2012年08月03日

2012年8月2日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

待望の2巻も発売された阿部共実先生「空が灰色だから」(秋田書店)。
ネット上で話題となっており、1巻は今も順調に版を重ねているとの情報も流れています。
2012年7月18日には「asahi.com」さんにて「シュールで不思議な短編集」として紹介もされました。
実際、読んでみると不思議な魅力を持つ本作。
面白いものを読んだら語らずにはいられない管理人にとって、十分に語るべき対象となる作品であります。

というわけで、2012年8月2日に掲載された作品のあらすじをまとめておきます。

これを読んで興味を持たれた方は、是非「週刊少年チャンピオン」本誌連載とコミックスにもチャレンジして貰えればオススメした甲斐があるかもしれません。
直に本作を目にして貰えればその不思議な魅力をご理解頂けるかと思います。

では、本作の魅力を出来る限りお伝えするべくネタバレ批評(レビュー)です。

◆2012年8月2日「週刊少年チャンピオン」掲載

夏休みが終わり、新たな学期が始まった。

女子高生の後田は、同級生の女子・小谷から声をかけられる。
小谷を見た後田は驚いた!!
小谷自慢の長い髪がばっさりと切られていたのだ。
後田は小谷に事情を尋ねることに。
問われた小谷はポツポツと事情を明かす。

夏休みが始まる直前、意中の男子・志村に告白しようとした小谷。
ところが、志村は他の女子と笑顔で話していた。
事破れたと感じた小谷は……。

「失恋で髪を切ったんだ!!」後田の言葉に。
「いや、違うよ」あっさりと答える小谷。

失恋したと思った小谷は、苦しい心中を同級生の男子・沼井に相談。
沼井は小谷に好意を抱いているらしく親身に相談に乗った。

……が、それは関係なく小谷は髪を切ろうとし美容院へ。
だが、肝心の費用が足りないことに気付く。
しかし、美容師が小谷の髪を是非、切らせて欲しいと伝えて来た。
小谷は美容師の求めに応じると答え……。

「それで、髪を切ったんだ!!」
「いや、違うよ」

……美容師に頼まれた小谷だが、それはすっぽかした。
むしろ、夏休みが始まり、長身のエースを擁する贔屓の野球部が甲子園に出場することを喜んだりしていた。

それはそれとして、散髪代が必要となった小谷はバイトをすることを決意。
コンビニに赴くと店長から採用の返事。
但し、長髪をどうにかするようにとのこと。
その長髪をどうにかする為にお金が必要だからバイトしようと言うのに本末転倒だ。
ということで、これまたすっぽかすことに。

そうこうするうちに、沼井からデートに誘われる。
デートの当日、小谷は家族旅行に出かけていた。
この間、何度か携帯に電話があったが、それは無視した。

旅行から戻り、携帯電話を買い替えた。
だが、相変わらず、何者かからの電話が続いた。
ちなみに、電話番号が変わったことを沼井には伝えていない。

「携帯の費用は?」と後田。
「親に貰った」と小谷。
「だったら、散髪代も親に貰えば……」との後田のもっともな問い。
「いや、それは違うから」と小谷。

そんなこんなですっぽかしを続けていると、贔屓の野球部が甲子園一回戦で消えた。
ショックだった。
この間も、電話は何度もかかっていたが、無視した。
まだ、沼井に電話番号は教えていない。

「いやいや、電話に出ろよ。それと、沼井に電話番号教えてやれ」
「ああ、沼井君ね」
後田のツッコミに思い出したかのように沼井を取り上げる小谷。

数日後の晩、不審な覆面男に追い回された。
相手は鋏を手に「髪を切らせろ〜〜〜」と叫んでいた。
あまりに酷かったので警察に通報し逮捕して貰った。
すると、相手は沼井だった。
沼井は「お前の髪を切らせろ〜〜〜」と訴えながら連行されて行った。

「だから、沼井見ないのか!!」ハッと気付く後田。
小谷の語りは続く。

コンビニの店長に再会した。
店長から「髪は切らず、まとめてもいいから」と教えられ、小谷はバイト開始。
そこで、あの美容師に出会う。
美容師は小谷に髪を切らせて欲しいと再度依頼。

そこへ、志村がやって来る。
志村が笑顔で会話していた相手は美容師の妹であった。
志村は美容師を志望しており、前々から小谷の髪を切りたかったらしい。
そこで、妹を通じて依頼しようとしていたそうだ。

これを聞いた小谷は即OK。
2人は交際するようになった……かに思われたが。

「で、結局、その髪は志村が?」後田が尋ねる。

夏休みが終わり、小谷は宿題をしていなかった。
母にこれがバレ、罰として髪を切られたのだった。
そして、勝手に髪を切ったことで志村とは別れてしまったのである―――エンド。

<感想>

2012年8月2日掲載のものです。

小谷さん再びです。
それ以外にも、これまでの登場キャラと思われる人物がちらほら。
店長や、野球部が擁する長身のエース……って、あの人!?
共通の世界観上の物語なんだなぁ……と改めて実感。

それにしても、小谷コワイ。
天然なのか、狙ってるのか。

そして、小谷の長髪は男を狂わせる毒のようです。
沼井、志村と多くの男が溺れることに。
にも関わらず、その魔性の髪があっさり切られてしまうとは。

何とも言えない味のある展開でした。

そんな「空が灰色だから」は「週刊少年チャンピオン」に連載中の漫画。
読むと心がざわついて何処となく落ち着かなくなる作風。

この間から何となく感じていたのですが、本作は過去に「週刊少年チャンピオン」にて連載されていた倉島圭先生「24のひとみ」にテイストが似ていますね。

従来の枠に囚われない世界観は両者の特徴と言えるでしょう。
その味は、古典部シリーズ『氷菓』のアニメ化で話題の米澤穂信先生の著作『儚い羊たちの祝宴』に通じるモノがありそうです。

『儚い羊たちの祝宴』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事

阿部共実先生「空が灰色だから」(秋田書房)の1巻が発売!!不思議な魅力を湛えた本作に注目すべし!!&今週号ネタバレ批評(レビュー)

2012年3月15、22日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年3月29日、4月5日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年4月12日、4月19日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年4月26日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月10日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月17日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月24日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月31日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月7日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月14日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月21日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月28日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月5日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月12日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月19日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月26日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
空が灰色だから(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「24のひとみ 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
24のひとみ 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「1分半劇場 24のひとみ Vol.1 [DVD]」です!!
1分半劇場 24のひとみ Vol.1 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。