2012年12月12日

「相棒season11(eleven)」第9話「森の中」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season11(eleven)」第9話「森の中」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season11(eleven)」第9話「森の中」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

2012年12月14日追記
本作の謎や登場人物の名前について追記しました。
詳しくは<感想>をご覧ください。
登場人物の正式名を教えて下さった青山さん、感謝です(^O^)/!!
追記終わり


<ネタバレあらすじ>

深夜、人気のない道路を救急車が患者を乗せて疾走する。
患者はかなり危険な状態らしい。
運び込まれた病院内では緊迫感が漂う。

そんな緊張を破るような携帯のベル。
看護師はそれを拾うと患者の容体を相手に伝える。
その相手とは悦子(真飛聖)である。
つまり……患者は甲斐(成宮寛貴)なのだ。

急報を受けて右京(水谷豊)も到着。
緊張感とやる気のない警備員に「君はこの職業に向きませんね」と評する右京。

一方、甲斐はICUに運び込まれていた。
担当医の荒木によれば、「家族を呼ぶべき状況」だそうだ。
だが、峰秋は急用を理由に病院にやって来ようともしない。

悦子も駆けつけ、甲斐の惨状に絶句する。
甲斐は何者かに激しい暴行を受け、意識不明のままで予断を許さない状況であった。
右京は甲斐が何らかの事件に巻き込まれたとして、伊丹(川原和久)ら捜査一課と捜査を開始する。

甲斐は吹上街道に倒れ込んでいたらしい。
なんでも匿名の通報があり、救急車が駆け付けたのだ。
搬送した救急隊員によれば、甲斐は木の陰に隠されていたと言う。

右京は看護師から甲斐の手に付着していた長い茶色の髪の毛を受け取る。
この鑑定を米沢(六角精児)に依頼することに。

一方、内村たちは甲斐が峰秋の息子ということで捜査にも力を入れる。
「早急に解決しろ」と横暴な内村の物言いに苛立ちを覚えた中園は、右京がいることを理由に完全解決を請け合うのであった。

甲斐について119番通報をしたのは女性。
しかし、自分の名前も告げず、公衆電話からの通報であった。
どうやら身分を知られたくなかったようだが、ということは、第三者ではなく事件の関係者である可能性が高い。

さらに悦子より、甲斐がキノコ狩りに出かけて被害に遭ったらしいことも分かる。。

その頃、複数人の男女が言い争いを続けていた。
「オヤジさんが何のためにしたと思ってるんだ?」
「だからって、人殺しはイヤ!!」
どうやら、甲斐に関連することらしいが……。

一方、生死の境をさまよっていた甲斐が意識を取り戻した。
ところが、甲斐は過去の記憶を失っていた。
名前や職業なども忘れてしまったらしい。
回復の見込みはあるとのことだが……。

右京を見ても特に反応を示さない甲斐。
必死に記憶を探った結果、「鈴の音が聞こえる…」と口にする。

その頃、例の男女。
「シゲさん」と言う名の老人が女性に対し「お嬢」と呼びかけていた。
「フルイ」の行方について問う「シゲさん」。
「フルイ」は何処に消えたのか?
「お嬢」以外に「キョウ」と呼ばれた女性も「フルイ」の行方を知らないらしい。

悦子のことも記憶にない甲斐。
悦子は2人の馴れ初めについて語る。
マイアミ発ニューヨーク行の旅行バスで出会い、座席について揉めたのがきっかけらしい。
家族は居ないのか?何故、誰も見舞いに来ないのか?―――その点を執拗に気に掛ける甲斐。
悦子はどう答えるべきか、言葉に悩む。

悦子が席を外した隙にフルイと呼ばれた男が現れる。
フルイは甲斐に記憶が無いことを確認するとナイフを隠し、そのまま逃げ去ってしまう。
そんなフルイと擦れ違う角田、甲斐の見舞いに来たらしい。
だが、角田たちが気付く筈もない。

そんなフルイを呼び止めたのは先程の警備員。
ところが、この警備員はフルイを兄と呼ぶ。
「気をつけなよ〜〜〜ナイフが見えてるよ」
注意するなり、そのまま去ってしまう警備員。
フルイは苦虫を噛み潰したような顔である。

角田たちが甲斐を見舞う中、幸子も登場。
それぞれがそれぞれに趣向を凝らし、甲斐の記憶を取り戻そうと励む。

右京と伊丹らは甲斐が発見された郊外の現場へ行き、119番通報に使われた公衆電話を調べる。

甲斐が収容された木の陰から、通報に用いた公衆電話の距離に注目した右京。
犯行現場は別の場所であり、車で運ばれたと推理する。
さらに、通報者が身許を隠していたことを重視。

通報者が事件の関係者だとするならば、次のようなことが考えられる。
意識のない甲斐を抱えて車で移動していたその人物は、一刻も早く通報したかった筈だ。
だが、身許を隠す為には携帯は使えない。
そこで公衆電話を捜し利用した。
つまり、通報に用いられた公衆電話は事件発生現場からもっとも近い公衆電話となる。

これに、右京は「甲斐がキノコ狩りをしていたこと」を加え、近くのキノコ狩りが出来る場所に手掛かりがあると指摘する。

同じ頃、フルイは「まろく庵」に姿を見せる。
其処には「シゲさん」や「お嬢」、「キョウ」たちが居た。
此処こそが本拠だったのだ。

どうやら、フルイたちが甲斐に暴行を働き、お嬢がそれを止めたようだ。
だが、これにより「オヤジさん」と呼ばれる人物が危険に曝されているらしい。

其処へ伊丹たちがやって来る。
遂に右京たちが「まろく庵」に辿り着いたのだ。
その扉に「馬」と「鹿」を発見する右京は興味を抱く。
「まろく庵」は「馬鹿庵」らしい。

「まろく庵」の人々(フルイたち)に甲斐の写真を見せる右京たち。
だが、彼らが正直に認める筈もない。
「見たことも無い」とシラを切る。

右京は「他にもキノコ狩りの名所はありますが、虱潰しの皮きりにまろく庵を選んだ」と主張。
どうやら、何か理由があるようだ。

恒例の「お手洗い拝借作戦」を用い、屋内を観察する右京。
豊富な蔵書が積まれた部屋。
意味ありげに新聞記事の切り抜きが貼られている。
さらに、写真をしげしげと眺める。
面白そうな竹筒を覗き込み、キョロキョロと見回す。

そこを「お嬢」に発見される右京。
写真の人物こそが「庵主」かと確認する。
しかも、「まろく庵」が所有するワゴン車に興味を抱く。

ワゴン車のライトが壊れていたのだ。
狸を避けてぶつかったと主張するお嬢。
右京は調査協力を要請するが、拒否されてしまう。
仕方なく、その日は引き下がる右京たち。

伊丹たちは通報者の声から「お嬢」こそがその人物であると特定。
甲斐の指に絡まっていた茶髪も「キョウ」の物であると目星をつける。
どう考えても「まろく庵」の面々は怪しい。

そんな中、鈴の音を気に掛ける右京。
甲斐が耳にした鈴の音は何処にあるのか?

その夜、キョウはお嬢に「杉下が怖い」と告げる。
当の杉下は特命係の室内で「庵主」の写真や新聞記事の内容について想いを馳せていた。
決着へ向けて、それぞれがそれぞれの夜を過ごしていた―――10話に続く。

「相棒season11(eleven)」第10話「猛き祈り」(12月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

シーズン11(eleven)第9話。
脚本は輿水泰弘さん。

さて、今回はというと……。

以前にお伝えした通り前後編の前編です。
物凄く面白かった。
「相棒」らしさがフルに発揮されていました。
「後編」の完成度如何では「シーズン11」ベストになるかも。

そんな9話ですが、謎は1点のみ―――「まろく庵」の面々は何を隠しているのか?
これこそが、甲斐が口封じの為に襲われる理由です。

今回の内容から察するに、それは「お嬢の父である庵主に関すること」の様子。
「庵主」は既に死亡しているとされていますが、生きているのか?

手掛かりになりそうなのは……。

・甲斐の聞いた鈴の音。
・新聞記事の切り抜き。
・庵主の存在。

あたりか。
それと竹筒も伏線になりそう。
考えられるのは「庵主が何らかの犯罪を犯しており、追われる身である可能性」か。
ゆえに、庵主に恩義のある面々が必死に庇っているといったところか。
2012年12月14日追記:この謎について解答と思われる情報を入手しました。本記事下部の追記部分に記載があるので、興味のある方はどうぞ!!)

さて、此処で公式HPを解禁してみましょう。
ふむふむ、ほ〜〜〜なるほど。

管理人だけ納得していても意味が無いので公式HPのあらすじをご紹介しましょう。
後編タイトルは「猛き祈り」。
ちなみに2012年最後の放送となります。

<あらすじ>

何者かに暴行を受け、記憶喪失になってしまった享(成宮寛貴)。やはり「まろく庵」の人間たちが享と関わりがあったことは間違いなさそうだ。

伊丹(川原和久)らは入院中の享に「まろく庵」の生方(山本學)、坂口(ウダタカキ)、榊(相葉弘樹)らの写真を見せ、彼らが全員過去に犯罪での逮捕歴があることを説明する。そんな人間たちと享の間に何があったのか改めて質問するが、享はやはり「鈴の音」以外は思い出せないという。

一方、右京(水谷豊)は「まろく庵」周辺で聞き込みをする。近くの商店の女店主の話では、生方と行動をともにする真智子(柴本幸)の父・伏木田はガンを患っていたが入院もせず、医師に往診してもらっていると聞いていたという。その女店主がやせ細った伏木田を最後に見たのは、半年ほど前だったとか。

伊丹らが家宅捜索令状をとり、「まろく庵」へ乗り込んだ。右京も伊丹らに合流したそのとき、生方が「享を半殺しの目にあわせたのは私です」と自供するのだが…。

生方の不可思議な自供の裏に隠された驚くべき真実とは? 窮地に陥った享を右京は鋭い推理で救えるのか!?
(公式HPより)


やはり、庵主は生きているのか?
そして、シゲさんたちは更生した人々だったんですね。

でもって、シゲさんたちの名前も判明。

「シゲさん」が生方。
「フルイ」が坂口。
「警備員」が榊。
「お嬢」が真智子。
「庵主」が伏木田だそうです。

「キョウ」が不明ですね。
次回判明するかな?

2012年12月14日追記
コメントにて青山さんより「キョウ」と「シゲさん」の正式名を教えて頂きました。
「キョウ」は「長尾恭子」、「シゲさん」は「生方豊茂」だそうです。
それぞれ名前を略して呼び名にしているんですね、納得。
青山さん、ありがとうございます(^O^)/。
追記終わり


ちなみに前編「森の中」は関東エリアの方のみ、12月19日(水)15時57分から16時53分に再放送。
再度、整理して視聴すべし。

ちなみに今後の放送予定について入手した情報を。
毎年恒例元日スペシャルですが、今年は11話「アリス」となるそう。
脚本は去年も「ピエロ」にて元日スペシャルを担当した太田愛さん。
「アリス」というタイトルから、ドジスンが連想されるので「小児性愛」「児童虐待」がテーマとなりそう?
さらには、今年も相棒パンが発売!!
ファンは要チェック!!

2012年12月14日追記

では、此処から後編「猛き祈り」に関わる重大なキーについて記します。
ツイッター上で語られていた説です。

内容は「甲斐が突き止めた庵主の秘密について」です。
どうも、「即身仏」らしいです。

「即身仏」とは「自身の意志で土中に埋められ、生き仏になること」ですね。
これを庵主が行っているのではないかとの情報。

確かに、腑に落ちる点が多い。
まず、「鈴の音」は「往生したことを周囲の者に報せるべく鳴らし続ける物」。
そして、「竹筒」は「木棺から呼吸を確保するべく地上に伸ばす」際に使用します。
でもって、「まろく庵」というネーミングの由来などからも「庵主」はこういった行動をとっても不思議ではない。

おそらく、甲斐は鈴の音から埋まっている庵主の居所を知り、助けようとした。
ところが、生き仏になろうとする庵主の意志を守ろうとした生方たちに暴行されたと思われます。

それと、新聞記事がサルウィンのものだったとの情報も。
これから「サルウィンの人々の安全を願い生き仏になろうとしたのでは?」との仮説も成り立ちそうです。
だから、「猛き祈り」なのか?

この説が正しければ「庵主が既に即身仏となっているかどうか」がポイントとなりそうです。

かなり正確と思われるこの説。
正解は次回「猛き祈り」にて、確認せよ!!

追記終わり


「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

かな〜〜り面白かったです!
相棒11の中で断トツ!

あえて言わして貰います!
『輿水泰弘、完全復活』!と。


Posted by ピエロ at 2012年12月12日 23:04
Re:ピエロさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

良かったですよね。
これこそ「相棒」といったストーリーと展開でした。
後編である10話にも期待ですね!!
Posted by 俺 at 2012年12月13日 00:03
はじめまして。随所に相棒らしさを醸した重厚なストーリーで見応えがありましたね(笑)
後半も楽しみで、さしずめ輿水さん完全復活ですね(笑)
Posted by ちゃこりん at 2012年12月13日 06:23
管理人さん、こんにちは。
1ヶ月ほど前にテレビ雑誌で第9話でカイトが記憶喪失に。って見たとき後のストーリーはどういう展開を見せるんだ?とか
記憶喪失ならばこれまでの右京・カイトの関係性もゼロになるわけだから、 
なんていう話をブッ込んだんだと思いましたが・・・ 
記憶喪失でも1週間で普通に戻るかもしれないという事と内容がおもしろかったせいか
観たあとには、いい話ブッ込んだなぁと思いました・・・ 

一年後の今頃に今回の記憶喪失の話だったら避難ゴウゴウだったかも。 

二話連続だから視聴者は推理もできますからね。 
管理人さんの推理も参考にしたいなぁ。 


あと、キョンのフルネームは長尾恭子でシゲさんは生方豊茂です。 

僕は字幕付きでテレビ見てまして
自分が持ってる
テレビの第一声のセリフには必ず役名載るので 
間違いないと思いますよ。 
それでは長々と失礼しました!
Posted by 青山 at 2012年12月13日 12:13

久しぶりのコメントです。いつものように、今作の感想を!

(感想)
 1、本筋からはみ出るところですが、中園が内村に反抗的な態度をとったのは、初めてではないでしょうか?ただ、中園と内村は、考えてる事が異なるのでは?とも思いました。地位を重んじた発言をした内村と、事件解決を重んじた中園、このあたりの違いからあのやり取りがあったのかもしれません。

 2、脚本は、良かったですね。但し、後半も見ないと、前半はいいけど…、ということにもなりかねないので、来週を楽しみにします。特に、カイトに対する感情に関して、主要登場人物の考え方を再確認することが出来ました。カイトの父は、ある意味、鬼ですよね(笑)。むしろ、伊丹たちの方がカイトを心配していますからね。

 3、この展開だと、可能性ですが、カイトがキノコを採ろうとした場所に、写真の人物の亡骸があるだとか、土の色が違うのをカイトが見つけて、掘ろうとしたら、男4人に暴行を受けたとか、そのような展開を予想してます。

 4、今回の2作、作品のテーマは何なのでしょうか?相棒は、必ず、テーマがありそれに沿ったストーリが描かれますよね。しかし、今回だけを見ると、それが見えてこない気がします。来週分かるのかもしれませんが…。

 5、相棒の今シリーズも、間もなく前半戦終了ですが、やはり、右京さん丸くなりましたよね(そうでない回も、ありましたが)。昔だったら、「君は、何故そんなところに行ったのですか!」と怒り口調で、言ってしまいそうですからね(笑)。

 いずれにしても、来週を楽しみにしましょう!
Posted by J-PETER at 2012年12月14日 20:55
こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

Re:ちゃこりんさん

こちらこそ、初めまして(^O^)/。
今回、良かったですよね。
この勢いそのままに10話も語られるのか。
期待ですね!!

Re:青山さん

確かに、今、この時だからこそこの物語なのかもしれませんね。

管理人の推理は、いつも通りあまりあてにはならないようです(^O^)/。
ツイッター上で「これぞ解答」といった説を発見しました。
かなり説得力がある説です。
感想に追記したので良ければご覧下さい。

キョウと生方のフルネーム、教えて頂きありがとうございます(^O^)/。
それぞれ名前を略して呼び名にしているんですね、納得です!!
早速、こちらも追記させて頂きました。
感謝です(^O^)/!!

Re:J-PETERさん

1.なるほど、考え方の違いからの衝突だったワケですね。

2.前編良かったですよね。後編の期待値がグンと上がってます。
各登場人物の甲斐へのスタンスも伝わりました。

3.メインの謎ですね。
これについてはツイッター上で「これが解答だ」と思われる説を発見し、感想に追記しました。
かなりサプライズに溢れた説ですが、説得力があります。

4.テーマについては「新聞記事」にヒントがありそうな感じです。
後編で語られるのかな〜〜〜と予想したり。

5.確かに右京さんはかなり丸くなりましたよね。今回も峰秋に代わり甲斐の保護者代わりになっていたような気がします。
これはこれでアリかな。

次回、期待ですね(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2012年12月14日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。