2012年11月17日

土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 第3話(第3回) 偽りのメロディー〜完全犯罪を調律せよ」(11月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 第3話(第3回) 偽りのメロディー〜完全犯罪を調律せよ」(11月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

音大のピアノ科准教授・小岩井には学長の娘である愛子との結婚話がもちあがっていた。長く付き合っている歌手・梓と小岩井は別れようとするが、彼女はそれを受け入れない。手を焼いた小岩井は自殺に見せかけて梓を殺害する。都鳥は自殺と見えた梓の死が仕組まれた完全犯罪であることを見抜き、それを切り崩していこうとするが…。

音楽大学のピアノ科准教授・小岩井(山口馬木也)には、学長の娘・愛子(木南晴夏)との結婚話が持ち上がっていた。小岩井は、長く付き合っている売れない歌手の梓(佐藤仁美)と別れようとするが、彼女はそれを受け入れない。手を焼いた小岩井は自殺に見せかけて梓を殺害する。梓のアパートの部屋の何げない情景から、都鳥(三上博史)は自殺と見えた梓の死が仕組まれた完全犯罪だと見抜き、それを切り崩していこうとする。
(公式HP、@nifty tv番組表より)


では、続きから(一部、重複アリ)……

「待てや、こらぁ!!」
何時になくやる気に溢れた安永が、先を行く男を追いかけ街中を走り抜ける。
遂には追い付き、これを逮捕するが……。
その翌日、新聞記事には次の文字が躍ることとなる―――「誤認逮捕!!自殺を殺人と見誤る」と。
「あれは自殺だったんだ。事件なんかじゃない!!」上司に怒鳴りつけられる安永……。

これが、1年前の出来事である。
そして、現在。

「あれは自殺だったんだ。事件なんかじゃない!!」
上司の声と共にガバと目覚めた安永。
これにより、トトリが被害を蒙ることに。

場所は食堂である。
安永と背中合わせに座りカレーうどんを食していたトトリは、ぶつかった衝撃でシャツに染みが出来てしまったのだ。
これに気付いた安永、2人の間を気まずい空気が流れる。
「これ、高かったんでしょ……」
「いえいえ、安いんで。本当に安いんで」
「2度も繰り返した。本当は高いんでしょ」
トトリと安永の問答が続く―――。

その晩、音楽大学のピアノ科准教授・小岩井は学長の娘で自身の婚約者である愛子と夜を過ごしていた。
ところが、小岩井は愛子の飲み物に薬を……。
さらに小岩井は愛子の為にピアノ演奏を始める。
数十分後、愛子は薬の効果で眠りについてしまう。
これを待っていた小岩井は、愛子が寝入っていることを確認すると静かに車で外出する。
これが午後8時の出来事である。

小岩井の向かった先は、長く付き合っている売れない歌手・梓のもとだ。
小岩井は愛子との結婚を目前に控え、別れを切り出した恋人・梓への対応に苦慮していた。

小岩井はつい数日前の梓との食事を思い出す。
其処で小岩井は梓の新曲の歌詞を目にした。

「生きている意味が分からない
夢も希望もないなんてさよなら苦痛から解き放って幸せにしてくれる
だから、飛び込もう」

これは使える―――そう考えた小岩井はある計画を実行に移す。

愛子を眠らせ、梓宅を訪れた小岩井。
梓は驚きながらも小岩井を招き入れた。
勧められた焼き芋を断りつつ、例の歌詞を読みたいと希望した小岩井をこれを手に入れるとそのままベランダへ。
机の上に置かれたライターを口実に梓を呼ぶと、隙を突き転落死させるのであった……。
さらに、例の歌詞を遺書代わりに利用する。
これで自殺の偽装は終わりである。

午後10時30分、殺人を終え帰宅した小岩井は時計の針を午後9時30分に戻すと、愛子が起きるのを演奏しながらじっと待った。
さも、その場から動かず演奏し続けていたように見せかける為だ。
愛子の目覚めと、小岩井の演奏終了はほぼ同時であった。

寝入ってしまったことを誤魔化すように小岩井の演奏を讃える愛子。
これに気付きながら、「こんな時間か……」と時計に注目するよう誘導する。
時計を見た梓は自身の携帯を捜し始めるが……携帯は小岩井により事前に隠されていた。
そのまま小岩井は愛子とベッドを共にするのであった……。

翌日、安永が運転する車の助手席にはトトリの姿が。

染みが落ちなかったことを気に掛けるトトリ。
そんなトトリを気まずそうに見つめる安永。
「あの、弁償は……」
「いえ、結構です!!」
おそるおそる弁償を申し出る安永だったが、意固地になっているのかトトリはにべもない。

と、「止まってください!!」トトリが叫ぶ。
トトリが気付いたのは梓の自殺現場だ。
こうして、トトリは梓の自殺捜査に介入することに。

自身の過去を思い返し、自殺事件に関わらないよう促す安永だったが、それでトトリが止まる筈もない。
トトリは休暇までとって、捜査に乗り出す。

梓の関係者を追うトトリ。
梓は売れない歌手で、バーでバイトの傍らに歌を歌っていた。

そこで、梓のファン・牧村の存在を知ったトトリはこれを訪ねる。
牧村は梓の自殺を聞いて以来、放心状態で酒浸りになっていた。
テレビで流されるマコリンの歌を聴き「最近の流行は分かりませんねぇ」と呟くトトリ。
さらに、牧村から梓に恋人が居たらしいことを突き止める。
だが、それが小岩井であることまではまだ分からない……。

その夜、トトリ宅を安永が訪れる。
新人にも関わらず、先輩を差し置き有給休暇をとったトトリを遠回しに批判する安永。
だが、トトリには通じない。

翌朝、トトリは梓の知人を巡り、梓の先輩として小岩井にまで辿り着く。
小岩井は「梓とは卒業以来疎遠だった」と主張。

だが、トトリは小岩井宅にある「ピアノ交響曲全集」からこれを嘘と見抜く。
小岩井宅の「ピアノ交響曲全集」からは「第5巻」が欠けていた。
その第5巻が梓宅にあったのだ。

このトトリの追及に小岩井はあっさり嘘を認め、「自分が梓を捨てたことが原因で自殺してしまった」と証言を変更する。
しかし、梓殺害については否定。
その時刻は、愛子と共に居たとアリバイを主張する。

これを聞いたトトリは小岩井の友人を名乗り愛子に接近する。
そこで、愛子には絶対音感があることを知ることに。
さらに、トトリは愛子から「小岩井が午後8時から1時間30分演奏していた」との証言を引き出す。

そこへ安永から連絡が入る。
安永は、トトリの行動について監視するよう厳命されていたのだ。
自身の経験をもとに、トトリの捜査を批難する安永。

これに対しトトリは、梓宅で押入れから半乾きの洗濯物を見つけたこと。
つまり、自殺前に急な来客があった疑いがあること。

それと、梓宅で見つけた自作の赤ジソ酒が自殺の1時間前に作られたものを発見したこと。
つまり、梓に自殺の意志が無かった可能性があること。

以上2点をもって、他殺の疑惑があることを証明する。
これを聞いた安永は感心する……が、やはり、自身の経験が先立ちトトリを批判する。
ところが、トトリは安永のトラウマの原因を知っていた。

「確かにトラウマになっても仕方がありません。
でも、亡くなった梓さんはどうなるんですか?
第一、いつまでそのトラウマで自分を縛るのですか?」

トトリの問いかけに安永は揺れる―――遂に自分自身でも捜査を開始することに。
再度、コンビ結成である。

トトリたちは小岩井に対し攻勢を開始。
まずは、翌日に行われる小岩井のコンサート会場を訪ねることに。

「また寝ないで下さいね」
「また?いつ、寝たんですか」
2話のファッションショーについて持ち出す安永と、これを絶対に認めないトトリ。

そんな中、小岩井による演奏が始まった。
そして数十分後……トトリの肩にもたれかかる安永の姿があった。
安永は寝ていた……。

演奏終了後、小岩井に挨拶がてら揺さぶりをかけるトトリ。
其処で重大なヒントを得ることに。

「クラシックを聴いていると眠くなってしまって……」安永が洩らした感想に愛子も同調。
愛子は梓の死亡当夜にも寝てしまったことを口にしたのだ。
これを聞いたトトリの眼が光る。

さらに、湿度によりピアノの音に狂いが生じるかの実験を行うトトリ。
これの意味するところは1つしかない。
追い詰められつつある小岩井は泣いて誤魔化そうとするが……。

「ウミガメのような方だ」
ウミガメの涙が体内の塩分濃度を輩出しているだけえあると解説するトトリ。
流した涙の意味は本人にしか分からないと告げる。

「遺書があったんでしょ、遺書が!!」
開き直った小岩井は遺書を盾に抵抗を見せるが……。

確かに遺書は大きな壁となっている。
気落ちする安永に、浦嶋太郎の童話を持ち出すトトリ。
この亀がオスかメスかと質問したのだ。
首を傾げる安永に解法を教えるトトリ。

人を運べる大きさなのでウミガメ。
ウミガメが陸に上がることは次の3つしかない。

1.甲羅干し
2.寒さによる仮死状態
3.産卵のため

日本では甲羅干しは行われない。
寒さによる仮死状態ならば、浦嶋を運べない。
残るは3だ。
このように一見、難易度が高く見えても何事にも打開策はある筈なのだ!!

梓の遺書について牧村に尋ねたトトリたち。
牧村はこれを梓の新曲の歌詞であると主張。
だが、歌詞だから遺書に使わないとは言い切れない。

結局、手掛かりは得られなかった……。
郵便物の溜まった牧村宅の郵便受けを片付け始める安永、そこには花村梓からの郵便が……。

翌朝、小岩井を訪ねたトトリたち。
梓の死の晩に愛子が寝ていたことを明かし、別荘を調べれば事件が解決すると予告する。

これに動揺した小岩井は深夜、密かに別荘へ。
小岩井はこっそりとピアノの音が狂っていないか確認する。

ところが、トトリは先回りしていた。

愛子の証言に追加があったことを明かすトトリ。
寝る前は正しかった音が、起きた後に5ヘルツほどずれていたらしい。
これが何を意味するか?

気象庁から取り寄せた雨量のデータを見せつける安永。
別荘付近のみ激しく雨が降っていたのだ。
その時刻が午後10時過ぎであった。
この湿度がピアノの音を狂わせた。
もしも、本当に愛子が午後9時に起きたのならば、ピアノの音がずれる筈はない。

さらに、梓殺害当日の朝刊から小岩井の指紋が検出されたことも伝えられる。
焼き芋を包んだ新聞紙こそが当日の物だったのだ。

だが、小岩井は「遺書があったんだろ!!」と最後の砦にしがみつく。
そんな小岩井のあがきも虚しく……。

「お願いしま〜〜〜す」
安永の呼びかけに応じ現れたのは牧村である。
その手には、梓が最新曲を歌う様子が収められた映像が握られていた。
例の牧村宅に届いた郵便物はそれだったのだ。

映像が再生され、流れ始める歌詞。
内容は例の遺書とされたものと同じだが……。

「ヨウちゃん、支えてくれてありがとう。この歌を捧げます。

生きている意味が分からな〜〜〜い。
愛も希望もないなんてゴメンさ。
ヨウなら苦痛から解き放って幸せにしてくれる〜〜〜」

そう、例の歌詞は意味が異なっていた。
小岩井が考えた「愛も希望もないなんてゴメン、さようなら」では無かったのだ。
牧村は梓に「ヨウちゃん」と呼ばれていた。
「ヨウなら」とは牧村のことなのだ。
つまり、「牧村ならば苦痛から解き放って幸せにしてくれる」との意味であった。
新曲は梓から牧村へのメッセージだったのだ。

実は、牧村は小岩井に捨てられた梓に告白していた。
その返事は保留とされていたが……新曲の形で届けられていた。
梓は小岩井と別れ、牧村と新たに生き直すつもりだったのである。
小岩井は、梓を殺害する必要などなかったのだ……。

同時に梓の自殺の理由も失われた。
当然、歌詞は遺書ではなくなる。
こうして、小岩井の犯行が明らかになったのである。

「あいつ言ったんだ。俺の人生滅茶苦茶にしてやるって……言った通りじゃねぇか」
力なくその場に腰を落とす小岩井。

事件解決を通じてトラウマを乗り越えた安永はトトリに礼を述べるが……。
「先輩の為じゃありません。先輩が悩むと僕が被害に遭うんで。実はこれ高かったんですよ」
染みを指さし、しれっと口にするトトリ。
だが、何処か照れ隠しのようにも見える……。
そのままトトリは振り返りもせず、先を行く。
暫し立ち止まり何事か考えていた安永だったが、ニヤリと微笑むとトトリへと駆け寄る。

安永を待つでもなく、置いて行くわけでもないトトリ。
そんなトトリの隣に並ぶ安永。
2人で歩き始めるその背中は「相棒」と呼べるものになりつつあった……のかもしれない―――エンド。

<感想>

管理人が2012年下半期注目しているドラマの1つ『実験刑事トトリ』が遂に放送開始。
全5回放送予定で、今回はその3話目のネタバレ批評(レビュー)となります。

本作は『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』に代表される倒叙物ドラマ。
つまり、先に犯人による犯行が描かれ、後に主人公によりその瑕疵を突かれ犯行が暴かれるアレです。
従って、如何にして完全と思われた犯行が暴かれるのかが視聴する上での醍醐味となります。
今回は此処を評価のポイントとし、視聴して行きたいと思います。
果たして、どうだったのか?

良かったですね。
今回は遂に安永が活躍しました。
梓の手紙を発見したくだりは盛り上がりました。

トリックも王道を行っています。

マコリンレギュラー化してますね。
未だ姿を見せぬトトリの妻の謎もあるし……最終回で何かが起こるのか?

何より、遂にトトリと安永が「相棒」らしくなってきたのが良い。
次回、さらに距離の縮まった2人の活躍が楽しみです。

そんな中、今回気になったのは次の点。

梓は小岩井と別れて牧村を選んだ筈なのに、それをはっきりと小岩井に伝えないなんてことがあるのかなぁ……と。
特に、元恋人とは言え夜に来訪した小岩井をあっさりと自宅に上げるものなのだろうか。
梓にとって、小岩井を自分を捨てた相手だから憎い筈……拒否するのでは?
そうでなく、仮に自分が牧村と交際するつもりで小岩井とは友達関係で居たいと考えたとしても、やはり、別れを受け入れることを伝えずベランダで並んで星を眺めるのはどうかなぁ……。
小岩井との関係について、梓自身も未だ悩んでいたということなのでしょうか……複雑です。

そして、愛子についてですが割とさっぱりした性格なのかなぁ……。
クールと言うか、割り切っていると言うか。
あっさりトトリに情報提供した上で別荘の鍵を貸すなど、婚約者の筈の小岩井を逮捕することに協力しているし。
そう言えば、小岩井の演奏を聴きながら寝たことについても特に悪びれていない様子だったし。
どちらかと言えば、小岩井の方が権力欲の為に求愛していたことになるのでしょうか。
割と打算的な関係?

だとすると、梓と牧村、小岩井と愛子の関係は対象的なものと言えそうです。

でもって、愛子が絶対音感の持ち主ならば雨音に気付かないものなのかなぁと疑問に思ったり。
仮に雨が止んでいても、木の枝から落ちる滴の音とかは聞こえないのだろうか。
いや、待てよ……。
絶対音感と言えども聞こえない音は聞こえないワケで、耳が良くなるワケではないのか。
うん、納得した。

振り返ってみても、3話はターニングポイントだけあって良かったですね。
4話に期待。

『実験刑事トトリ』についてはノベライズ版も既に発売されています。
ノベライズ版については、本記事下部にアマゾンさんへのリンクをご用意しております。
興味を持たれた方はこちらもチェック!!

◆「実験刑事トトリ」前回までのネタバレ批評(レビュー)はこちら。
土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 実験刑事誕生〜完全犯罪のレシピ」(11月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「実験刑事トトリ 第2話(第2回) 女はドレスに罪を隠す」(11月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連外部リンク
・「実験刑事トトリ」公式HP(外部サイトに繋がります)
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/130999.html

・「実験刑事トトリ」スタッフブログさん公式HP(外部サイトに繋がります)
http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1660/

◆関連過去記事
【ドラマ】異色にして本格!!『実験刑事トトリ』に注目せよ!!

2012年下半期注目のドラマ『実験刑事トトリ』スタッフさんブログ更新開始される!!

早くも発売、ノベライズ版「実験刑事トトリ」です!!
実験刑事トトリ





「実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック」です!!
実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック





「トトリ」繋がりで「【Amazon.co.jp限定】トトリのアトリエ PS3 the Best (オリジナルカスタムテーマ3種DLシリアル同梱)+メルルのアトリエ プレミアムフィギュアBOX」です!!
【Amazon.co.jp限定】トトリのアトリエ PS3 the Best (オリジナルカスタムテーマ3種DLシリアル同梱)+メルルのアトリエ プレミアムフィギュアBOX





「トトリのアトリエ -アーランドの錬金術士2- トトリ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)」です!!
トトリのアトリエ -アーランドの錬金術士2- トトリ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)





「ガリレオ DVD-BOX」です!!
ガリレオ DVD-BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。