘美と接触し、関口兄弟が弘美の実子ではなく養子であることを突き止めた。
さらに、どうやら弘美には「ヨウちゃん」と呼ばれる実子がいたらしいことも分かった。
それにしても―――泰成は思う「沢田に子供が居れば、良い復讐の道具になっただろうに」と。

同じ頃、沖縄の大和。
今日は響子に連れられ、キャサリンや未来と共に、とある山中に赴いていた。
1体の地蔵にお参りする響子。
何でも、詳しくは知らないがそれなりに由緒のある地蔵らしい。
その地蔵の台座に罅を見つける大和、しかも、よく見れば地蔵はコンクリートで出来ていた。
どうにも地蔵が気になる大和だったが……。

その帰り、響子の案内で彼女オススメの和食屋を訪れた一行。
そこで振る舞われた玉子焼きを食べた未来と大和の顔色が変わる。
玉子焼きは、彼らが良く知る味だったのだ!!

店主のマサによれば、1985年頃にやって来た板前に教わったものらしい。
「たしか、あの兄ちゃんは鳴海って言いよったな」
「まさか、その人の名前は鳴海鉄也ではありませんか?」
「あれ、なんで知ってるの?」
少し驚いた様子のマサ。
さらに驚いた様子の大和。

それもその筈、鳴海鉄也は死亡したとされる大和の父の名であった。
その父が若かりし日に沖縄に滞在していたのだ―――94話に続く。

<感想>


鉄也の足跡!!


沖縄篇第16回にして関口過去編5回目となりました。

今回、かなり情報量が濃いですよ〜〜〜。
一部に伏線回収と新たな謎が提示されました。

まずは、関口弘美。
沢田の名を聞いた際の反応から、過去編で出て来た沢田と親しい風俗店の店員でしょう。
欽一、二郎と出会った沢田が、弘美の名義を利用し兄弟を育て上げたものか。

さらに、これまで雄大かと思われていた泰成の最終的な目的が、どうやら沢田にあるらしいことも判明。
雄大を利用し、沢田を追い込むことが目的だったのか?
だが、未だに沢田にとって致命的な証拠となるであろう血塗れの旧紙幣を使わないあたりが謎だ……。

一方、気になったのは「ヨウちゃん」。
弘美によれば、女性のようですが……。
そういえば、未来の母の名が「葉子」だった筈ですがまさか……。
小田切家も此処で関与して来る?
そうなると、鉄也とも親しかった武雄にも何かある!?
う〜〜〜ん、謎が謎を呼ぶ……。

でもって、謎の地蔵。
コンクリート製ということから、少なくとも1985年ごろに出来た物か?
どうにも、軍艦島のときと同じ匂いが……何か隠されている!?

さらに、1985年に鉄也が沖縄に居たことが判明。
ただし、現状では鉄也を名乗る別人の可能性もある。
ただ、もしこれが本物の鉄也ならば響子を見守っていた(監視)可能性が高い。
当初の頃、考えていた鉄也は偽名で、正体は「3億円事件の犯人」説は合っていたのか?
年齢も鉄也の戸籍を手に入れた際に、変わった可能性もあるか。
しかし、まだまさ予断を許さない!!

一方で、最近になり唱え出した「雄大囮、鉄也真犯人」説はかなり怪しくなったか。
いやいや、これもまだ分からないぞ!!

ん〜〜〜、今回も大盛り上がりな回でしたね。

変わって、現在の勢力図はこんな感じ!?

@大和たち(水原含む)
A沢田たち(関口兄弟)
B雄大一派(雄大死亡!?)
C泰成一派(義父の鈴木)

Aの沢田たちも関口兄弟と沢田の間には含みがある様子。
Cの泰成と義父の間もいろいろあり、決して一枚岩とは言え無さそう。

以上のように争いは3つ巴から4つ巴に。
更なる激化は間違いないか?

とりあえず、今回はここまで。
逃亡し続ける大和と未来の明日はどっちだ!!
94話に期待です!!

ちなみに、2012年6月6日に「三億円事件奇譚 モンタージュ」最新第8巻が発売。
購入希望者は本記事下部のアマゾンさんリンクから是非!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話から第90話(講談社ヤングマガジン連載中)までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「三億円事件奇譚 モンタージュ」第91話(講談社ヤングマガジン連載中)ネタバレ批評(レビュー)

「三億円事件奇譚 モンタージュ」第92話(講談社ヤングマガジン連載中)ネタバレ批評(レビュー)

◆登場人物一覧

【現代】

鳴海大和:主人公、三億円事件の犯人の息子と呼ばれるが……
小田切未来:大和の幼馴染み、両親の行方不明後は大和と共に逃亡中

鳴海鉄也:大和の父、五つの首(首、手首、足首)を失くした遺体で発見されるが……
小田切武雄:未来の父、突然姿を消した。関口が行方を知っているらしい……。
小田切葉子:未来の母、突然姿を消した。関口が行方を知っているらしい……。

鈴木泰成:未来の両親の後輩、要所要所にて不穏な動きを見せていたが……。
水原:福岡県警所属の巡査。上司曰く「検挙率100%男」。15話より登場。
夏美:泰成の塾の教え子。大和に一目ぼれする。14話より登場。

土門:過去編の土門その人。足を洗い東海林とは友情を築いていた。47話時点では既に死亡している、病死らしい。享年70歳。
土門あきら:46話で登場した土門の孫娘。未来より1つ年下の17歳。

響子:現代編の響子。沖縄にてバーを経営していた。80話より登場。
キャサリン:響子が経営するバーの女給。81話より登場。

関口二郎:元祖悪徳警官、眼鏡の男の命令に従い大和と未来を追う。
眼鏡男:関口に指示を与えている男、どうも謎の男と同一人物らしい(42話)。88話にて関口の双子の兄・欽一と判明。

沢田幹事長:19話で登場、謎の男を従えているが……。
謎の男:シルエットのみ登場した沢田の腹心。関口に指示を与える人物と同一人物らしい(42話)。88話にて関口の双子の兄・欽一と判明。

松葉杖の男:30話で登場、小田切家を訪ねたシルエットの人物。48話で川崎雄大と判明。

朝霧:46話で登場、沢田の部下らしい。45話で石川を殺害したのは彼。64話で関口に殺害される。

小柳翔太:61話で登場、負傷した大和と水原を助けた。以後、大和と行動を共にする。
茜:61話で名前のみ登場、翔太の彼女で社会人らしい。69話で大和たちを匿う。

真玉橋:ホスト風の男性だが実は警部だった。フェリーにて大和たちと乗り合わせる。
鈴木:泰成の義父。どうにも行動が腹黒い男。泰成すらも信用していないようだが……。
関口弘美:沢田と親しいらしい関口兄弟の養母。過去編で沢田が出入りしていた風俗店の店員か?

森田:1話にて関口と共に現われた捜査員。以降、本編に出番なし。
血塗れの男性:元刑事、1話にて殺害される。これは関口の犯行だった。実は過去篇の東海林。
ボート小屋のオヤジ:軍艦島付近でボート小屋を営んでいた。6話で関口に殺害され、この殺人容疑が大和と未来にかかっている。
土居:18話に登場。ミステリ作家兼コメンテーター。三億円を信じていなかった。
島田:5話より登場。関口の部下だったが、19話で失態を犯し関口に処刑された。
夏美の母:関口と男女の関係にある。
水原の祖母:44話より登場。その自宅は東京での大和たちの活動拠点となっている。
石川:東海林の同僚、45話にて登場。同話にて朝霧に口封じされてしまう。
東海林の息子:45話にて登場。東海林の一人息子だが東海林とは折り合いが悪かったらしい。
高野:65話で登場。関口に協力し証拠を隠滅した。69話で関口に殺害される。

【三億円事件当時】

川崎雄大:22話より登場。三億円事件では白バイ警官役を演じたらしい。和子との間に一子をもうける。
望月竜:23話(22話は名前のみ)より登場。雄大と共に三億円事件を実行した。
響子ギブソン:竜の恋人。竜と共に土門への対策を練っていた。
土門:地元の顔役(地廻り)。竜と対立するが……
東海林:25話にて登場。土門を追う刑事。雄大の機智に興味を持っていた。後に1話で殺害された老刑事が彼と判明(37話)。
沢田慎之介:26話より登場。竜の顔馴染み&雄大の友人、日本の行く末を憂慮していた。28話にて後の幹事長と判明。
横溝:26話より登場。竜の後輩。
和子:27話より登場。雄大と交際中の女性。雄大との子供を妊娠するも事故死。
和子の子供:28話に登場。雄大と和子の子供。未熟児で生まれた。現代篇の誰になるのか?

健:真理のヒモ、関口兄弟を虐待する。89話より登場。
真理:関口兄弟を拾った人物、健の恋人。89話より登場。

2012年6月6日発売「モンタージュ(8) (ヤングマガジンKC)」です!!
モンタージュ(8) (ヤングマガジンKC)





2012年3月6日発売「モンタージュ(7) (ヤングマガジンKC)」です!!
モンタージュ(7) (ヤングマガジンKC)





2011年12月10日発売「モンタージュ(6) (ヤングマガジンKC)」です!!
モンタージュ(6) (ヤングマガジンKC)





2011年9月6日発売「モンタージュ(5) (ヤングマガジンKC)」です!!
モンタージュ(5) (ヤングマガジンKC)





2011年6月6日発売「モンタージュ 4 (ヤングマガジンコミックス)」です!!
モンタージュ 4 (ヤングマガジンコミックス)





2011年3月4日発売「モンタージュ(3) (ヤングマガジンKC)」です!!
モンタージュ(3) (ヤングマガジンKC)





12月10日発売「モンタージュ(2) (ヤングマガジンコミックス)」です!!
モンタージュ(2) (ヤングマガジンコミックス)





10月6日発売「三億円事件奇譚 モンタージュ(1巻)」です!!
モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)





本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)





◆渡辺潤先生の作品はこちら。



【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。