2012年11月05日

「運命の子」(2010年、中国)

「運命の子」(2010年、中国)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

今からおよそ2600年前の中国・春秋時代、晋の国。宰相・趙盾(パオ・グオアン)を筆頭に栄華を誇っていた趙氏一族は、屠岸賈(ワン・シュエチー)の謀反により、王殺害の罪を着せられ、一族300人が皆殺しにされる。その騒ぎの最中、趙盾の息子の妻・荘姫(ファン・ビンビン)は子供を出産。だが、自らの運命を悟った荘姫は、出産に立ち会った医師・程嬰(グォ・ヨウ)に生まれた子を公孫(チャン・フォンイー)に託すよう頼むと、自害する。“この子が大きくなっても、仇が誰なのか教えないで”と言い残して……。一方、一族滅亡を目論む屠岸賈は、趙氏孤児探しを開始。配下の兵士が各家庭から赤ん坊を連れ去ってゆく。程嬰宅からも妻(ハイ・チン)が抱えていた趙氏の遺児が連れ去られてしまう。赤ん坊を取られた母親たちが屠岸賈邸に集められ、その中には遺児を救おうとする程嬰の姿もあった。集めた赤ん坊のうち、親が名乗り出ない1人が程嬰宅から連れ去った子だと知ると、屠岸賈は遺児の行方を問い詰める。それが探している子だと気付かずに。集めた赤ん坊を皆殺しにすると脅され、公孫に渡したとやむなく告げる程嬰。屠岸賈は兵を引き連れて公孫宅に押し寄せると、そこにいた程嬰の妻が抱えた赤ん坊を殺害する。だがそれこそが程嬰の実子だった。公孫も妻も殺され、呆然自失の程嬰は趙氏の遺児を引き取り、“この子に息子の仇を討たせる”と誓う。そして、屠岸賈の家臣になると、そうとは気づかない屠岸賈を、遺児“程勃”の義理の父にする。屠岸賈に程勃に対する愛情を深めさせてから復讐する計画だった。数年後、少年に成長した程勃は、心配症の程嬰に反発し、屠岸賈との関係を深めてゆく。そんな程勃を“父さんはお前が生まれた時に危うくお前を失いかけて心配症になったのだ”と諭す屠岸賈。こうして15年が過ぎ、2人の父親に育てられた運命の子が、自らの出生の秘密を知るときがやって来る……。
(goo映画公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

晋国―――其処では宰相・趙盾を筆頭とする趙氏が栄華を誇っていた。
名将として名高い趙盾の息子・趙朔は、王の姉であり絶世の美女として知られる荘姫を妻に迎え、荘姫は懐妊。
他にも一騎当千の士を多数抱えており、その勢力は盤石かと思われた。
趙盾にとっては、まさに我が世の春である。

だが、この栄華を憎む者があった。
その名は屠岸賈。
屠岸賈は、王との間に荘姫を妻として迎える約束を交わしていたが反故にされていた。
しかも、そのことをいつまでも物笑いの種にされており、王を深く恨んでいた。
そして、荘姫を想う余り趙氏自体にも憎悪を募らせていた。
屠岸賈は陰謀を巡らせることに……。

屠岸賈は赤い服を着た人間を狙うように犬を調教。
さらに、毒を含んだ蚊に赤い目印を狙うように訓練していた。

そして、運命の日がやって来た。

その日、出産を控えた荘姫の為に医師の程嬰が趙氏の屋敷を訪れていた。

一方、王は盛大な祝いの席を設ける。
趙氏一族の主だった者たちが参加する中、宴は順調に進むが……。

荘姫の出産が近付き、趙朔は一足先にその場を辞去する。
宴もたけなわになったその時、趙盾が王に酒を献上する。
この様子を確認した屠岸賈が動く。

例の蚊を放ったのだ。
王の首筋には赤い紋様があった。
蚊は一直線にそちらへ向かうと針を刺す。
盃を傾けていた王は呻くなり落命してしまう。

「趙盾、図ったな!!」
屠岸賈の号令一下、伏せていた部下たちが一斉に動く。
さらに犬が放たれ、赤い服を着た趙盾を襲う。

屠岸賈の罠に気付いた趙盾。
巨漢の部下と痩身の部下、2人の一騎当千が彼を守る。
犬は撲殺され、武装した兵士は退けられていく。
趙盾を囲む人の波も2人の武勇に阻まれ近づけない。
波を掻き分け、退路を開く2人。

一方、そうとは知らない趙朔は屋敷へと馬を飛ばしていた。
その目の前に急に綱が!!
転倒した趙朔に矢の雨が降りかかる。
もちろん、屠岸賈が仕掛けた罠である。
これをまともに受けた趙朔、明らかに致命傷である。
さらに兵がこれを取り囲む。
だが、趙朔は必死に兵へと向かって行く―――。

その頃、趙盾も劣勢に追いやられていた。
屠岸賈の兵は数も多く、執拗を極めたのだ。
多勢に無勢―――如何に一騎当千と雖も、数の力の前に押し切られつつあった。

痩身の部下は趙盾たちを逃すと人の波に呑まれてしまう。
犠牲を出しつつ、馬車まで辿り着いた趙盾と巨漢の部下。
馬車を走らせるが……。

突如、車輪が壊れてしまう。
巨漢の部下が身を以て車輪の代わりとなり、馬車を走らせ続けることに。
馬車の車輪に細工が施されていたのである。
これも、屠岸賈の細工であった。

さらに、両脇から多数の弓兵が現れる。
やはり、屠岸賈の手配である。
彼らの一斉射撃を受けた巨漢の部下はハリネズミとなり落命。

さらに突如として地面に穴が開く―――落とし穴だ!!
これもまた、屠岸賈が仕掛けたものであった。
馬車の御者と趙盾は転落、馬車に潰され死亡してしまうのであった。

同時刻、趙氏の屋敷は屠岸賈の兵に包囲されていた。
趙氏の家人は剣をとると門前に集結し対抗しようとするが……。

その側面を屠岸賈の弓隊が攻撃。
この不意討ちに趙氏側は無為に斃れて行くばかり。

守るべき者も失った趙氏、滅亡は目前に迫っていた。
この事態に動揺する荘姫。
そこへ深手を負った趙朔が現れる。
趙朔は荘姫に遺児について委ねるとそのまま死亡する。

これにショックを受けた荘姫はその場で出産してしまう。
この子こそ趙氏の遺児であり、運命の子供であった。
荘姫は信頼できる人物として、趙氏と近しい重臣の1人・公孫の名を上げ、彼に息子を託すよう程嬰へ依頼。
程嬰を屋敷から逃がそうとする。
ところが、これを屠岸賈の将の1人・韓厥に見咎められてしまう。
切羽詰まった荘姫は「自身の命と引き換えに息子を救う」よう懇願し、韓厥の前で自決してしまう。
これに胸を打たれた韓厥は遺児を連れた程嬰を見逃すのであった。

だが、屠岸賈は甘くは無かった。
韓厥が趙氏の遺児を見逃したことに気付くと、彼を斬り伏せる。
韓厥は一命こそ取り留めたが、顔に大きな切り傷を残すこととなった。

一方、程嬰は城外へと脱出し公孫の領地を目指そうとするが屠岸賈により出口はすべて封鎖されていた。
困った程嬰は子供を産んだばかりの妻が居る自宅へと戻り、趙氏の遺児を預けることに。
単身で抜け出し、公孫に迎えを寄越して貰う算段をつける腹積もりである。

無事、公孫と渡りをつけた程嬰。
だが、帰宅すると意外な展開が待っていた。
趙氏の血脈を断とうとする屠岸賈は城内に居る赤ん坊をすべて集めたのだ。

この際に、程嬰の妻は自身の子ではなく、たまたま抱いていた趙氏の遺児を差し出してしまっていた。
公孫からは迎えの者が来ることになっている、今更いないとは言い出せない。
さらに、屠岸賈の狙いは集めた子供の中から趙氏の遺児を捜すこと―――ではなく、一旦、城中の赤子をすべて集めた上で、対象に含まれなかった身元不明の赤子を捜すことであった。
趙氏の遺児は既に程嬰の子として集められてしまった。
このままでは程嬰の子が趙氏の遺児として処刑されてしまう……。

困ったと程嬰が頭を抱えていると、当の公孫自らが迎えにやって来た。
どうやら、封鎖はさらに厳しくなり、重臣以外は出入り出来ない状態らしい。
追い詰められた程嬰は窮余の一策として、自身の子をそれと知らせず公孫に預けることにする。
これに妻も付き添うことに。

目的を達した公孫は急ぎ城内から離脱しようとするが、甘かった。
戒厳令が敷かれ、重臣であっても城外へ出られなくなったのだ。
こうして、公孫は不安がる程嬰の妻子と共に城内にある別宅へと身を潜めることとなった。

一方、屠岸賈により赤子の親たちが城内の広場に集められた。
公孫とのやり取りの為に遅れてやって来た程嬰は怪しまれてしまう。
屠岸賈は集めた赤子の命を盾に、趙氏の遺児の居所を明かすよう程嬰に迫る。
抵抗する程嬰だが、最終的に屈することに。
脱出した筈であったが、彼の妻子は未だ城内に留まっている……程嬰はこの事実を知らないのだ。

こうして、公孫宅に屠岸賈の軍が押し寄せることとなった。
これに遡ること数刻前、公孫は程嬰の妻から事実を明かされ、ある決意を固めていた。
密かに家人を逃した公孫は、1人で屠岸賈の軍と対峙していた。

趙氏の遺児を引き渡すよう迫る屠岸賈。
だが、公孫は一向に応じない。

一計を案じた屠岸賈は屋敷中に響き渡るほどの大音を起こす。
音を鳴らすことで赤子を泣かせようとの狙いである。
音に怯えた程嬰の子は泣き出してしまう。

居所が露見した程嬰の妻子を庇い公孫が死亡。
さらに子供は屠岸賈の手で床に叩きつけられ死亡。
妻もまた、子供を殺されたことから屠岸賈に報復しようとし殺害されてしまう。

屠岸賈は公孫が身を呈したことから、赤ん坊を趙氏の遺児と判断。
此処に趙氏殲滅がなったと宣言する。
趙氏の遺児は程嬰の子として、その手元に戻された。

とはいえ、表向き妻だけとなっているが、実は一度に妻子を失った程嬰の悲しみは深く酒浸りになってしまう。
程嬰は屠岸賈への復讐心を滾らせ、ある計画を練る。

趙氏の遺児を自身の子として屠岸賈に近付け、情を湧かせる。
屠岸賈が情に溺れたところで、当の遺児の正体を明かし、屠岸賈を討たせようとの計略である。
屠岸賈に恨みを抱く韓厥も加わり、計画は実行に移された。

趙氏の遺児は程勃と名付けられた。
屠岸賈に程勃を近付ける程嬰。
趙氏を滅亡させたと信じ込んでいる屠岸賈は無警戒に程親子を受け入れる。

屠岸賈を義父とした程勃。
程勃から父上と呼ばれた屠岸賈は少しずつ情が湧き始める。
計画通りに進んでいるにも関わらず、程勃と屠岸賈の親しげな姿を目にする度に苛立ちを覚える程嬰。
そんな程嬰の気も知らず我儘放題に育つ程勃。
我儘な程勃を窘める屠岸賈。

3人の不思議な関係は15年続いた。
勇壮な偉丈夫となった程勃は屠岸賈から剣と鎧兜を与えられ初陣を飾ることに。
程嬰は危険だからと反対するが、向う見ずな程勃は聞く耳を持たない。

ところが、程勃の武者姿を目にした屠岸賈は彼が趙朔に似ていることに気付く。
違和感を覚えた屠岸賈は程勃こそが趙氏の遺児ではないかと考えるように。
そこで、程勃を抹殺する策を練る。

一方、程嬰は此処が潮時とばかりに、程勃の出自と共に趙氏の無念を伝えるが、程勃は信じようとしない。
こうして、程勃は出陣してしまった。

屠岸賈より白馬を与えられた程勃は恐れを知らず、先陣を切る。
程勃の勢いは凄まじく敵は次々と蹴散らされて行く。
後退する敵を追い込む程勃。
何時の間にか突出し過ぎた程勃の周囲には味方も数えるばかり。

そこで敵の大軍と遭遇、数えるばかりだった味方はあっという間に討たれてしまう。
孤立した程勃は包囲され、後は死を待つのみかと思われたが……。
これこそが屠岸賈の策であった。
若さゆえに血気に逸る程勃を敵の手で討たせようとの狙いである。

周囲を敵に囲まれ、防戦一方となる程勃。
この様子をじっと眺めていた屠岸賈。
追い詰められた程勃は「父上、助けて下さい父上!!」と屠岸賈の名を呼ぶ。
聞くに堪えないと思ったのか背を向ける屠岸賈だったが、その耳に程勃の声がはっきりと届く。
やがて耐え切れなくなった屠岸賈は自制を欠いて、部下と共に敵中へ。
仇とばかりに当たるを斬りつつ、程勃を助け出す。
屠岸賈の姿を目にした程勃は、奮起すると敵を斬る。
形勢逆転したことで、敵は退却することに。

ところが、油断した屠岸賈の背中に矢が刺さる。
毒矢であった。
韓厥の仕業である。

程嬰手製の毒を使用した毒矢であり、当たれば程嬰の解毒剤を服用しない限り命はない。
韓厥は屠岸賈殺害を確信するが……。

だが、程勃は屠岸賈を救うべく、自殺を仄めかしてまで程嬰を脅し解毒剤を入手。
屠岸賈の命を救ってしまう。

だが、これを契機に屠岸賈と程嬰の関係に疑問を抱いた程勃。
以前、教えられた自身が趙氏唯一の遺児であることが事実ではないかと考え始める。
程嬰に確かめた程勃は、事実と共に自身の身代わりに程嬰の実子が死亡したことを知らされる。
程嬰の実子を死なせてしまった原因が自分にもあることを知った程勃は程嬰に改めて感謝するのだった。

こうして、程親子は団結し屠岸賈と対決することを決意。
屠岸賈のもとへ乗り込む。

趙氏最後の血族であることを屠岸賈に伝えた程勃。
気付いていた屠岸賈ではあるが、直接伝えられたことでショックを受けてしまう。
それでも命を奪うに忍びなく、程親子の追放処分を下す屠岸賈。

だが、程勃は「父程嬰の子であり、自身の義兄弟の仇を討つ」と宣言。
屠岸賈に刃を向ける。
これに応戦する屠岸賈。

程勃の剣の師は屠岸賈である。
その癖を知り、経験でも勝る屠岸賈は程勃を圧倒する。
だが、何故か止めを刺せない。

この光景を望んでいたにも関わらず、心を痛める程嬰。
不利な程勃を庇うべく、身を呈して屠岸賈の前に立ち塞がる。

「この子を殺さないでくれ!!」程嬰の身体が屠岸賈の視界を奪う。
「そこを退け!!」と叫ぶ屠岸賈だが、程嬰は譲らない。
感情を爆発させた屠岸賈はそのまま程嬰を刺してしまう。
これを目にした程勃は激怒し、屠岸賈を刺殺する。

こうして、屠岸賈は落命した。即死であった。
念願を果たした程嬰であったが、こちらも落命寸前である。
屠岸賈の剣は致命傷であった。

程嬰は程勃に連れられると屠岸賈の屋敷の外へ。
階段を下り、市へと出る。
大通りにて、妻と実子の姿を幻視する程嬰。
妻子は程嬰の静止を振り切りそのまま行ってしまった。
そんな程嬰の背中を離れて見守る程勃。

程嬰は程勃へと振り返ると「我が子よ……」と呟くや路上に仰向けで倒れ込むのであった。
周囲に染み渡る血、駆け寄る程勃―――エンド。

<感想>

程勃は趙氏の遺児であり、程嬰の息子であり、屠岸賈の息子でもありました。
そのすべてにおいて「運命の子」であったと言えるでしょう。
彼は趙氏の血脈を繋ぎ、彼自身が愛した程嬰と屠岸賈の命を奪いました。
なんとも、皮肉な物語です。

まず、程嬰。
当初こそ、程勃を利用し屠岸賈への復讐を望んだ程嬰でしたが、単なる復讐の道具であった筈の程勃に愛情を抱くようになると、程勃を利用し屠岸賈を討つことを躊躇することになりました。
結果、ラストにて程勃を庇い屠岸賈の手にかかることとなりました。
ただ、愛情を注いだ程勃に父と呼ばれたことで程嬰自身に悔いはなかったように思います。

次に、屠岸賈。
愛する荘姫を失い、それを揶揄され、自身の地位も不安定。
男として野心家の将として、王を暗殺し政敵を滅ぼしました。
ところが、その荘姫の遺児を、程嬰の策でそれと知らず義理の子として可愛がることに。
程勃には何処か愛する人の面影があったのでしょうか?
趙氏の遺児と引き換えに100人の子供を殺害することさえ厭わなかった屠岸賈が程勃には愛情を示し、趙氏の子供ではないかと疑った後も率先して命を奪うことが出来ませんでした。
屠岸賈が本気を出せば、趙氏がその執拗な策の前に手も足も出なかったように、程勃は儚く命を散らせていた筈です。
わざわざ程勃の初陣を利用し、回りくどく敵の手で排除する必要はありません。
それだけ、直接的に手を掛けることに抵抗があったということでしょう。
その後に助け出す必要も無ければ、本人の口から知らされたとしても追放処分に留める必要もない。
奇しくも程嬰の策は図に当たり、屠岸賈は程勃の父となっていました。
それだけに、そんな程勃に父は程嬰であると宣言され、その程勃の手にかかり命を落としたのは因果応報とは言え切ない。

そして、「運命の子」である程勃自身。
程嬰と屠岸賈、2人の父の狭間で悩みつつ、程嬰の献身と屠岸賈が仇であることを知り程嬰を選ぶ。
さらに、程勃を殺せない屠岸賈を手に掛けることに。
この時点で仇を討ち大願成就となったワケですが、程勃にとって屠岸賈は仇と呼ぶには近過ぎました。
しかも、この際に程嬰も失うことに。
仇を討った喜びよりも、2人の父を一度に失った喪失感の方が勝っていたに違いありません。
仇を討ち果たしたにも関わらず何処か寂寥感漂うラストがそれを示していると言えるでしょう。
切ない物語でした。

そんな本映画のモチーフは「趙氏孤児」。
『史記』より「趙世家」が出典です。
映画版はモチーフに比較するとアレンジが加えられています。

「趙氏孤児」では趙盾は屠岸賈に殺害されません。
屠岸賈が趙氏排除に動くのはその子・趙朔の代となっています。
此処で趙朔を始めとする趙氏一族が抹殺され、この際に趙氏の孤児が公孫、程嬰、韓厥に預けられます。
この3者の献身の甲斐あって、命を存えた趙氏孤児。
成長した彼は、時の晋王から趙氏の相続を認められ、これを以て韓厥らと共に屠岸賈を滅ぼすこととなります。
この趙氏孤児が趙武であり、趙氏を再興させ大いに繁栄させることとなるのです。

つまり、モチーフでは純粋な復讐譚(仇討ち譚)となっています。
当然、屠岸賈は時代劇の悪代官なみの悪役。
趙氏孤児=趙武に情をかけるシーンなどありません。

このモチーフに、2人の父と1人の息子の愛情物語を加えたことこそが本作の特徴と言えるでしょう。
管理人的には、何処か物寂しげながら大好きな映画となりました。
『三國志』や『史記』など、中国歴史ロマンに興味がある方には是非、ご覧頂きたい作品だと思います。
オススメです!!

「運命の子 [DVD]」です!!
運命の子 [DVD]





ラベル:運命の子
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。