2012年11月14日

【映画情報】木内一裕先生『藁の楯』が映画化!!

木内一裕先生『藁の楯』が映画化されるそうです。

映画原作となった『藁の楯』あらすじはこちら。

『藁の楯』(木内一裕著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

<あらすじ>

「生きる価値のない男」を守る。命を懸けて。
「人間の屑」の楯になることを拒否した警察官たちが直面する絶望の果ての最悪とは!?緊迫のエンターテインメント!

2人の少女を惨殺した殺人鬼の命に10億の値がついた。いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測のつかない中、福岡から東京までの移送を命じられた5人の警察官。命を懸けて「人間の屑」の楯となることにどんな意味があるのか? 警察官としての任務、人としての正義。その狭間で男たちは別々の道を歩き出す。
(講談社公式HPより)


そして、映画版のあらすじはこちら。

<あらすじ>

孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます」という、行方不明の犯人の殺害を依頼する全面広告を、大手新聞3紙に掲載。日本中がにわかに殺気立つなか、身の危険を感じた犯人の清丸国秀は福岡県警に自首する。警察組織は威信をかけ、精鋭5人を選別し、警視庁までの護送担当として派遣。全国民の殺意が清丸に向けられるなか、5人の警察官の孤独な戦いが始まる。
(エイガドットコムさんより)


大沢たかおさん、松嶋菜々子さんが出演されることが既に判明。
他のキャストには、清丸役に藤原竜也さん。
警官役に岸谷五朗さん、伊武雅刀さん、永山絢斗さん。
蜷川役に山崎努さんとのこと。

かなりセンセーショナルな映画『藁の楯』は、2013年4月26日公開。

「藁の楯 (講談社文庫)」です!!
藁の楯 (講談社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック