2012年11月16日

特別読切「あつい冬」(秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

第3巻も好調な阿部共実先生「空が灰色だから」(秋田書店)。
ネット上で話題となっており、1・2巻は今も順調に版を重ねているとの情報も流れています。
1巻が赤色、2巻が黄色、3巻が青色ということで「虹の7色」をイメージしているのでしょうか。
とはいえ、是非とも7巻以上続いて欲しい作品です。

実際、読んでみると不思議な魅力を持つ本作。
面白いものを読んだら語らずにはいられない管理人にとって、十分に語るべき対象となる作品であります。

一方、阿部共実先生の短編集発売が迫る中、収録短編の1つ「あつい冬」が「週刊少年チャンピオン」誌上にて先行公開。
というわけで、2012年11月15日に掲載された短編「あつい冬」のあらすじをまとめておきます。

これを読んで興味を持たれた方は、是非「週刊少年チャンピオン」本誌連載とコミックスにもチャレンジして貰えればオススメした甲斐があるかもしれません。
直に本作を目にして貰えればその不思議な魅力をご理解頂けるかと思います。

では、本作の魅力を出来る限りお伝えするべくネタバレ批評(レビュー)です。

◆2012年11月15日「週刊少年チャンピオン」掲載「あつい冬」

春恵と梓は幼馴染。
春恵にはある野望があった。
天然ボケの梓に対し、自身がツッコミを極めることで漫才大会で優勝し、お笑い界を席巻しようとのものである。
早速、天然ぶりを発揮する梓に鋭くツッコミを入れ続ける春恵。

(やれる……これなら、天下が獲れる!!)
確信を深める春恵だったが……。

「熱い……」
唐突に梓が呟く。
季節は冬である。
寒い(実際に春恵は寒さを感じている)にも関わらず、梓が何故か真逆のことを口にする。

(よし、ツッコミどころ)
更なるツッコミを入れるべく梓の姿を視界に戻した春恵は絶句する。
梓の身体は、湯が沸騰するように激しく泡立つと、そのまま崩れ落ちてしまったのだ。
残されたのは……梓の衣服だけである。

(えっ、何……)
暫し思考停止した春恵だったが、「またまた、天然やな〜〜〜」とツッコミを続けてしまう。

だが、梓の姿はおろか返事すらない。

さらにツッコミを続ける春恵。
その脳裏には梓と過ごした日々が過っていた。

まだまだ、梓は消えたきり出て来ない。

さらに、さらにツッコミを続ける春恵。
しかし、当然、梓が戻って来る気配はない。
その間にも、梓との想い出がどんどん浮かんで来る。

さらに、さらに、さらにツッコミを続ける春恵。
さらに、さらに、さらに、さらにツッコミを続ける春恵。
さらに、さらに、さらに、さらに、さらにツッコミを続ける春恵。
さらに、さらに、さらに、さらに、さらに、さらにツッコミを続ける春恵。
さらに、さらに、さらに、さらに、さらに、さらに、さらにツッコミを続ける春恵。
さらに、さらに、さらに、さらに、さらに、さらに、さらに、さらにツッコミを続ける春恵。

だが、梓が現れる気配は一向にない。
代わりに梓の笑顔が春恵の脳裏を占めて行く。

もう、梓は戻らない……遂に涙腺が決壊した春恵。
大粒の涙をこぼすと、膝から崩れ落ち、その場に座り込んでしまうのであった―――エンド。

<感想>

2012年11月8日掲載「あつい冬」です。

これはヤバい。
何がどうと言い表すことが出来ないのがもどかしいですが、ヤバい。

う〜〜〜ん、無理にでも言葉に表現するとこんな感じ!?

理不尽に……あまりにも理不尽に不可解な事態で親友を奪われた春恵。
あまりの衝撃に現実逃避した彼女が、事実を受け入れるのにはあまりにも長く時間を必要としました。
それだけに、春恵の悲しみや、春恵の中での梓の大きさが分かり、胸に来ますね。
これがまた上手く表現されている。
オープニングの漫才との落差がこれを助長している点も凄い。
あのスタートからこのゴールなんて想像もつかないですよ。
またも度胆を抜かれました。
阿部先生は読者に幾つの肝を用意させるのか、恐るべし……。

そして、いよいよ次回は「空が灰色だから」が再開。
次回にも期待です!!

「空が灰色だから」は「週刊少年チャンピオン」に連載中の漫画。
読むと心がざわついて何処となく落ち着かなくなる作風。

この間から何となく感じていたのですが、本作は過去に「週刊少年チャンピオン」にて連載されていた倉島圭先生「24のひとみ」にテイストが似ていますね。

従来の枠に囚われない世界観は両者の特徴と言えるでしょう。
その味は、古典部シリーズ『氷菓』のアニメ化で話題の米澤穂信先生の著作『儚い羊たちの祝宴』に通じるモノがありそうです。

『儚い羊たちの祝宴』(米澤穂信著、新潮社刊)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
【ブラックギャラクシー6関連】
「ブラックギャラクシー6」外伝(秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」掲載)まとめ

【空が灰色だから関連】
阿部共実先生「空が灰色だから」(秋田書房)の1巻が発売!!不思議な魅力を湛えた本作に注目すべし!!&今週号ネタバレ批評(レビュー)

2012年3月15、22日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年3月29日、4月5日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年4月12日、4月19日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年4月26日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月10日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月17日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月24日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年5月31日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月7日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月14日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月21日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年6月28日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月5日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月12日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月19日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年7月26日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年8月2日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年8月16日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年8月23日の「空が灰色だから」ネタバレ批評(レビュー)

2012年8月30日の「空が灰色だから」43話ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから」44話「なのるなもない」(2012年9月6日掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから」45話「初めましてさようなら」(2012年9月13日掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから」46話「アリス14歳乙女座の乙女の告白」(2012年9月20日掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから」47話「幸福パンデミック」(2012年9月27日掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから」48話「おはようございます。自分やる気あります」(2012年10月4日掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから」49話「不謹慎なそれ」(2012年10月11日掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「空が灰色だから 3 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
空が灰色だから 3 (少年チャンピオン・コミックス)





「空が灰色だから(2) (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
空が灰色だから(2) (少年チャンピオン・コミックス)





「空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「24のひとみ 1 (少年チャンピオン・コミックス)」です!!
24のひとみ 1 (少年チャンピオン・コミックス)





「1分半劇場 24のひとみ Vol.1 [DVD]」です!!
1分半劇場 24のひとみ Vol.1 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。