2012年07月28日

怪盗紳士アルセーヌ・ルパン再降臨!!70年の時を経て読者を魅了するであろうその作品の名は『ルパン、最後の恋』!!

「怪盗紳士」といえば、アルセーヌ・ルパン。
アルセーヌ・ルパンといえば、その作者モーリス・ルブラン。

モーリス・ルブランは1941年に没しており、その新作はもはや目に出来ない筈でした……。
しか〜〜〜し、ルパンが神出鬼没なように彼の活躍譚もまた神出鬼没でした。

モーリス・ルブランの未発表作品が刊行されることが明らかになりました。
その名も『ルパン、最後の恋』!!
あらすじはこちら。

<あらすじ>

父親のルルヌ大公が突然自殺し、一人娘のコラは悲しみに沈んでいた。そんなコラを助けるのは、大公から後見を託された4人の男たち。大公は遺書の中で、じつはこの4人の中に正体を隠したアルセーヌ・ルパンがいる。ルパンは信頼に足る人物なので、それが誰かを見つけ出して頼りにするようにと記していた。やがて思いがけない事実が明らかになる。大公はコラの本当の父親ではなく、コラは母親がイギリスのハリントン卿との間にもうけた子だったのだ。高貴な血をひくコラは、にわかに国際的陰謀に巻き込まれ、そんなコラを救うべく、ルパンは動きだすが……永遠のヒーロー、ルパンと姿なき敵との死闘が幕を開ける!
(早川書房公式HPより)


『ルパン、最後の恋』は、実に70年ぶりのシリーズ新作。
ルパンの曽祖父の話や誘拐劇も盛り込まれ、平和主義者としてのルパン像も示されているとのこと。

さらにさらに、『ルパン、最後の恋』には、シリーズ第1作『アルセーヌ・ルパンの逮捕〔初出版〕』も収録。
さらにさらにさらに、著者ルブランのエッセイ『アルセーヌ・ルパンとは何者か?』も収録とのこと。

まさに、ルパンのすべてが此処にあると述べても過言ではない!!
そんな『ルパン、最後の恋』は早川書房より2012年9月7日発売予定!!

「ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕」です!!
ルパン、最後の恋 〔ハヤカワ・ミステリ1863〕





「ルパン最後の事件 (アルセーヌ・ルパン全集 (25))」です!!
ルパン最後の事件 (アルセーヌ・ルパン全集 (25))





「戯曲アルセーヌ・ルパン (論創海外ミステリ)」です!!
戯曲アルセーヌ・ルパン (論創海外ミステリ)





「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン DVD-BOX 1」です!!
怪盗紳士アルセーヌ・ルパン DVD-BOX 1





【関連する記事】
posted by 俺 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。