2012年11月20日

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第12弾 京都香道伝説殺人事件〜千年の都の香りが呼ぶ女優連続殺人!?平安絵巻・曲水の宴の惨劇!死のメッセージ“ぬ”の謎とは」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第12弾 京都香道伝説殺人事件〜千年の都の香りが呼ぶ女優連続殺人!?平安絵巻・曲水の宴の惨劇!死のメッセージ“ぬ”の謎とは」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都府警の刑事、皆川悠子(雛形あきこ)は友人で女優の沖麗子(映美くらら)に誘われて京都の名門香道・若林流の催し、「曲水の宴・菖蒲香」に参加する。
この催しは、平安時代の貴族の遊びと香道を組み合わせたもの。悠子は狩矢家で和美(前田亜季)の着物を借り、澄江(山村紅葉)に着付けてもらい会に出席する。
若林流の家元、若林美湖(中田喜子)が出題する香道の問題に悠子と京都の文化人が挑む。同時に同じ敷地内で麗子と女優の北川由美(遠野なぎこ)、芸妓の藤乃(松下恵)、若林流の高弟、温水貴和子(麻乃佳世)が十二単に身を包み、平安朝の作法で和歌を披露し、観衆を魅了する。
華やかな催しが進み、美湖の息子で京都府議会議員でもある若林頼政(内田朝陽)が挨拶に立つ。頼政が麗子との結婚を報告し、会場が拍手に包まれたそのとき、麗子が吐血して倒れ、息を引き取った。
狩矢荘助(船越英一郎)たちが現場に駆けつけ捜査を開始する。すると麗子が口にした盃に毒が仕込まれていたことが判明。また、十二単を着ていた由美、藤乃、貴和子は3人とも頼政と深い仲にあり、麗子を殺す動機があったことも分かった。狩矢は、麗子が残した謎の言葉とお守りに注目。さらに美湖や頼政を訪ね、事情を聞く。
麗子の死を悼む間もなく、京都の文化人が集まるイベントが行われ、菖蒲香に出席した人々が顔を揃えた。そして再び惨劇が起こる。由美が毒を含み、死体となって発見されたのだ。麗子を殺害した由美が逃れられないと観念して自殺したとも考えられるが、狩矢には疑問が残る。
やがて狩矢は、香木の密輸疑惑に気付き、連続殺人事件との関連を推理するが・・・。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

20年前、山道を行くバスがあった。
カーブを曲がろうとしたそのとき、大きく対向車線を超えて来たバイクの姿が。
これを避けようとしたバスは谷底へ転落してしまう。

そして、20年後―――事件が起こった。
若林流の家元である頼政と婚約した麗子が急死したのだ。
上流から盃を流し、下流で受け取った麗子がこれを飲み干したところ、服毒死したのである。
麗子は死の直前に、謎の言葉「ぬ……」と言い残していた。

3年前から麗子と親しくしていた悠子は麗子の死に大きなショックを受け率先して捜査に乗り出す。
狩矢は上流におり、盃に触れることの出来た由美、藤乃、貴和子の3人を疑うことに。
3人とも頼政と過去に交際していたのだ。
動機は十分にある。

3年前に京都にやって来た麗子が京都行き自体を渋っていたことが判明。

さらに、悠子が麗子から預けられていた守り袋から香木が発見される。
これを何かのメッセージと気付いた狩矢は香木の密輸を疑う。
香木の密輸となれば、頼政とも関係の深い薫香庵の浦川社長の関与が考えられたが……。

当の浦川社長は頼政を国政に参画させるべく上田和正議員と引き合わせていた。

矢先、由美が何者かに殺害される。
その死体の傍には、桜の花びらが……。

続いて、浦川社長も殺害されてしまうことに。

由美が桜の枝を大事そうに持ち運んでいたとの証言が浮上。
桜の花びらとの関連性を思い浮かべる狩矢。
つまり、枝を持ち去った人物が居たことになる……その人物こそが犯人なのか?

一方、麗子が京都行きに抵抗を抱いていた理由を追った悠子は20年前のバス事故に辿り着く。
麗子の父・小川弘幸がバス運転手であり、頼政の父が乗客として被害者に名を連ねていたのだ。
頼政の父は不倫相手と同乗し命を落としていた。

ここから狩矢は真相を突き止める。

いよいよ、頼政が国政に出馬することとなった。
其処には上田や頼政の母・美湖の姿も……。

この晴れやかな場に狩矢たちが乗り込む。
狩矢は、香木密輸と浦川社長の罪で頼政を告発する。
上田が密輸を見逃す代わりに資金援助を受けていたことも明らかに。

「やめて、犯人は私よ!!」
責められる頼政を見かねた美湖がすべてを告白する。
3件の殺人は美湖の犯行だったのだ。

20年前、バス事故で夫を失った美湖。
若林流を盛り立てようと孤軍奮闘していた。
ところが頼政の代になり、浦川につけこまれ香木密輸の協力をさせられてしまった。

そんな折、頼政が麗子と婚約。
麗子に頼政を奪われたことを憎んだ由美は「麗子が密輸の件で頼政を脅迫し結婚しようとしている」と美湖を唆し、麗子殺害を目論んだ。
桜の枝に毒を染み込ませた美湖は、これを由美に使用させ麗子を毒殺。
桜の枝だったので凶器が検出されなかったのだ。

ところが、由美は麗子殺害をネタに頼政との結婚を美湖に迫る。
そこで、美湖は由美を殺害することに。

こうなると、事の発端となった浦川も憎い。
そこで、美湖は浦川も殺害したのだった。

「頼政の為だった」と主張する美湖。
狩矢は「あなたは甘やかしていただけだ!!本当に頼政さんのことを考えていたのは麗子さんだけでした」と告げる。

麗子は悠子を通じて頼政の罪を告発し、更生して欲しかったのだ。
だからこそ、香木も渡したし鵺とも言い残したのだ。
「ぬ」とは「鵺」の意味だったのだ。

20年前、バス事故で運転手であった父を失った麗子。
他の遺族が麗子を責める中、美湖だけは責めなかった。
それどころか、他の遺族の批難を押し留めた。
さらに、幼い頼政は麗子を慰めた。
麗子は、これを恩義に感じたからこそ頼政を愛し、美湖を慕ったのだ。

美湖にとって、夫は愛人と死んだ憎い男。
だからこそ、平常心を保てたし、他の遺族をとりなす余裕もあった。
そんな美湖の何気ない行為に、麗子は心底救われたのだ。

「そんな……知らなかった」ショックを受ける美湖。
「麗子、れいこぉぉぉぉ〜〜〜」叫ぶ頼政。
彼らはかけがえのない相手を失ったのだ。

こうして事件は解決した。

悠子は麗子との想い出に耽っていた。
狩矢は20年前のバス転落事故現場に足を運ぶのであった―――エンド。

<感想>

「月曜ゴールデン版狩矢警部シリーズ」第12弾。
前作は2012年3月19日に放送されているので、実にほぼ8ヶ月ぶりのシリーズ新作となります。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)ありますね。
興味のある方は本記事下部の過去記事をどうぞ!!

そんなドラマ原作は山村美紗先生『華やかな殺意』(角川書店刊『京都の祭りに人が死ぬ』より)。
興味のある方は下記にあるアマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

では早速、ドラマ版の感想を。

う〜〜〜ん、ラストあたりで泣かせようとしたのは分かるし、実際にグッと来かけたのですが……。
涙腺の弱い管理人でも、途中で止まってしまいました。
なんだか、納得いかないんだよなぁ……。

ドラマの雰囲気に乗り切れずに、置いて行かれたのも原因かもしれない。

まず、美湖。
本当に頼政のことを考えたのなら、その晴れの日に麗子を殺そうとするかなぁ……。
頼政のキャリアに傷がつくし。

それと、麗子。
「ぬ」まで言えたなら「え」も言えるでしょうに。
第一、死の間際に「鵺」はないような気が……他に言いようは無かったのか?
意味が分かっても理解しづらい。

悠子に香木を渡すのもなぁ……。
あれ、麗子が死ななきゃ意味が無いアイテムだったような。

推理自体も突飛だった気もする。
ちょっと、モヤモヤが多過ぎてそちらが気にかかった。

ただ、キャラ自体はいつものシリーズらしく好感が持てました。
次作に期待です!!

【船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)】
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

狩矢荘助(かりやそうすけ):船越英一郎

狩矢澄江(かりやすみえ):山村紅葉
狩矢和美(かりやかずみ):前田亜季

皆川悠子(みながわゆうこ):雛形あきこ
橋口健太(はしぐちけんた):載寧龍二
菅田瑠依(すがたるい):小橋めぐみ
鶴見佑次郎(つるみゆうじろう):河西健司
松沼悟志(まつぬまさとし):幸世
山根大介(やまねだいすけ):山口竜央
神山行雄(こうやまゆきお):南雲勝郎

小岩井博光(こいわいひろみつ):浅野和之
佐久間 朗(さくまあきら):渋谷天外

若林美湖(わかばやしみこ):中田喜子
若林頼政(わかばやしよりまさ)内田朝陽

沖 麗子(おきれいこ):映美くらら
北川由美(きたがわゆみ):遠野なぎこ
藤乃(ふじの):松下 恵
温水貴和子(ぬくみずきわこ):麻乃佳世 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)】
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件!祇園祭愛人同伴ツアー、貴船の流しそうめんが暴く水上密室の謎」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ(14)京都・華やかな密室殺人事件!容疑者は馬に乗った愛人!?妻殺しを暴いた1+1=1のネックレス」(10月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)】
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【赤い霊柩車シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・20周年第30作!!2週連続SP龍野武者行列殺人事件前編 山村美紗未完の遺作×西村京太郎共作幻の原作映像化!封印された町の女帝が隠す血の秘密…二大巨匠の悲劇の連続殺人開幕(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30前編)」(9月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・第30作放送開始20周年記念!龍野武者行列殺人事件後編 山村美紗×西村京太郎〜二大巨匠幻の共作22年前の白骨死体が語る女系一族の血の歴史葬られた女が今甦る!三世代の愛憎劇完結(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30後編)」(10月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【空港警察・刑事課 今井陽子シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「黒の滑走路〜禁じられた一族 空港に女社長刺殺体!巨額遺産を巡る嫉妬と罠が交錯する連続殺人に潜む親子の屈折愛と衝撃の真実」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第4弾 黒の滑走路2〜花婿がみた悪魔〜不倫美女、浮気妻、元秘書と弟…怨念宿る復讐劇に魂を捧げた悪魔が仕掛けた驚愕トリックとは!?」(5月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【不倫調査員・片山由美シリーズ】
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美 京都伏見・月下美人殺人慕情〜鬼姑ダメ嫁修羅場の真実!闇の花が誘う復讐殺人の罠(最新作!!京都伏見・月下美人のトリック!!愛猫が見た鬼姑殺し)」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美12 黒の環状線…女と男嫉妬と金欲の連続殺人京都〜東京密室と錯覚Wトリックを暴け!(黒の環状線〜京都〜東京横浜連続殺人!!由美が容疑者になる)」(8月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【作家探偵・山村美紗シリーズ】
水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗!京都東山〜密室トリック殺人事件 京友禅に描かれた死者からのメッセージ!5つの文字が隠す禁断の愛憎劇(京友禅に描かれた鏡文字は死者からのメッセージ)」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第1弾 小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜広島尾道竹原で起きた連続殺人に潜む怨念!美人料理記者と草食系編集者が追う凶器に秘められた衝撃真実…」(5月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第3弾 推理作家・池加代子〜殺しのシナリオ〜主演女優が撮影中に毒殺!私の書いた台本で人が死ぬ…華やかな女優の世界に潜む嘘と殺意を徳島の渦潮が見た!」(5月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 看護師戸田鮎子の推理カルテ 京都・奥嵯峨保津川渓谷殺人事件!不倫と殺意の秘密を隠す多重トリックの罠(京都奥嵯峨に救命のナースコール)」(7月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

「京都の祭に人が死ぬ (角川文庫)」です!!
京都の祭に人が死ぬ (角川文庫)





「京都の祭に人が死ぬ (集英社文庫)」です!!
京都の祭に人が死ぬ (集英社文庫)





◆山村美紗先生の作品はこちら。


【関連する記事】
この記事へのコメント
自分は狩矢警部シリーズの大ファンなのですが2年位前の月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件~京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」を見逃していてどうしても見たいので誰か携帯でも見られるYouTubeに載せて下さい!自分はまだ携帯なので!お願いします!
Posted by あお at 2012年12月18日 13:28
Re:あおさん

管理人です(^O^)/!!

ご期待に沿えず誠に申し訳ないですが、管理人はリアルタイム視聴のみなので、そもそも録画習慣がありません……その代わりに、日記も兼ねて視聴したドラマを記録しているといった次第です。

お役にたてるかどうかは分かりませんが「月曜ゴールデン版・狩矢警部シリーズ8」については過去記事があるので、あらすじだけならばそちらをご覧頂ければ分かるかもしれません。
Posted by 俺 at 2012年12月19日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。