2012年09月08日

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡 悪徳投資詐欺を巡る血塗られた罠!哀愁の漁港を赤く染めた惨殺事件!銚子電鉄の径が連続殺人の謎を結ぶ」(9月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡 悪徳投資詐欺を巡る血塗られた罠!哀愁の漁港を赤く染めた惨殺事件!銚子電鉄の径が連続殺人の謎を結ぶ」(9月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

鉄道雑誌の記者・井畑徹(小林竜樹)とカメラマンの岡本亜紀(田代さやか)が千葉県内を走る銚子電鉄に乗り取材中に、犬吠埼駅で降りる際、何者かにカメラを盗まれた。その夜、犬吠埼灯台の崖下でアプリ開発会社の社員・本橋哲平(小川智弘)の変死体が発見される。
数日後、今度は東京・世田谷で変死体が見つかった。身元は食品販売会社社長の野崎康幸(石田登星)。野崎のマンションで妻の瞳(大竹一重)から話を聞く十津川省三(高嶋政伸)と亀井定男(古谷一行)だったが、そこで野崎のデスク上にある“犬吠埼の事件”の記事が置いてあったのに目が留まる。この2つの事件に関連性はあるのか…。十津川と亀井の二人は銚子へと向かった。
現地で所轄刑事・渡辺義信(鶴見辰吾)と共に捜査することになった十津川と亀井。事件現場で本橋は「マイパートナー」という消費者金融から借り入れしていたことを聞く。
翌日、東京に戻った十津川と亀井は再び野崎のマンションで妻の瞳から話を聞いていた。すると、瞳が野崎の預金通帳を見て驚いた様子をみせる。瞳に内緒で消費者金融からお金を借り入れていたのだ。しかもその消費者金融とは、本橋と同じ「マイパートナー」だった。さらに瞳は野崎が「投資セミナーに通う」と言っていたと二人に話す。
早速二人は消費者金融の社長・小野寺一郎(菅原大吉)と投資セミナーのファイナンシャルプランナーの安井久美子(秋本奈緒美)に話を聞きに行くのだが、二人から事件に関連する情報は得られず…。
2つの事件は同一犯による連続殺人も視野に入れて捜査することになり、十津川らは再び銚子へ−。渡辺と合流した十津川は漁港で聞き込みをしていると、漁港の管理人で渡辺とも親しい間柄の中山勝敏(阿南健治)と出くわす。本橋や野崎を見かけたことがないか中山に聞くが解決につながる証言は得られない。その後の調べで、本橋の遺体の第一発見者が、同じ日にカメラを盗まれた井畑と亜紀だったと聞き十津川は、ただの置き引きではなく、そのカメラが別の意図で盗まれていたとしたらと推理し、カメラの行方を追うのだった。
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

野崎と本橋がそれぞれ別の場所で殺害された。
2人が小野寺が経営する消費者金融会社「マイパートナー」から借金していたことを突き止めた十津川たち。
さらに、安井久美子が主催するセミナーに2人が参加していたことも明らかに。
どうやら儲け話があったらしい。

本橋殺害を担当する地元の刑事・渡辺の案内で捜査を続ける十津川。
渡辺は息子・元気のことを口にしつつ、油断なく何かを調べているようだが……。

一方、安井久美子と小野寺は何事かを密談していた……。

亀井は野崎と本橋が1口1千万円の儲け話を安井久美子に持ちかけられ、その条件の1つに小野寺からの借金も含まれていたのではないかと推測する。

何かを追っているらしい渡辺の様子に鬼気迫るものを感じた十津川は彼を調べることに。

渡辺は3年前のある殺人事件をずっと1人で捜査していた。
3年前の事件とは、漁師が殺害され渡辺が捜査を担当したもの。
その殺害の実行犯と思われる容疑者の漁師を追い詰めたところ、自殺されてしまっていた。
この責任を取らされ、渡辺は所轄に異動させられていた。

だが、渡辺は事件が終わったとは考えていなかった。
そもそも、最初の被害者である漁師は密漁を告発しようとし、別の漁師に殺害されていた。
その容疑者の漁師はとても自殺するようなタイプの人間では無かった。
つまり、彼もまた口封じに殺害された恐れがあるのだ。
渡辺は人材派遣会社「グッドキャリア」の経営者・末永を疑っていた。

カメラ盗難事件に注目した十津川。
もしも、本橋殺害に関連する何かが其処に写っていたとしたら……。

盗難事件の被害者・岡本亜紀に事情を訊いた十津川たちは、隠し撮りの名人・千頭晃が同乗していたことを聞き彼の撮影した写真を借りる。
其処には本橋がバッチリ撮影されていた。
さらに、マイパートナーの小野寺と末永が何かを密談する姿も残されていた。

一方、渡辺は独自に捜査を進め、ある確証を得つつあった……。

矢先、渡辺が何者かに殺害されてしまう。
頭部を棒状のもので殴打され、首を絞められたと思われた。

渡辺は何かを掴んだ為に殺害されたに違いない。
千頭の写真をもとに手掛かりを追う十津川たちは、写真にあった平安丸から東京の英知海運が関わっていると睨む。

国土交通省で平安丸の船籍を調べた十津川は驚きの事実を知る。
平安丸は書類上、存在しなかったのである。
実はスクラップにされた筈の第2三浦丸を不正に使用していたのだ。
この持ち主が投資セミナーのファイナンシャルプランナー・安井久美子。
しかも、冷凍庫を改造していた。

さらに、英知海運はペーパーカンパニー。
その代表も安井久美子であった。

これを聞き、平塚八重子はナマコの密漁を疑う。

安井久美子と小野寺の繋がりが発覚した。
久美子は小野寺へセミナー参加者を紹介していたのだ。
だが、久美子は何も認めようとしない。

行き詰った十津川は渡辺の捜査メモに打開を求めることに。
渡辺の妻を説得しメモを借り受けた十津川は、そのメモの中から「8288 1920」との数字を発見する。

渡辺メモを読破した十津川は末永がマグロの横流しをしているのでは……と疑う。
これには3人の漁師が関与していた。

中山が平安丸の入港をリークしてきた。
十津川は「捜査されていることを知りながら、入港するものだろうか」と疑問を抱く。
だが、念の為にその夜から監視態勢を整えることに。

その夜、末永と3人の漁師たちが動いた。
この動きは警戒網にかかり、末永たちはあっさりと逮捕される。

亀井は中山に礼をするべく電話をかけるが、応答が無い。
何かあったのでは……中山宅に駆け付けた十津川は其処に落ちていた携帯電話を発見する。
慌てて周囲を探った十津川は、小野寺に殺されそうになっている中山を発見、救出する。

こうして小野寺は現行犯逮捕された。
野崎と本橋、渡辺殺害について問い詰める十津川。
だが、小野寺は笑うばかりで何も話そうとしない。

亀井が粘りを見せ、遂に密漁を認めさせることに成功。

小野寺、末永、久美子は3人でグループを組んでいた。
末永が密漁を指揮し、久美子がセミナー参加者から資金を募り、小野寺がすべてをとりまとめていたのだ。

だが、3人ともが本橋、野崎、渡辺の殺害については否定する。

では、殺人犯は誰なのか?
交通課の山内巡査の撮影した写真を眺めていた十津川はある事実に気付く。

中山を訪ねた十津川。
「2千万円で船を買うそうだね」十津川は中山を責める。

中山が小野寺に殺されそうになっていたのは、野崎と本橋を久美子から掠め取った為であった。
中山は野崎と本橋を騙し、彼らの所持金を奪い取ると殺害していたのである。
交通課の山内巡査が撮影した写真には、本橋殺害時に現場付近に駐車違反した中山の軽トラが写っていた。

渡辺メモに残されていた「8288」は中山の軽トラのナンバー、「1920」は駐車違反の時刻である19時20分を指していたのだ。

中山は本橋と共に居たところを岡本亜紀に撮影されてしまった。
本橋を殺害するつもりだった中山は亜紀のカメラを奪い後顧の憂いを断つと、本橋を殺害した。
そして、野崎も殺害し金を奪ったのだ。
中山の犯行に気付いた渡辺は自首を勧め、中山に殺害されたのである。

こうして、事件は解決した。
3年前の漁師殺害については末永が罪を認め、渡辺の名誉は回復された。

渡辺の遺児・元気に見送られ、十津川と亀井は夕焼けの海岸を歩み去る―――エンド。

<感想>

「十津川刑事の肖像」シリーズ第6弾。
前作は2012年4月6日に放送されているので、実に5ヶ月ぶりの新作となりました。
シリーズについてはネタバレ批評(レビュー)ありますね。
興味のある方は感想の後にリンクがあるのでどうぞ!!

原作は西村京太郎先生『十津川警部 銚子電鉄六・四キロの追跡』(双葉社刊)。

<あらすじ>

犬吠埼灯台の崖下で私立探偵・本橋哲平の変死体が発見された。捜査に当たった千葉県警・渡辺警部は殺害動機を銚子電鉄を取材にきた岡本亜紀が盗まれたカメラが関係あると考え、同じ銚子電鉄に乗っていた客のあらいだしに着手した。しかし、事件は意外な展開を見せ始め、十津川警部が捜査に乗り出した。
(双葉社公式HPより)


本記事下部にアマゾンさんへのリンクがあるので興味のある方はどうぞ!!
では、ドラマの感想をば。

いや、なかなか良かった。
正義と悪の構図が明確だったので見易かったのが大きかったのかもしれない。
それと、終始、写真が重要なキーとなっていましたね。
テーマも固まっており、結構、満足です。

ただ、幾つか疑問点がありますね。

野崎は中山を疑い取引自体を破棄するつもりだったにも関わらず何故、素直に1千万円を持参したのか?
末永は十津川の疑問通り疑われていることを知りながら、何故、取引を強行したのか?
中山の携帯が船の中にあったのはどうして?あそこに落とす方が難しそう……。
そして、十津川は何をどうやって山内巡査の交通違反写真を見るべきことに気付いたのか?

渡辺メモは山内巡査の写真があって初めて効果を発揮するのだけど、あの数字だけで交通違反写真に辿り着くのは不可能だと思うんだけどなぁ……。

ここらが大きな謎だな。

とはいえ、良かったのは良かったのでアリです。
シリーズ次作にも期待です!!

ちなみに西村京太郎先生と言えば「十津川シリーズ」最終作について語られています。
さらに、「十津川警部シリーズ」といえば、土曜ワイド劇場版の亀井刑事が愛川さんから高田純次さんに引き継がれています。
興味のある方はどうぞ!!

十津川警部シリーズにて亀井刑事を演じ続けて31年……愛川欽也さん降板、後任は高田純次さんに!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事

【土曜ワイド劇場版の十津川シリーズはこちら】
土曜ワイド劇場「35周年特別企画 西村京太郎の、スーパービュー踊り子連続殺人!新宿下田2時間47分の盲点グリーン個室の遺書が名指す4人の容疑者VS謎の女相続人」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル(西村京太郎トラベルミステリー) 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?天竜浜名湖鉄道〜青いコートの女の罠…」(7月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス(西村京太郎トラベルミステリー55) 寝台特急カシオペア殺人事件・函館駅6分停車の罠!走る密室で妻が誘拐され消えた…十津川警部に謎の挑戦状!!」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【警部補・佐々木丈太郎シリーズ】
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第二弾!警部補・佐々木丈太郎(3) 密告〜惨殺体は刑事姿無き愛人の完全犯罪ネコの毛と白骨死体が語る涙の絆とは?女達の愛憎劇、いま開幕」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎4 黒い家〜その一族、全員他人!嘘で繋がる家族に眠る怨念の過去・善意の救命劇は地獄の幕開け…動画サイトの映像と消えた戸籍が語る禁断の絆」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鉄道捜査官シリーズ】
土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 殺意の豪華SL密室パーティ〜殺人者は犯行予定の列車に乗り遅れた…!?上り線下り線のダイヤトリック」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【左文字進シリーズ】
月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進15 軍艦島に消えた殺意〜長崎で史子の恋人が殺された!左文字がオランダ坂で見た隠し絵に驚愕な謎が炙り出た」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他ニュース】
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

十津川警部シリーズにて亀井刑事を演じ続けて31年……愛川欽也さん降板、後任は高田純次さんに!!

【緊急特別批評(レビュー)】「SmaSTATION!!祝35周年土曜ワイド劇場の秘密(秘)相棒(秘)家政婦は見た(秘)法医学(秘)西村京太郎矢沢永吉&松田優作&鶴瓶主演のレア作品も」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

十津川省三(警視庁捜査一課刑事):高嶋政伸
亀井定男(警視庁捜査一課刑事):古谷一行
平塚八重子(警視庁捜査一課刑事・班長):山村紅葉
中山勝敏(外川漁港管理人):阿南健治
安井久美子(ファイナンシャルプランナー):秋本奈緒美
渡辺義信(銚子中央署刑事):鶴見辰吾 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


ドラマ原作「十津川警部 銚子電鉄六・四キロの追跡 (双葉文庫)」です!!
十津川警部 銚子電鉄六・四キロの追跡 (双葉文庫)





「真岡鐵道運転席展望 [DVD]」です!!
真岡鐵道運転席展望 [DVD]





「Nゲージ 車両セット 251系 スーパービュー踊り子新塗色基本 (6両) #10-474」です!!
Nゲージ 車両セット 251系 スーパービュー踊り子新塗色基本 (6両) #10-474





「プラレール スーパービュー 踊り子 S-14」です!!
プラレール スーパービュー 踊り子 S-14





「西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]」です!!
西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
こんばんは。

このシリーズ今まで観ていなかったのですが、エンディングのジャズっぽい『セカンドラブ』は 定番なのでしょうか?
今リピートで繰り返してます(^o^)

自分もなかなか面白かったです。 最後の子供と敬礼しあうところは意味が分かんらかったけど…バックの景色は綺麗でした。
Posted by ピエロ at 2012年09月07日 23:22
Re:ピエロさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

金プレ版十津川警部こと「十津川刑事の肖像」如何でしたか?

今回は、エンディング曲良かったですよね。
この曲は前回もあったような気がします。

特に今回は、ラストの夕焼けに照らし出された海岸と音楽がマッチしてて、グッと来ました。

元気君と十津川のやり取りは刑事魂が渡辺からその子供へ引き継がれたことを表現してるのかなぁ……と思ったり。

それにしても、ラストの景色はまるで一幅の絵を見ているようでした。
Posted by 俺 at 2012年09月07日 23:44
エンディングはどなたの曲ですか?
完成度の高い作品によく合っているよに思いました。
Posted by nobelium at 2012年09月09日 11:03
Re:nobeliumさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

エンディング曲「セカンド・ラブ」について調べてみたところ、樹里からんさんという歌手の方が歌っていらっしゃるようです。

あの曲、ラストの風景に映えてましたよね(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2012年09月10日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。