2012年10月14日

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

二十五も年上の夫に多額の保険をかけ、車ごと海に沈めたのは稀代の悪女“鬼クマ”と断定する地方紙記者。非難の渦中で国選弁護人が一人奮闘する推理サスペンス。「不運な名前」併録。
(文藝春秋社公式HPより)


<感想>

今回、初読の作品です。
映像化版を視聴したことはあったのですが、原作との違いに驚きました。

特に白河福太郎の死の真相とは外れたところで、新たな因縁が生まれることになろうとは……。
そして、結果がアレだとは……。
あの後の出来事に思いを馳せると……ゾッとします。
佐原はどうなってしまうのでしょうか。

映画版『疑惑』では佐原と球磨子が中心でしたが、原作では秋谷が中心なのもポイントです。
その意味で、原作タイトル『疑惑』は「球磨子の福太郎殺害疑惑」ではなく、「秋谷が抱いた疑心暗鬼(疑惑の塊)」を指しているとも考えられそうです。

<ネタバレあらすじ>

白河福太郎が死亡した。
自動車ごと海に突っ込んだのだ。
車には妻である白河球磨子も同乗しており、福太郎に多額の保険金がかけられていたことから彼女に疑惑が集中した。
福太郎の靴は脱げており、何故かスパナが車内に転がっていたが……。

記者である秋谷茂一はこれを球磨子による保険金狙いの殺人であると大々的に報道する。
普段から球磨子の素行は悪く、誰もがこの報道を信じた。

車を運転していたのは球磨子だったとの目撃証言も飛び出し、球磨子の有罪が確定したかに思われた。
中でも当の秋谷はそれを願わずにはいられなかった。
もしも、球磨子が無実となれば、彼女を批判した秋谷が報復の嵐にさらされるのは明らかであった。
球磨子は闇社会の人間とも深い繋がりがあったのだ。

お礼参りと称して現れる球磨子とその仲間。
破壊される自宅、泣き叫ぶ秋谷の妻子……球磨子が釈放されれば秋谷にはそんな未来しか待っていないのである。

秋谷は固唾を飲んで状況を見守っていた。

球磨子の弁護人・原山は体調を崩しこれを退いた。
さらに、やり手で知られる岡村も周囲の反対で弁護を降りた。
結果、誰もその弁護を引き受けようとしない。

秋谷は内心、快哉を叫んでいたが……。

そんな中、ただ1人だけ球磨子の弁護を引き受けた者がいた。
佐原弁護士である。

一見、大人しく見える佐原だが内には情熱を秘めていた。

目撃者が電話で通話中だったことから、見間違いの可能性を考慮し証言の信憑性を奪った。
次に、靴とスパナから福太郎がブレーキを踏めないように工作していたと推理する。
「ブレーキの裏に靴とスパナを挟み込み、ブレーキを踏み込めないようにした」との論理である。

つまり、福太郎は死の恐怖でブレーキを踏んでも車が止まらないように細工したのである―――自殺だったのだ。
「球磨子の本性(自身にかけた保険金を狙っている)」に気付き、復讐の為に無理心中を図ったのである。

佐原はこの推理を秋谷にぶつける。
もっとも事件を良く知る秋谷に確認する為だ。

これを聞かされた秋谷は蒼白となる。
佐原の推理は理に適っていた。
もしも、これを実際の法廷で述べられれば球磨子の無実は揺らがないであろう。
だが、そうなれば秋谷の身の安全はどうなるのか?
秋谷の脳裏をあの悪夢が駆け巡る。

以来、秋谷は日に日に追い詰められて行った。
そして、秋谷は決意したのである。

その夜、佐原は法廷を控え事務所にて戦術を練っていた。
其処へ足音が階下から近付いて行く。

足音の主は秋谷である。
その手には鉄パイプが握りしめられており、彼の表情は殺意に満ちていた。

そんな事とは露知らず、佐原は如何にして球磨子を弁護するか考え続けていた―――エンド。

・『疑惑』が金曜プレステージにてドラマ化されました、こちら。
金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「疑惑 (文春文庫 (106‐67))」です!!
疑惑 (文春文庫 (106‐67))





「疑惑 [DVD]」です!!
疑惑 [DVD]





「松本清張傑作映画ベスト10 8 疑惑 (DVD BOOK) (DVD BOOK 松本清張傑作映画ベスト10)」です!!
松本清張傑作映画ベスト10 8 疑惑 (DVD BOOK) (DVD BOOK 松本清張傑作映画ベスト10)





「松本清張傑作選 第二弾DVD-BOX」です!!
松本清張傑作選 第二弾DVD-BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。