2012年11月12日

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

耳目をひく被写体に出合う幸運は万に一つ

報道写真コンテストの受賞作には仕掛けがあった! 犠牲者たちは殺されたのか。やらせ問題を題材とした社会派ミステリーの代表作

A新聞の「読者のニュース写真年間最高賞」に輝いたのは、東名高速での凄惨な事故の報道写真だった。“十万分の一”と評されたそのシャッターチャンスは果たして本当に偶然なのか? すぐれた作品を残したいというアマチュア・カメラマンのエゴイズムを軸に「作られた報道写真」問題を活写した社会派ミステリー。解説・宮部みゆき
(文藝春秋社公式HPより)


<感想>

「十万分の一の偶然」と呼ばれた1枚の写真。
そこに秘められたある秘密―――これこそが本作のテーマです。

本作では、複雑に人間模様が入り組んでいます。

写真家として名声を求め続け暴走した山鹿。
審査委員長として栄誉を求め暴走を煽った古家。
そして、復讐者。

一見、復讐者こそが主人公のように思えます。
その実、「芸術家の暴走を取り上げた本作」の真の主人公は途中退場する山鹿なのかもしれません。
彼の業こそが、本作のすべてを支配しています。

山鹿の業の深さは「奇跡の写真」に留まらず、新たなる題材を求めたことにも示されています。
もしも、復讐者の手にかからなければ新たな「奇跡の1枚」を撮影しようとしたかもしれません。

本作はあくまで自ら仕掛けた「奇跡の1枚」にこそ問題があったとされていますが、古家の行動に見られるように「悲劇が起こることを知りながら、それが自身の利益になる為に見逃そうとすること」それ自体も同じであると示しています。

つまり、「事件が起こると知りながら特ダネの為にこれを放置し、撮影する」こと。
あるいは、「大きな事故が起き被害者が苦しんでいる前で、救助活動を行えば助けられるにも関わらず伝える義務を優先しこれを撮影する」こと。
これらが是か非か?
救助活動の重要性はもちろん、伝えることの重要性についても既に多くの場所で語られています。
きっと、立場や見解によって答えは様々に変わるでしょう。

本作は、そんな報道の姿勢について問うた作品と言えると思われます。

<ネタバレあらすじ>

A新聞社「読者のニュース写真年間最高賞」に山鹿恭一の作品が輝いた。
題材は東名高速道路で発生した凄惨な玉突き事故。
多数の人間が死傷したその現場を、偶然にも山鹿がフィルムに焼き付けたのだと言う。
賞の審査委員長である写真の大家・古家はこれを絶賛、「まさに奇跡である」と評する。

だが、この奇跡に疑惑を投げかける人物が居た。
事故により死亡した山内明子の婚約者・沼井である。
沼井は独自の調査を開始する。

それから数ヶ月後、山鹿のもとをジャーナリストの中野を名乗る男が訪れた。
中野は近く暴走族による騒動が起こるとし、「これを撮影したくないか」と持ちかける。
更なる名誉を欲した山鹿はこの提案に乗り、中野と共に撮影に出かけ命を落とした。
捜査の結果、事故とされたが……実は中野による殺人であった。

それからさらに数日が過ぎた。
今度は、古家のもとに川原と名乗る男が訪れた。
川原は中野が山鹿に提案したように「奇跡の瞬間を撮影できる機会がある」と持ちかけた。
大家となってなお、栄誉を欲していた古家はこれに乗る。

とある鉄塔に連れて来られた古家。
川原は古家に煙草を勧める。
勧められるままに煙草を口にした古家は、数分後に気分が高揚する自分に気付く。
「なんだか何でも出来そうだ……」
気の大きくなった古家は川原の言葉通りに鉄塔へと昇り始める。

今や古家の眼にはありもしない幻覚の被写体が映っていた。
川原が勧めた煙草には幻覚物質が混入されていたのだ。

古家はぐんぐんと鉄塔を昇って行く。
もはや、彼には危険など考えられなくなっていた。

そんな古家の背中に、川原が語りかける。

「先生は自分が審査委員長を務める賞の格を上げる為に奇跡の作品を求めた。
そこで、先生が山鹿を煽ったんですよね―――多少の演出も止むなしとまで告げて。
それを受けた山鹿は、奇跡を待つのではなく自身で仕掛けた。
それがこの方法です」

川原―――いや、沼井は自身が中野として山鹿を葬った際と同じく、赤いフィルムを貼ったストロボを取り出す。
それを古家に向けた。

山鹿はこれと同じことをあの事故時に先頭を走ってたトラックに行った。
目の前に急に赤く点滅するランプが現れたトラック運転手は驚き慌ててブレーキを踏み込んだ。
その為に玉突き事故に発展したのだ。

婚約者を殺された復讐に動く沼井は、山鹿を殺害した上で、その殺意を事の発端となった古家に向けたのだ。

「やあ、あんなところに飛行機が飛んでいるよ。ハハハハハ……」
正常な判断力を失っている古家はふらふらと揺れ続け、地面に居る沼井を見た。
こうして、前後不覚の状態でストロボの光を目にした古家はバランスを崩し鉄塔から墜落死した。
この死についても、事故と思われていたが……。

さらに数日後、古家の死について事故死と結果を出そうとしていた捜査本部をある人物が訪ねた。
飛行機のバイロットである。
彼の証言は事故死を事件に転化させるものであった。
古家の墜落現場付近を飛行中、眼下に赤い光を目撃したと言うのだ。
しかも、このパイロットは山鹿の死亡時にも同じ光を目にしていた。
捜査本部は事件性を察知し、本格的な捜査に動く。

一方、その頃の沼井。
復讐を果たした彼は自身の生に終止符を打つべく崖を彷徨っていた―――エンド。

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「十万分の一の偶然―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)」です!!
十万分の一の偶然―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)





「松本清張全集〈43〉告訴せず/十万分の一の偶然」です!!
松本清張全集〈43〉告訴せず/十万分の一の偶然





「松本清張傑作選 第二弾DVD-BOX」です!!
松本清張傑作選 第二弾DVD-BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。